LIFE

知ってた?下半期の運気アップ方法と上半期の厄を落とす「夏越の大祭」

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

知ってた?下半期の運気アップ方法と上半期の厄を落とす「夏越の大祭」

目次

みなさまこんにちは、風水・紫微斗数占いの明石佳山です。

早いもので、暦(こよみ)では6月21日に夏至を迎え1年の半分が過ぎました。風水では夏至を境に1年の折り返し地点となり、運勢も大きく流れが変わるといわれています。

これからが次のステップに進むためのリセット時期、運気アップのチャンスととらえて行動を興してくださいね。

知らなかった!毎日の「音楽」で運気を上げる2つの方法

コロナ禍の「イラッ…」ストレスとどう付き合う?風水師がアドバイス

コロナに終わった2020年前半。夏至から運勢の流れを変えるには

今年の前半は、コロナ禍で思うように物事が運ばなかった方が多いと思います。しかしこれからは、夏至を境に今まで成長してきたものが実を結ぶ季節です。

夏至からの半年は、次の種まきのための下準備をするのに良い時期。運気の流れを良い方向に変えてゆくために、まずはマインドのクリーニングをおすすめします。

停滞した運気をリセットし、開運へ導く方法

エネルギーの浪費を控える

・他人の意見を気にし過ぎない
・人と比較しない
・悪口や不満ばかりを口にする人とは会わない
・悲しいニュースやワイドショーは見ない
・悪い予測をしない(失敗するのではないか、など)

これらはすべてマイナスの負のエネルギーです。自分自身に大きな影響を与えますのでシャットアウトしてください。

運を磨く開運アクション

・心にエネルギーを与え五感を磨く・・・本、映画、絵画、舞台、音楽にふれる
・良質な睡眠・・・成功者は早寝早起きです
・お風呂や温泉に入る・・・いろいろな負の気を洗い流し、デトックスしてくれます
・夏越の大祓え(なごしのおおはらえ)に参加する

夏越の大祓えとは、各神社に茅(かや)で作られた大きな輪が飾られ、これをくぐることで知らず知らずのうちに身についてしまった上半期のケガレを落とすという伝統行事です。「なごし」という言葉は「和み」に由来するといわれ、人の和を説く神事という説もあります。

知らなかった!毎日の「音楽」で運気を上げる2つの方法

コロナ禍の「イラッ…」ストレスとどう付き合う?風水師がアドバイス

 

私も毎年参加して上半期の厄を落とし、気持ちも新たに後半に備えるようにしています。上半期の運気をリセットし、新しい運気に乗るために、みなさまも参加してみてはいかがでしょうか。

App store
Google play