LIFE

パワースポットへなぜ行く?どこ行く?どう効くの?

運とお金に恵まれる風水術 明石佳山(あかし かざん)

パワースポットへなぜ行く?どこ行く?どう効くの?

【画像出典元】NicoElNino/iStock/Thinkstock

目次

皆様こんにちは。風水、紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

春の風が肌に心地よい季節になりましたが、春の行楽シーズンでもあり、お出かけされる方も多いのではないでしょうか?

最近特に、パワースポットについてのご質問を多くいただきます。パワースポットは心の景色を変える場所です。

なぜ行く?どこ行く?どう効くの?知っておきたい開運の知識をお伝えいたします。

女性
【画像出典元】「fizkes/iStock/Thinkstock」


【そもそもパワースポットとはなんでしょうか?】

風水におけるパワーとは、「天の時」「地の利」「人の和」のこと。パワースポットとは時間・場所・人が感応しあって生じる質の良い気が流れる空間です。

パワースポットを訪れることにより、上質な気を自分の中に取り入れることができるし、また、いらないものを取り出して捨ててくることもできます。

【パワースポットにも相性がありますか?】

はい、あります。

同じ場所でも、心地よく感じる人と、よくないものを感じるのは相性の違いです。ここに行ったことで物理的に、効果が現れたかどうかで判断できます。

【パワースポットを訪れるときの心構えは?】

パワースポットは気を受け取るだけでなく、心の入れ替えの場所です。受け取り上手になるためには、マイナスになるものを捨てることも大事です。

【パワースポットではどう過ごしたらよいのでしょうか?】

自然への敬意を持って、ゆったりとリラックスしてください。スマートフォンなどと距離を置いて、心をリセットするために空っぽの心でいることを心がけゆっくり過ごすのが理想です。

【どのような効果があるのでしょうか?】

いいことが起こるときは即効で表れます。財運が上がったり、自営業の人なら売り上げが上がったり、恋愛中の人ならプロポーズされたり、試験に合格したり、いいことが起こるときは直感でわかりますし、その直感力を受け取る感覚も磨かれます。


【お勧めパワースポットは?】

沖縄:首里城
長崎:諏訪神社
熊本:幣立神社
福岡:住吉神社、櫛田神社、竈門神社、太宰府政庁跡、香椎宮、宗像大社、宮地嶽神社、志賀海神社、大濠公園

など九州、沖縄には沢山のパワースポットがあります。

App store
Google play