LIFE

新生エリザベートに夢中!

よくばりトットコライフ トコ

新生エリザベートに夢中!

目次

監修・ライター

こんにちは! 
【よくばりトットコライフ】のトコです。 

8月の博多座はミュージカル「エリザベート」を上演中です。

もうたまりませんわ。

博多座でも過去4度の上演があったのですが。

何度見てもステキ!!

しかも、今回のエリザベートはキャスト・演出・衣装などが

新しくなり、新生エリザベートと呼んでも言い過ぎではないわ。

 

ストーリーもわかりやすくなっていたような気がします

 

思い起こせば・・・。

2000年のエリザべートの上演時には、

井上芳雄君が、皇太子ルドルフ役でデビューしたのよ。

たしか、大学在学中の抜てきだったのよ。

 

一気にミュージカル界のプリンスとなったのが昨日のようよ。

井上芳雄君は福岡市出身。

なので、熱烈なファンも多く。

 

今回のエリザベートでは井上君が

黄泉の帝王トート役を演じるので、

みなさん、親戚気分で、

「どんどん成長するのよ、どこまで行くのかしらねぇ」

と、目を細めているの。

 

少年ルドルフ役では、加藤憲史郎君もいるわよ。

この役は以前、兄の加藤清史郎君が演じた役でもあるの。

役柄の移り変わりにしても、

いろんな人の歴史があるのです。

何度も上演される名作は、こういう楽しみ方もできるのよね。

 

そして、

明治通り沿いの博多座前の柱には役者さんの特大ポスターが。


人気の撮影ポイントになってますよ。

好きな役者さんと写ってみてね。

 

さらに、劇場内に入ると、客席ロビーでは

トート役の二人。

井上芳雄、城田優

の大きな写真があるのよぉ~~~

 

きゃあ!!!そんなに見つめないでェ~~。

 

しかし、エリザベートは罪作り。

 

キャストが、Wキャストで何役もあるのよ。

トートにエリザベートに、ゾフィーにルドルフ。

そして、ルキーニなどもWキャスト。

 

 

なので、トート役は、最低でも井上君と城田君を

一度ずつは見たいし。

 

あの人のあの役と、この人のこの役が見たい。

と、自分のスケジュールと

残席表を見比べて、チケット購入計画たててます。

昼の部夜の部が一カ月公演。

悩ましいほど組み合わせが多いんだから。

 

どの日も行けたら良いけど、

お財布の中身も見比べないと、使い過ぎちゃうから要注意ね。

 

といいつつ、9月4日まで公演中。

8月30日のチケットも購入しちゃったわ。

 

 

 

App store
Google play