サイトリニューアルのお知らせ
当サイトは、2018年10月1日(月)14時頃〜15時の間サイトリニューアル切替の予定となっております。
Large 1cb426c1f1

お正月に着物で運気アップの風水術

運とお金に恵まれる風水術 みんなのおサイフ事情

皆様、あけましておめでとうございます。
風水、紫微斗数占術(運勢学)の明石佳山です。

1月は睦月(むつき)十二支に当てはめると、丑(うし)の月で、
スタートという意味を持っています。
季節は晩冬~初春で時刻は1:00~13:00に位置づけられます。

さあ、新しい年の幕開けです。
新しい計画や、新しいことを自分の心に従い始めてください。
新たな機会と幸せがあなたを待っています。

1月8日は成人の日、成人の日は二十歳という大人の仲間入りをする節目の日であると同時に、お正月明けて間もない1年の始まりの時期でもあります。
このおめでたい月に少しでもゲンを担いで運とお金も掴みとりましょう。

和装

成人式で着るお着物や普段のお着物、
実は風水と深くかかわっているのを皆様ご存知でしたか?

実は着物にも「陰」「陽」があります。風水の陰陽五行では、右=「陰」 左=「陽」。
着るときは右前身ごろを体につけ、左前身ごろを上に重ねるのです。
これは「陰」が下で、「陽」が目に見えるところとなり
「陰陽」を重ね合わせ、その中で体を守るということ。
また着物を広げてみますと、「陽」の左側に柄が多くあります。

また風水では「8」という数字は「富と繁栄」という特別な意味を持っています。
風水の本場中国や香港では「8」の並んだナンバープレートが
高額で売買されると言いますし、
最近の事例として、北京オリンピックのセレモニーは
2008年8月8日午後8時8分8秒で開催されました。
「8」という数字はどこの国でも、格別なもののようです。

着物の絹をつくる蚕(かいこ)は8の字に糸を回して
繭(まゆ)をつくり出来上がった繭は柔らかい8の字になります。
糸を吐き終わった繭は8の字型のさなぎになり羽化する日を待ち
また出来上がった糸は8の字に束ねるという知恵があります。

着物は、8枚の布を裁ち分け、余すとところなく使います。
季節と共に素材を変えていく春夏秋冬の装いであり、
すべてが風水とかかわりを持っています。

「8」という字は富と繁栄をあらわし、
着物は8方のエネルギーを身にまとい、
運が上昇する富と繁栄を意味します。
まさに着る風水なのです!

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました