LIFE

たったこれだけ!誰もが運気アップする朝9時までの開運テク

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

たったこれだけ!誰もが運気アップする朝9時までの開運テク

目次

皆様こんにちは、風水・紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

風水では夜明けから朝9時までの時間帯を「ドラゴンタイム」と呼び、いい気を運んでくれる「龍」が活発に活動している時間帯と言われています(大空を龍が舞う龍が家に入って良い力を与えてくれるイメージです)。朝9時頃は陰から陽へと移り変わる時間帯なのです。

信じられない?鏡1つで美人になれる、今すぐ実践したい4つの風水術

なぜ?風水師がリビングにあえて置かない運気を下げる観葉植物とは

成功者たちが活用する「ドラゴンタイム」

早起きは三文の徳ということわざがありますが、成功している経営者の方々やとりわけ運の良い方は朝の時間を有効活用していると言われています。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏は、毎朝6時に起き鏡に向かって語りかけ、自分の考えを見つめなおす時間として活用していたそうです。

またベストセラー作家の村上春樹さんや浅田次郎さんは朝4時から6時に原稿を書かれているそうです。

このようにドラゴンタイムを上手く活用している成功者がいる一方、ドラゴンタイムは誰にでもある平等な時間帯でもあります。では、一体何をしたらよいのでしょうか?

一日に一度しかない「ドラゴンタイム」を有効活用する方法とは

まず、できるだけ早起きしましょう。そして起床したら一番に窓を開けて室内の空気を入れ替えましょう。

雨の日や寒い日は、数分でも大丈夫です。部屋に風を通し陰の気を外へ出して、新鮮な空気を取り込んでください。

空気の入れ替えとともに、龍のエネルギーが部屋の中を駆け抜けていくことで、気の流れが整えられていきます。気=エネルギーを動かしていくことで、新しい一日を心地よくスタートしていくことができますよ。

私自身も仕事は夜よりも、朝の時間を活用するように心がけています。勉強するにしても企画を立てるにしても、朝の時間を有効利用することで、運気が上がり、良い時間を過ごすことにつながる。それが「ドラゴンタイム」なのです。

 

信じられない?鏡1つで美人になれる、今すぐ実践したい4つの風水術

なぜ?風水師がリビングにあえて置かない運気を下げる観葉植物とは

 

朝の時間の使い方で、「運」の流れが変わってゆきます。ぜひ早起きを実践してドラゴンタイムを活用してください。自分の行動だけでなく運気が変わるのを実感できるはずです。

App store
Google play