LIFE

11月は「風水旅行」へ。幸運度アップのキーポイントは「東」方向!

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

11月は「風水旅行」へ。幸運度アップのキーポイントは「東」方向!

目次

皆様こんにちは。風水、紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

暦の上では「立冬」に季節は変わり、冬の始まりです。
四季がある日本。季節を伝える細やかな暦や言葉を持ち、自然が季節の移ろいを教えてくれます。私たちはなんて幸せな環境を与えられたことでしょうか・・・

旅行にも、もってこいのシーズン到来です。

自分の環境の全てを使って、運を開くのが風水です。今回は「旅行風水」、つまり旅行で楽しく簡単に効果が期待できる風水開運術をご紹介します。

▼関連記事
パワースポットへなぜ行く?どこ行く?どう効くの?
金運アップの5つの秘訣!楽しみながらできる秋の開運アクション

そもそも風水旅行って何ですか?

私たちは知らず知らずのうちに、その土地がもつ気の影響を受けながら生活しています。風水旅行とは、自分にとって住んでいる土地の気だけでは足りない気を取りに行くことをいいます。悪い気を流して、新たな良い気を取り入れて新たな運気を連れ帰る。これが風水における吉方位への旅行です。

方位の取り方とは?

風水における方位とは、自宅を起点に測るのが原測です。吉方位に出かけることは、追い風に押されながら心地よく進める環境を作りにいくようなもの。逆に凶方位へ出かけると、思ってもみないようなトラブルに出くわします。

どれくらい旅行に行けばいい?

吉方位旅行で得られる運気のパワーは、「自宅からの距離」と「滞在時間」によって異なります。もちろん日帰りの小旅行でも効果はあります(その場合は2時間以上は滞在してください)
前もって、ご自分の欲しい運(恋愛・仕事・お金)など、運が得られる時期を調べて、「ここぞ!」というタイミングがあれば遠くへ長く滞在することをご提案しています。

どの方位に行けばよいですか?

相談を受けている中で一番多ご質問ですが、風水の方位は年・月・日で動くものであり、「節入り」を起点に吉方位が変わります。

11月の吉方位は?

11月7日(立冬)から12月7日(大雪)までの特におすすめの吉方位は「東」となります。東の作用は「禍を転じて福と為す」。身にふりかかった災難ごとを上手に利用して、役立つものへと変える効果があります。


おすすめのパワースポットは?

旅行先の神社仏閣に足を運んでください。パワースポットは大地のツボのような場所です。
その土地の生気が凝縮され湧き上がっているところなので、そこにいるだけで良い運を吸収することができ、明日への活力につながってゆきます。
 

▼関連記事
パワースポットへなぜ行く?どこ行く?どう効くの?
金運アップの5つの秘訣!楽しみながらできる秋の開運アクション

App store
Google play