Large 56899d105a

【格安香港】往復約2万円! 香港に格安で行くおトクな方法、教えます!

世界いいね!トラベル 賢く使う

この記事のポイントは・・・

  • 往復2万2830円! 格安航空を選べば大手と比べて1万7639円もおトクに!
  • 飛行機では、機内食や飲み物をカット&行きだけスイートシートを追加するのが賢い
  • 空港から市内の移動も、ホテルや人数を考慮して、タクシー、AEL、エアポートバスから賢く選択しよう

こんにちは。トラベルフォトライターの「白いザクロ夫婦」です。

そろそろ春休みやGWに行く旅行の計画を立ててる人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する旅の行き先は、人気海外旅行先ベスト5に必ず入る香港! 私たち夫婦も香港は大好きな旅行先で、夫婦で1回、各両親とそれぞれ1回、計3回ほど行っています。

香港イメージ

今回は、私たちの体験に基づいて、香港に賢く安く行く方法をご紹介しましょう!

まずは香港まで格安航空で行く方法(大手航空との比較)、続いて香港国際空港から市内中心部まで行く方法(バス・タクシー比較)をご紹介します。

●格安航空会社はどれくらいおトクか?

九州・沖縄から飛行機で香港に行く場合、大きく2つのパターンがあります。

1. 大手航空会社(キャセイパシフィック航空)利用
2. 格安航空会社(香港エクスプレスなど)利用

結論ファーストになりますが、私たちが香港に行く際は、常に格安航空会社(香港エクスプレス)を利用しています。

今回は、大手航空会社(キャセイパシフィック航空)と比較しながら、格安航空会社を快適に利用するコツをご紹介します。

香港空港

●出発データ

今回は2018年3月の福岡⇔香港の料金で比較します。

・2018年3月3日(土)福岡発 香港着
・2018年3月6日(火)香港発 福岡着

1. 大手航空会社(キャセイパシフィック航空)の場合

料金:4万469円/往復
サービス(無料):預け荷物、機内食、ドリンク

一般的な航空機の場合、預け荷物は1人30キロまで無料です。

また、機内食もドリンクのサービスも無料なので、快適な空の旅を満喫することができます。

2. 格安航空会社(香港エクスプレス)の場合

料金:2万130円/往復
サービス(別途有料):預け荷物、機内食、ドリンク

料金は大手航空会社(キャセイパシフィック航空)の半分ですが、預け荷物と機内食、ドリンクが有料です。

仮に預け荷物と機内食&ドリンクを追加した場合

預け荷物量(20キロまで):3500円/片道
機内食(和風牛肉弁当):1500円/1食(片道)
ミネラルウォーター:220円/1本(片道)

上記を往復にした場合、プラスで1万440円かかり、合計3万570円となります。大手航空会社との差額は約1万円となってしまい、これではなんのために格安航空会社を選択したかわかりません。

トラベルフォトライターがすすめるプランはこれ!

格安航空を使う際のおすすめは、手荷物を預けないこと、また機内食とドリンクを省くことです。

ただし、行きの飛行機だけ、スイートシートと呼ばれる、足元の広い座席をオプションで選択します。

1. 手荷物を預けないためのパッキング術

服は捨ててもよい肌着を着て行く、持って行くことです。いわゆる2軍、3軍の肌着です。

着用する服は、肌着、麻のジャケット(男性の場合)、アウター、ジーンズ、靴。また、アウターにたくさんのポケットがある場合、スマホ、パスポート、財布など可能な限りの小物を入れておくことです。

女性の場合、化粧品もたくさん持って行きたいと思いますが、基本は現地調達か小分けされた試供品などを持って行くことです。香港の場合、日本メーカーの化粧品もたくさんあるので、普段使っている化粧品も現地調達可能です。

機内持ち込みの手荷物は7kgまでなので、少しでも荷物を少なくして搭乗することがポイント。持って行った肌着を現地で捨てれば、帰りのお土産スペースを確保することもできます。

