LIFE

最強の幸運日「天赦日」と「一粒万倍日」がダブルで9月に到来

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

最強の幸運日「天赦日」と「一粒万倍日」がダブルで9月に到来

目次

9月8日は「一粒万倍日」と「天赦日」が重なる大幸運日

皆様こんにちは、風水・紫微斗数占い(運勢学)の明石佳山です。

9月8日は二十四節気では「白露(はくろ)」、また「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と「天赦日(てんしゃにち)」が重なる貴重な1日です。

天赦日自体は年に数回しかなく、その中でさらに一粒万倍日と重なる日というのはごくわずかしかありません。9月8日そのものがパワースポットとなることに加え、願いが叶いやすいパワーがプラスされる最強の1日になります。

天赦日は、人生の節目のイベントにいいといわれています。開業、引っ越し、結婚の予定(入籍)がある方は、この日にしてみるといいでしょう。また、宝くじを買ったり、新しい財布を使い始めたりするのにも適した日です。神社にお参りに行くのもいいでしょう。

2019年の天赦日は、あと残すところ11月23日のみとなります。ぜひ運磨きに使ってください。

たったこれだけ!誰もが運気アップする朝9時までの開運テク

信じられない?鏡1つで美人になれる、今すぐ実践したい4つの風水術

9月9日は「長陽の節句」。菊の花を飾って運気アップ

9月9日は五節句のひとつ「重陽の節句」です。
奇数は縁起の良い数字で「陽」を表し、中でも「9」は陽の最高数であり中国では「天の数」といわれています。そこで9月9日は陽が重なる大変おめでたい日として「重陽」といわれるようになり、延命長寿の効果がある菊の花を浮かべたお酒を飲んで長寿を祝ったそうです。

この日は部屋に菊の花を飾ったり、菊を浮かべたお酒やお風呂を楽しんだりしてみてください。物事をラッキーな方向へ運びます。ご節句を祝うのも陽数の重なりだからです。

1月1日(今は1月7日)、3月3日(雛祭り)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽の節句)

こうやって奇数の陽を祝うことが、季節の移り変わりに気を配り自然に感謝をするということにつながります。

ちなみに洋食器セットは半ダースつまり6つが基準になっていますが、和食器セットは5つが基本です。これも陰陽に関係しています。また祝儀の祝い金は奇数という慣習もあります。陽数である奇数尊重は今も昔も私たちの生活の中にも生きています。なんとなくやっている私たちの生活習慣が風水の要素を取り入れた事柄になっているのです。

たったこれだけ!誰もが運気アップする朝9時までの開運テク

信じられない?鏡1つで美人になれる、今すぐ実践したい4つの風水術

App store
Google play