MONEY

速報!2019年4月~6月注目の株主優待ランキング、おすすめ銘柄公開!

お金を知る

速報!2019年4月~6月注目の株主優待ランキング、おすすめ銘柄公開!

【画像出典元】「iStock.com/tumsasedgars」

目次

今や1500銘柄を超えるという「株主優待制度」。優待品だけで生活をまかなう優待名人・桐谷さんなどの影響もあり、株式投資の人気は増すばかりです。新年度の4月から株主優待を始めてみようかな~と思っている人も多いかも。そこで、4月に株主優待を始める初心者におすすめの企業銘柄を、ランキング形式でご紹介。優待利回りだけではなく、配当利回りも合わせてチェックしてみて!

▼関連記事
FPが厳選!株主優待で「高優待+利回り」の文句なしおすすめ6銘柄

株初心者の入門編、FPがイチから指南「おすすめの株式投資の始め方」

そもそも株主優待とは・・・4月の優待株購入はオトクかも?

木のテーブルの上、プレゼントを差し出す手
【画像出典元】「iStock.com/279photo」

株主優待制度とは、企業が自社株を保有してくれている株主に自社製品や金券などを贈る制度。100株の保有からもらえる優待が多く、銘柄によっては10万円以下の手軽な金額で始めることも可能です。

目に見える形でオトクを実感できるため、個人投資家からは大人気。企業はその獲得を狙い、続々と株主優待制度を導入しているというワケです。

株主優待をゲットするためには、企業ごとに年1~2回の「権利確定日」に株式を保有していることが絶対条件。実は年度末である3月を株式の権利確定日としている企業が多く、4月に権利確定日を迎える優待株はそれほど多くありません。

しかし、3月の「優待祭り」の後で、静かな穴場の時期ともいえます。また、3月末の権利が確定した後すぐに手放す、いわゆる「権利落ち」が多い可能性も。株価が下がったところを狙えるチャンスがあるかもしれません。

株主優待ではどうしても優待利回りに目が行きがちですが、優待品は豪華でも、会社の業績が悪く株価が下がれば本末転倒。企業情報に気を配るのはもちろん、配当+優待の総合利回りで意識することが大切です。

しかも、最近では企業も長期保有してくれる個人株主を増やすため、優待に保有期間の条件を付けるところが増えています。やはり株主優待は何度ももらってこそオトクなので、株の売買より保有して楽しむのがベスト。

優待と業績ともに期待できる堅実な会社を探して、長く株式を保有することを目指しましょう!

初心者でもうれしい♪4月のおすすめ株主優待銘柄

花びらが舞い落ちたテーブルの上の、ピンクの手帳やノート
【画像出典元】「Photo-AC」

では、すぐに権利をゲットできて初心者でもちょっとうれしくなる、4月に権利確定日を迎える優待株のおすすめ銘柄ベスト3をご紹介します。

3位:アイ・ケイ・ケイ (銘柄コード:2198)

ブライダル事業などを手掛ける「アイ・ケイ・ケイ株式会社」は、九州の就活生から人気の企業としてもおなじみです。株主優待でも、100株以上の保有で1500円相当の焼菓子セット及びレストランの優待券がもらえるとあって、高い人気を誇っています。

2位:伊藤園 第一種優先株式 (銘柄コード:25935)

「株式会社伊藤園」は、100株以上保有で1500円相当の自社製品詰め合わせセットがもらえる根強い人気の企業。特に第一種優先株式は、議決権はありませんが、普通株式に比べて配当が多く株価は安く、しかも優待品は同じなので優待目当ての人にはおすすめです。

1位:くらコーポレーション (銘柄コード:2695)

くら寿司を運営する「株式会社くらコーポレーション」は、業績好調で株価がかなり値を上げ、利回り的にあまりうまみのない状態が続いていました。ここにきて一旦値を下げたので、今が買い時かもしれません。優待品は、100株以上で2500円分の食事券がもらえます。

5~6月のおすすめ注目優待株ランキング!

封筒と株主優待券
【画像出典元】「Photo-AC」

5~6月に権利確定日を迎える優待株からも、注目銘柄をチェックしておきましょう!

3位:キャンドゥ (銘柄コード:2698)

100円ショップを展開する「株式会社キャンドゥ」の株主優待は、店舗で使える2000円分の優待券がもらえます。何かと使い勝手が良いのでありがたいですね!

2位:ハニーズホールディングス (銘柄コード:2792)

アパレル関係の製造販売などを手掛ける「株式会社ハニーズホールディングス」。100株以上保有すれば、店舗で使える3000円分の優待券がもらえます。店舗数が多く、よくショッピングモールでも見かけるので使いやすいのが高ポイントです。

1位:JT(日本たばこ産業) (銘柄コード:2914)

好感度の高いCMが印象的な「日本たばこ産業株式会社(JT)」。現在の株主優待は、100株以上で1000円相当の自社製品詰め合わせなどが年2回もらえます(テーブルマークの食品など)。ただし2019年12月の確定日から内容の変更があり、1年以上の保有で年1回2500円相当の商品などに変わるため、できれば早めに持っておきたい銘柄。何より、業績が良く配当も期待できるのが強みです。株価は少々高いですが、おすすめといえるでしょう。


このところ、株主優待の新設は1年間でおよそ100企業もあるといわれます。また、すでに実施している会社でも優待内容が変更になることが多いので、配当利回りや優待利回りなど、常に新しい優待情報を確認するようにしましょう!

▼関連記事
FPが厳選!株主優待で「高優待+利回り」の文句なしおすすめ6銘柄

株初心者の入門編、FPがイチから指南「おすすめの株式投資の始め方」

App store
Google play