2. 機内食とドリンクはカットする

機内食は、地上に比べて少々お値段が高いです。

私たちの場合、出発前は日本食を思う存分堪能したいので、出発ロビーのレストランで食べるようにしてます。また、出発ロビーには自販機があるので水も買うようにしてます。

3. 行きの飛行機だけ足元の広いシートを選択する

狭い足元

格安航空会社の機内は、足元が狭いです(上画像)。そこは格安なので、仕方ありません。頑張れば我慢できますが、できれば香港到着後は思いっきり遊びたいですよね。

私たちの場合、一番前のシートや非常用出口近くにある足元の広いシート(スイートシート)を選択しています(下画像)。

スイートシート

料金はプラス2700円(片道)かかりますが、到着後に疲れを残したくないので、行きの飛行機だけオプションを付けます。

香港の場合、帰りの飛行機は行きよりも1時間短い(3時間)ので我慢しますww

●航空運賃比較まとめ

▼️大手航空会社(キャセイパシフィック航空)の場合
 ・料金:4万469円
 ・サービス(無料):預け荷物、機内食、ドリンク

▼格安航空会社(香港エクスプレス)の場合
 ・料金:2万2830円
 ・サービス:預け荷物なし、機内食なし、ドリンクなし
 ・オプション:スイートシート(行きのみ)

差額:1万7639円(1名)

美味しいハイティー

これだけ節約できれば、香港で素敵なホテルにアップグレードしたり、美味しい食事を取ることができますね。現地で優雅な一時を楽しむために、格安航空会社を選ぶのも賢い方法ではないでしょうか?

●香港国際空港~市内のアクセスが最も安いのは?

続いて、香港空港~市内に出る方法について検証します。方法は、私の知る限り3つ。

アクセス

1. タクシー
2. エアポートエクスプレス(AEL)
3. エアポートバス

簡単に説明すると上から順に料金は高く、かかる時間は短くなります。

ただし、同行者の人数や滞在先のホテルの場所によっては、「タクシーは高くてダメ」とも一概に言えないのです。

「時は金なり」です。賢く選んで、旅行を満喫しましょう!
*空港~市内中心部(九龍駅、尖沙咀(チムサーチョイ)近辺)に出る場合を想定

香港イメージ

1. タクシーの場合

・料金:260HK$(荷物代込み)
・時間:約30分

街中でスーツケースをゴロゴロ引っぱりたくない人は、迷うことなくタクシーにしましょう!

香港はタクシーが比較的安いので、エアポートエクスプレスとどちらにするか迷っているなら、3人以上の場合は確実にタクシーの方が得です。
*香港のタクシーは4人乗り、5人乗りがあるので、5人まで1台のタクシーで移動可能

2. エアポートエクスプレス(AEL)の場合

・料金:90HK$/人
・時間:21分+ホテルまでの移動時間

料金だけで比較すると「タクシーが高い」と思うかもしれませんが、ここからが選ぶポイントです。

ポイントは、エアポートエクスプレス停車駅~ホテルの移動をどうするか。宿泊ホテルが停車駅近辺であれば、エアポートエクスプレスを選ぶのが正解ですが、場所が離れているなら、タクシーの方が無難かもしれません。

3. エアポートバスの場合

エアポートバス

・料金:33HK$/人
・時間:40分~60分程度(時間帯によって変動があります)

時間がたくさんあり、安く済ませたい方は、エアポートバスをおすすめします。

ただし、乗車時にお金を支払う際、お釣りをもらえないのが不便な点。なので、エアポートバスに乗る際はきっちり現金を準備して乗り込みましょう!

ちなみに私たちも、両親を同行しない旅行の場合は、エアポートバスを利用してます。その際は、ホテルを必ずバス停留所のすぐそばに予約するようにしています。

バス停

知らない土地で、バスを降りての移動は緊張しますよね。また、荷物を引きながらスマホを持ってうろうろすると、盗難のリスクが高くなります。

事前にバスの停留所からホテルまでの道のりを、Googleストリートビューで確認するようにしています。
 

格安航空会社やエアポートバスを利用し、可能な限り節約する私たち夫婦の旅ですが、ケチケチ旅行にはしたくないので、節約した分は普段は行けない高級ホテルなどで、美味しい料理を堪能するようにしてます。

旅行時の上手な節約は、事前の準備と情報収集がポイントです。香港に行かれる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました