くらし

良い「気」を感じて運気アップ!ツイてないなと思ったらやってみて

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

良い「気」を感じて運気アップ!ツイてないなと思ったらやってみて

皆さまこんにちは、風水・紫微斗数占いの明石佳山です。

9月末というのに、まだまだ暑い日が続きますね。しかし不思議なもので、暦(こよみ)と季節は見事に連動していて、日の沈む時間は確実に早くなり、夜も長くなります。

9月22日に二十四節気では秋分を迎えて、雲の風景や風の気配に"小さな秋"を感じることができます。心を研ぎ澄ましてみると、あちこちに秋の「気」を感じませんか?

たったこれだけ!?風水師直伝・超簡単な2020年金運アップ術8つ

ツイてないなら玄関を見直して!ラッキーを引き寄せる方位別アドバイス

目に見えないエネルギー=「良い気」を取り入れて運気アップ!

もともと風水とは、4000年前に中国で発祥した環境学です。風水と言えば「西に黄色を置くとよい」などと思い浮かべる方が多いと思いますが、実は「気」の力を使って環境を良くしていく学問なのです。

「気」とは存在するけど目には見えないエネルギーです。その中でも良い気を、人にも、人の感情にも、自然にも、家の中にも、取り入れ循環させると運気がアップするといわれています。

まずは「気」を感じてみよう

目に見えない気?といわれてもわかりませんよね。では、どのような「気」があるのでしょうか。

人の「気」
元気・陽気・才気・人気・色気・食い気・健気

感情の「気」
やる気・勇気・鋭気・本気・気楽

自然界の「気」
節気・空気・大気・蒸気・気温・湿気

その他の「気」
運気・景気・活気・気配・換気・邪気・殺気

このように「気」のつく言葉がいくつも日常にあります。すべて目には見えないものですが、私たちは「なんとなく、存在を感じる」ことはできるはずです。

良い「気」を毎日の生活に取り入れる方法

では、良い気とはどのような気のことでしょうか。「元気・陽気・才気・人気・健気・活気・やる気・勇気・本気」などがあり、これらの良い「気」を取り入れ、改善すれば健康になり、仕事に対する意欲が湧き、金運も上がり、やがては幸せになれるというわけです。

家の中で

良い気が流れているスペシャルな時間帯は、「ドラゴンタイム(辰の刻)」朝7時から9時までの2時間です。この時間に窓を開け、新鮮な空気を家の中に取り込んでください。前日のよどんだ空気が外に出て、家の中に新鮮な空気が入ることで家の中の気が巡るようになり「活気」と「やる気」が満ちてきます。これは5分ほどでOK。毎日行うことが大切です。

香りの力を利用するのもよいでしょう。良い香りは邪気をよせつけません。アロマやお香は場を清め浄化して、私たちに良い気をもたらしてくれます。香りのパワーは、元気、やる気、活気の原動力となります。

外出先で

良い気が流れる場所でリフレッシュするのもおすすめです。自然があふれる公園や、緑の多い神社などは良い気が漂っています。新鮮な空気を取り入れられ、気持ちもリフレッシュできます。良い気が流れる場所というのは、「なんとなくピンときた!」「ここに行くとホッとする」「なんとなく好き」と感じる場所のこと。ご自分の気や波動に合っている証拠です。
 

たったこれだけ!?風水師直伝・超簡単な2020年金運アップ術8つ

ツイてないなら玄関を見直して!ラッキーを引き寄せる方位別アドバイス

昔からの風水の考えは、意識するから引き寄せる、「気」にするから実現するものと言われています。皆さまも「気」を自分の味方にして自然と調和しながら、運気の改善に役立ててください。

App store
Google play