LIFE

12月前にやれば運を先取り!心のデトックス4カ条と開運アクション

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

12月前にやれば運を先取り!心のデトックス4カ条と開運アクション

目次

皆さまこんにちは、風水・水紫微斗数占いの明石佳山です。

11月22日より二十四節気では「小雪(しょうせつ)」を迎えました。まだそれほど寒くなく、本格的な雪も降らないという意味の小雪。澄んだ冬の空に浮かぶ月がひときわ美しく輝いて見える時期ですね。

たったこれだけ!?2020年の開運のために11月からやるべきこと

なぜ?風水師がリビングにあえて置かない運気を下げる観葉植物とは

風水で運を先取り!早めの冬支度を

冬支度インテリア
【画像出典元】「iStock.com/morrowlight」

今の時期は本格的な冬が来る前に、早めの冬支度をしてはいかがでしょうか。冬の開運アクションとして、クッションカバーや室内履きを冬仕様に変えて、部屋に温かな雰囲気を少しずつ取り入れてみましょう。季節の先取りは、運の先取りでもありますから!

風水の効果を高める「心のデトックス4カ条」

風水では1年を「陰の季節」と「陽の季節」に分けます。夏至から冬至が「陰の季節」と言われ、秋から冬を迎える頃、人はセンチメンタルな気分に浸るようになります。

沈む夕日をながめて1年を振り返る・・・。皆さまもそんな時期ではないでしょうか?空間の気の流れを整えると運が開くのは、家も部屋も人の心も同じです。風水の効果を高めるためには心もデトックスが必要です。

1.ネガティブな言葉を口にしない
普段から口にする言葉がネガティブでは運は開けません。頭で考えることは言霊となります。ポジティブな言葉が運を開きます。

2.素直に信じる、強く信じる
固定観念にとらわれず物事を素直に受け止めることが大切です。自分自身を強く信じることがプラスのエネルギーとなり運気を上げます。

3.自分と他人を比べない
自分と他人を比べると、劣等感や優越感などの不要な感情に振り回され、運気を下げてしまいます。

4.どんなことでもプラスに受け止める
ピンチはチャンス!何事も前向きに考えてください。何度もプラス思考を繰り返すうちに思考は変わります。プラス思考に転換できたらしめたもの。何事も前向きに捉えられたら幸運はどんどん寄ってきます。

心の風通しをよくする開運アクション

・好きな音楽を聴く
・いい香りを嗅ぐ
・いつも笑顔でいる
・ときには思い切り泣く
・適度な運動をする
・温泉に入り身を清める 

たったこれだけ!?2020年の開運のために11月からやるべきこと

なぜ?風水師がリビングにあえて置かない運気を下げる観葉植物とは

早めの冬支度をするとともに、これからの季節、寒さで縮こまってしまいそうな心をデトックスし、開運アクションを意識して行うことで風水の効果を最大限に活用できます。意識して毎日の生活に取り込んでみてはいかがでしょうか。

App store
Google play