LIFE

「風水旅行」で運が良くなる!2019年は「東北東」が吉方位

「風水旅行」で運が良くなる!2019年は「東北東」が吉方位

目次

春の風水旅行は「東北東」が吉

皆様こんにちは、風水、紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

日に日に温かく春めいてきましたね。今の時期はお正月から流れていたゆったりとした気の流れが一気に変化し春に向けて勢いがついてくる時期です。

世の中の運も私たちの運も加速度を上げていきます。今の時期におすすめなのが、「風水旅行」です。私たちは知らず知らずのうちに、土地からの影響を受けて生活しています。「風水旅行」とは、自分にとって住んでいる土地の気だけでは足りない運気を補いに行く行動になります。
※風水における方位は自宅を起点にして決まります。

今年の恵方は東北東、陰陽五行説でその年の福徳を司る「歳徳神(としとくじん)」様がいらっしゃる方位です。又は恵方巻きを頂く方位になります。

歳徳神様のいらっしゃる方向に向かって事を行えば、何事も吉となります。お宮参り、ご祈祷祈願、ご祈祷、は特にお勧めです。

▼関連記事
風水師が占う「2019年の運勢」恋愛運・仕事運・金運はどうなる?

天才占術師の秘伝「紫微斗数」で占う今年のあなたの宿命

風水旅行で、パワースポット名古屋「熱田神宮」へ参拝

熱田神宮

先日ご縁がありまして、私のところから東北東にあたる名古屋「熱田神宮」に参拝することが叶いました。

名古屋市の南部、熱田台地に広がる緑豊かな「熱田の杜」に鎮まる熱田神宮。年間700万人の参拝者が訪れます。戦国武将の織田信長は桶狭間の戦いの前に、熱田神宮に戦勝祈願に訪れています。祈願後、一気に戦場に向かい勝ちをもたらしたと言う有名なエピソードにもうなずけます。

御神体が三種の神器の一つである「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」という類まれな形状のものであり、太古の昔から成就祈願や救済祈願と言った「念」が崇敬となって集積されていますので、並々ならぬ強いパワーを感じました。

境内には木々もたくさん茂っていますが、中でも大師・空海が手植えしたと伝わる「楠木」は、樹齢も軽く1000年は超え、強烈な気を宮内に解き放ちその存在感に圧倒されました。

熱田神宮はパワースポットだけにとどまらず懐の深いスポットです。心を研ぎ澄ませ感謝をすると不思議と心が温かくなり、気持ちがスーッと安らかになります。

風水の五行では春は「木」=発展と成長の季節です。草木や花が成長するように、私たちも良い気を取り込んで心も運もパワーアップしてみてはいかがでしょうか。

▼関連記事
風水師が占う「2019年の運勢」恋愛運・仕事運・金運はどうなる?

天才占術師の秘伝「紫微斗数」で占う今年のあなたの宿命

App store
Google play