実は国内挙式よりリーズナブル!?海外リゾートウェディングが人気の理由

100万円でかなうコト 賢く使う

海外リゾートウェディングが今人気です。実は、日本国内で結婚式をあげるより、リーズナブルな予算で叶うケースが多いのです。今回は、海外ウェディングのメリットや気になる費用についてご紹介します。

海外ウェディングのメリット

海外ウェディング

憧れの海外ウェディング、なんとなく費用や準備の手間がかかりそう、と考えている人もいるかもしれません。実は、海外ウェディングはプランによっては国内での結婚式よりもリーズナブル!ハネムーンを兼ねるカップルも多いため、その部分でも割安感を感じます。

国内結婚式では招待するゲストの人数が100名を超えるケースも多く、招待状や席次表などの準備をはじめ、余興やスピーチなどの依頼、調整などに時間がかかりがちです。休日や仕事帰りに打ち合わせを重ね、一年ほど前から準備するカップルも多いといわれています。それに対し、海外ウェディングの準備期間は半年前後が一般的。海外ウェディングの専門会社や旅行会社のウェディング部門を通じて手配するケースが多いため、手間もそんなにかからないのです。

また、結婚式や披露宴の計画をする際、意外と悩みの種になるのは招待客のチョイス。友人や会社の上司、同僚など、どこまで招待するのかを考えるのは場合によってはストレスになることも。新郎側と新婦側の招待客の人数のバランスが悪く、そこまで親しくない人にまで声をかけてしまった、というケースもよく聞く話です。

海外ウェディングの参列者は、新郎新婦以外には家族を中心とした近しい親族まで、が一般的。中には友人が参列するケースもありますが、普通は自己負担でお願いすることになりますので、本当に仲の良い、気が置けない方に限定されることでしょう。お付き合いやしがらみなどに縛られることが少ないのも海外ウェディングのメリットといえそうです。

気になる!海外ウェディングの費用

海外ウェディング

それでは気になる海外ウェディングの費用をみてみましょう。マイナビウェディングのデータによると、費用の平均は、100万円から120万円程度が相場。内訳としては、渡航費用、挙式とパーティ費用、現地滞在費用が含まれた金額です。国内挙式の平均費用は300万円前後と言われており、ハネムーン費用も平均約58万円というデータもありますので、ハネムーンを兼ねることができる海外ウェディングは、比較するとかなりリーズナブルといえそうです。

具体的な費用例ですが、会場使用料や牧師などの手配、衣装とヘアメイクやブーケなどを含めた相場は43~98万円となっています。また、挙式後に行うパーティの相場費用は参列者1名あたり1万2000円~2万円ほどで、合計12~20万円ほど。その他の費用として、オプションや渡航、滞在費用が挙げられます。

実際には、挙式の時期や行う国によっても費用は大きく異なります。GWや夏休みなどの旅行繁忙シーズンは旅費やホテル代金が高騰しがち。また、滞在費は現地物価にも大きく左右されますので、バリ島など東南アジアのリゾートとヨーロッパを比較すると当然大きな差が出ることでしょう。また、衣装や撮影、リムジン送迎などのオプションをどの程度取り入れるかによっても費用に幅が出ています。

人気の海外リゾートウェディングエリアは?

バリ島ウェディング

海外ウェディングで人気の国、エリアはハネムーンとほぼ同じ。定番のハワイやグアムをはじめ、バリ島、ヨーロッパ、アメリカ、南半球ではタヒチやオーストラリア、ニュージーランドがスタンダードです。いわゆるリゾートエリアと、伝統や品格の漂う挙式が期待できるヨーロッパが主流といえるでしょう。

コストパフォーマンスにこだわりたいカップルにオススメのエリアは、やはりバリ島などの東南アジアのリゾートエリア。日本から約半日でアクセスできる距離の近さとリーズナブルな物価、そしてラグジュアリー感あふれる新しいホテルや会場が次々とオープンしている点も大きな魅力です。スタンダードなキリスト教式以外にも、バリ伝統挙式スタイルなど個性的なウェディングをチョイスすることも可能。参列者の費用的、時間的負担を軽減できる点もメリットといえるでしょう。

例えば、バリ島で人気上昇中の会場のひとつ、「ティルタ・ウルワツ」。インド洋の雄大な景観がのぞめる100メートルの断崖に立つ、いわばウェディングの理想郷です。著名な建築家がデザインしたガラス張りのチャペルでの挙式や、バリの街並みやビーチでたっぷり撮影できるウェディングフォトは一生に思い出になりそう。敷地内のレセプション会場で行うパーティー、ゲストも含めたホテルからの送迎、バルーンリリースサービス、ケーキやテーブルデコレーションなどさまざまなオプショナルも含めたプラン料金は124万2000円~。国内挙式と比較して、非常にお値打ちなイメージです。

ティルタ・ウルワツ マイカラーリーウェディングプラン 株式会社H・I・S

料金:124万2000円~

      

ヨーロッパウェディングでは、挙式と撮影がセットになったプランが一般的。ハネムーンでも人気のフランス、パリはウェディングプランもオススメです。セーヌ川のほとりに佇む歴史ある教会、アメリカンチャーチのウェディングプランは、挙式、衣装、ヘアメイクなどを含めて40万4000円~となっています。

WATABE WEDDING  アメリカンチャーチ メインプラン(スマートプラン)

料金:40万4000円~

      

定番人気のハワイは家族と一緒のウェディングが人気。H・I・Sウェディング専門セクションAvanti&Oasisプロデュースの「家族旅婚」プランもオススメです。新郎新婦とそれぞれの両親の6名でのプランが基本で、挙式や衣装、パーティープラン、そして旅行、宿泊代金まで含まれたパッケージ。ハワイらしい、花と緑と太陽をテーマにしたチャペル「ダイヤモンドヘッド・アネラ・ガーデン・チャペル」での挙式プランは、なんと6名で120万円!手配がすべてパッケージとなっている上、お得感も満載です。

家族旅婚 ダイヤモンドヘッド・アネラ・ガーデン・チャペル

料金:120万円

      

海外ウェディングはその他にも魅力的なプラン、エリアがいっぱいです。2人の理想を叶える結婚式は、実は海外にあるのかも?今からウェディングのプランを立てるカップルのみなさん、メリットいっぱいの海外ウェディングもぜひ候補に入れてみては?

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました