LIFE

五月病と風水

運とお金に恵まれる風水術 明石佳山(あかし かざん)

五月病と風水

【画像出典元】「Rawpixel Ltd/istock」

目次

皆さまこんにちは、風水、紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

慣れ親しんだ人や環境との別れの季節でもあり、新しい人との出合いや新生活が始まる季節でもある春。

新しい人間関係を迎えたり、新しい仕事をしたり、新しい分野の勉強を始めた方も多いのではないでしょうか?

毎日の気候の変化と環境変化の激しい時期は、ちょっとした出来事がストレスとなり、体調不良や気持ちが落ち込むなどの「五月病」の症状がでるかもしれませんね。

「五月病」とは正式な病名ではありませんが、5月にうつや無気力、不眠や疲労感などの症状を感じること。

4月に張り切って学校や会社に行っていたのに、なぜかここ数日やる気がでない・・・。気持ちが落ち込む・・・。

そんな症状が見られたら「五月病」の可能性があります。

特に今の時期は春の土用と日が重なり、さらに注意が必要です。

五月病予防の基本は連休の過ごし方にあります。ゴールデンウィークは「頑張った4月」を癒やす期間と考えてはみてはいかがでしょうか?

今日は風水を使っての五月病の対処法をご紹介します。

女性
【画像出典元】「vikialis/istock」


・4月の自分を振り返りってみる

まずは、乗り越えた出来事を思い出し頑張ったことを褒めてあげてください。


・パワーチャージ旅行に出かける

吉方位で吸収した運は、それまでの運気の流れを変えてくれます。吉方位の神社&温泉でリラックスするのがお勧めです。日帰りでも近場でもOK、ラッキーな出来事が起こるということです。


・5月からが本番!身の回りの整理整頓

風水の基本整理整頓、これは運の流れを変えたい時に簡単にできる効果的な方法です。古いものを捨てて新しいものを入れるスペースを作ります。すると、新しい気が動き出します。

風水や運勢学の視点から見ても、連休明けに「不適合」を起こされる方を多くお見受けします。皆さまも自分自身をいたわり、応援するような休日を過ごされてみてくださいね。

ゴールデンウィーク明けに気持ちも新たに、本格的なスタートを切ってください。

App store
Google play