Large 233c9df9d9

第九話 「“老後のためのお金”を育てる!!」

お金となかよしこよし暮らし お金を知る

4コマまんが

目の前に立ちはだかる、「老後」という山に向かうため。

私、登り始めました。

しかし、どれだけお金を育てれば、この山、越えられるのでしょう。

老後資金のメインとなるのは、年金です。

もらえる額は、払い込んだ額によって違いますので、家庭によってさまざま。

例えば、
・夫婦二人とも国民年金満額……月あたり夫婦で約13万円
・夫が厚生年金、妻が専業主婦……月あたり夫婦で約23万円
・夫婦ともに厚生年金……月あたり夫婦で約33万円
だそうです。

うちは、共働きといえども私は国民年金、夫は厚生年金と国民年金の時があり、ちょっと、これだけでは足りないかな、という状態です。

できれば月に+12万円くらいを、貯金分でまかなえたら・・・、と思います。

なので、65歳から85歳まで20年生きるとして、12万×12ヵ月×20年で、2880万円。

そ、そうか、うちは、老後資金として、約3,000万円貯めないといけないのか・・・。実際の数字に、クラクラします。

ではこの3,000万円を、40歳から65歳までの25年間で貯めるとしたら。

3000万÷25年÷12ヵ月で、月10万円・・・10万円!?

まだまだ子どもの教育費を貯めないといけない我が家、それ、無理です。

子どもが独立してから貯めるという手もありますが、うちは、下の子が大学を卒業する22歳の時には、私59歳、夫61歳・・・ラストスパート、短すぎます。

だとしたら・・・、「育て方」を考えないといけません。

前回取り上げた「普通預金」「定期預金」「国債」は金利が低いため、ちょっと無理そう。

「保険商品」には、個人年金保険など老後資金に充てられるものもありますので、子どもが小さいうちは生命保険としてもしもの時に使え、満期になったら返戻率が上がる商品を利用するのも手です。保険料の一定額を所得から控除できるので、節税にもなります。

ただ、それだけで3000万円分全てをカバーするのは難しいので・・・考えたいのは、より、お金が育つ方法。

うちは、【投資信託】を考えました。

投資信託は、金融機関を通してお金の運用をプロに委託し、利息や分配金を受け取る仕組みの投資です。

少額から投資でき(金融機関によって異なりますが数千円からでも)、投資に詳しくなくても気軽に始められます。

手数料、運用コスト、投資先、リスク・リターンの高低など、さまざまな商品があるので、自分に合ったもので運用できます。

老後資金は長期で運用できるため、リスクは少ない上に金利(利回り)が高い投資信託で積み立てると、複利の効果(分配金を元本にプラスすることで利息が増える)でより早くお金を増やすことができます。

・25年間で3000万円にするために毎月積み立てる額、複利計算
利回り0.5%:月々8万8062円
利回り2%:月々7万7156円
利回り3%:月々6万7263円

これが30年間になれば月々の額はさらに減るので、いくらか希望が持てます。

ただ、商品はたっくさんあり、それぞれ特徴もさまざまで、最初は「難しそう」と、とっつきにくかった私。

それも、パンフレットを見てみると、日ごろニュースで目にする経済情報や国際情勢とのつながりが見えて、新たな世界が開けた気持ちになりました。

特に、日本国内の株式を扱っているものは、私も知ってる企業名がたくさんで、ワクワクします。

投資、ちょっと面白そう・・・なんて思うようになったのでした。

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました