LIFE

日々の感謝は、次の強運へつながります

運とお金に恵まれる風水術 明石佳山(あかし かざん)

日々の感謝は、次の強運へつながります

photoAC

目次

皆様こんにちは、風水、紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

今日から春のお彼岸に入りますね。

春分(秋分)の日をはさむ前後7日間を彼岸と言います。

3月18日 日曜日 彼岸入り
3月21日 水曜日 春分の日
3月24日 土曜日 彼岸明け

皆様は不思議に思われたことは、ありませんか?
なぜ、お彼岸にお墓参りなのでしょうか・・・

お墓
出典元:「taka4332/iStock/Thinkstock」

それは、この世を主る昼(陽)とあの世を主る夜(陰)が同じバランスになり、三途の川の流れが緩やかになり、あの世とこの世の往来ができ先祖が戻ってきやすいと考えられたからです。

本来、風水はご先祖様のお墓に適した土地を探すことから始まりました。
良い土地に先祖のお墓を作ることで、小孫もご加護を受けて、幸せになれるという思想がありました。これが隠宅風水と呼ばれるものの起源です。

祖先を敬い、そのご加護を受ける考え方は、もはや宗教を超越し一般的な習慣として、今も根付いています。風水の起源同様、ご先祖様を敬う気持や、感謝することは皆様の力を後押ししてもらえます。

お墓参りに行くと

「心が晴れ晴れとする」
「なんだか、ほっとする」
「懐かしい、温かい気持ちに」になりませんか?

手
出典元:「photoAC」

これはお墓の「陽の気=良い気」を受けた事を示しています。

昔からご仏壇に100回手を合わせお参りすることと、お墓にお参りすることは、一緒と伝え聞いております。

「供養する暇がない」
「今ひとつ腰が重い」

という方は、祖先の供養を祖先のためでなく、「自分のため」と思ってはどうでしょう。お墓の掃除をして、今年のラッキーカラーのオレンジ、ピンク、グリーンなどの花を飾り、お線香を焚けば、必ずあなたのツキは上がりますよ。

日々の感謝を伝えると、次の強運にもつながります。

App store
Google play