くらし

来年の開運は、この秋の3つの行動で決まる!無理なダイエットも不要?

mymo風水部 明石佳山(あかし かざん)

来年の開運は、この秋の3つの行動で決まる!無理なダイエットも不要?

皆さまこんにちは、風水・紫微斗数占いの明石佳山です。

秋の過ごし方が来年の開運を決める

風水では、二十四節気の「冬至」から1年が始まると考えられています。

1年というのは簡単に言うと
・陽の季節 2019年12/22(冬至)~2020年6/21(夏至)
・陰の季節 2020年6/21(夏至)~2020年12/21(冬至)
に分かれます。

陽の季節には陽に合った過ごし方、陰の季節には陰に合った過ごし方があります。それぞれの季節に合った過ごし方をしていると、生き方もくらしもスムーズになり、運が徐々に開けていきます。

今の季節「秋」は陰の季節。よく陰陽については「陰が悪で陽は善」と捉えられがちですが、陽の季節が輝くためには、必ず陰の季節が必要となります。光があれば必ず影がある。陰陽は常に表裏一体、全てはバランスを保つことが大切なのです。だから陰を悪く捉えないでくださいね。

これからの陰の季節には、何か新しくアクションを起こすというよりも、陽の季節に行ったことを継続させる、もしくは新しい年に向け、生活環境、体、心の環境を整えるとよいでしょう。

秋から運を呼び寄せる3つの行動

1)生活環境を整えること
いらないものを捨てる、断捨離には良い時期です。居心地よく整った環境をつくることが大事。お部屋のパワーダウンは運気のパワーダウンにつながります。

2)体の環境を整えること
自分の直感に耳を傾けていると、体の声も聞こえてくるようになります。体にいいものを無理に意識して食べるより、感覚的に体が欲しているものを食べる方が、体は無理なく自然でいられます。食欲の秋ですが、食べる量は腹八分目に!

3)心の中の環境を整えること
うまくいかないことがあっても、原因を探し続けることはやめましょう。たまたまタイミングが悪かっただけ。うまくいった自分をイメージして気持ちを切り替え、余計な思いは引きずらないようにしましょう。

えっ!人は見た目が9割って本当?第一印象でラッキーを呼び込もう

ツイてないなら玄関を見直して!ラッキーを引き寄せる方位別アドバイス

来たる12月21日の冬至までにゆっくりと、時間をかけて「環境」「体」「心」を整えておけば、来年の運の扉は開かれたも同然です。