LIFE

食べてキレイに!いま美容オタクは「油」に注目している!

1万円でかなうコト

食べてキレイに!いま美容オタクは「油」に注目している!

Purestock/Thinkstock

目次

女性を中心に人気の高い油(オイル)たち。健康や美容に効果があると何かと話題ですが、いろいろな種類があって迷ってしまいます。どんな特徴や効用があるのか、お値段から効果的な摂り方まで、話題のモデル達も積極的に取り入れているという、美容オイルのことを紹介します。

えっ、油(オイル)で細胞がよみがえる!?

Laurent Renault/Hemera/Thinkstock

お肌の悩みに効果があるという話題の油(オイル)。しかしオイルならどれでもOKというわけではありません。美容効果があるのは、不飽和脂肪酸の中のオメガ脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」という油。「オメガ3」と「オメガ6」は細胞膜の主成分で、作って維持して傷の修復も行うというスゴイ成分。基礎代謝もアップさせ、体脂肪の燃焼もサポートしてくれます。肌のターンオーバーもスムーズになりますので、美肌効果やアンチエイジング効果が得られるというわけなのです。これらは体内で作ることはできないので外から補うしかありません。美容に敏感なモデル達が愛用するのも納得ですね。いくつか揃えても1万円以内で手に入るのも嬉しいところ。さっそく取り入れてみましょう。
 

話題の油(オイル)を賢くおトクに活用するには?

αリノレン酸(オメガ3)を多く含む油(オイル)の代表は、あまに油、エゴマ油、シソ油などがありますが、熱に弱く酸化しやすいのが特徴です。毎日スプーン1杯程度を目安に生のままサラダにかけたり料理に混ぜて摂取します。リーズナブルなものから5000円位まで価格もいろいろあります。あまに油とエゴマ油はαリノレン酸の含有量はほぼ同じ。どれにしようか悩まずに好みのものを選んで大丈夫です。シソ油も含有量が50%以上のものを選べば、あまに油と同じ効果が得られますのでお得ですよ。まずは1本エイジングケアに取り入れましょう。

オレイン酸を含むのが「オメガ9」のオイルで、オリーブ、アボカド、マカダミアといったオイルがあります。このオイルは加熱しても大丈夫なので料理に使う油をチェンジするだけで美容に効果を発揮してくれます。買う時に気をつけることは鮮度の良いものを選ぶこと。酸化しにくいとはいえ大きなボトルを買うのではなく、1か月をめどに使い切るくらいの量で少し高めの良い商品がおすすめです。リーズナブルなものから王室御用達の250ml5000円以上のものまで種類は豊富です。血液をサラサラにしてくれたり、便秘解消効果も期待できますよ。

有名モデル愛用で話題となったココナッツオイルは、飽和脂肪酸の中の中鎖脂肪酸が含まれています。中鎖脂肪酸は複雑な過程を経なくても効率よくエネルギー源となり、脂肪になりにくいのが特徴です。脂肪燃焼も助けてくれる上、ココナッツは抗酸化物質であるビタミンEが圧倒的に豊富なので、アンチエイジングや美肌効果が高いと評判です。毎日スプーン2杯を目安に摂取します。ココナッツオイルを選ぶ時は中鎖脂肪酸の含有量が多いものほど効果が高くなります。含有量が65.6%と圧倒的な多さのエキストラバージンココナッツオイルは海外セレブやモデルが多数愛用している商品で、お値段はちょっと高めの3000円(474ml)。お値段と相談しながら含有量もチェックしましょう。


毎日の美容ケアに、オメガ3のオイルとオメガ9の油(オイル)、更にココナッツオイルを取り入れたなら、相乗効果で更に美肌アップが期待できます。全部揃えても1ヵ月1万円以内で収まるのも嬉しいポイントですね。

App store
Google play