お金

デビットカードがApple Payに設定できるようになりました

デビットカードがApple Payに設定できるようになりました

いつもWallet+をご利用いただき、ありがとうございます。
2020年5月28日より、デビットカードがApple Payに設定できるようになりました。

Apple Payでできる事

デビットカードをApple Payに設定すると、iPhoneまたはApple WatchでQUICPay+™(クイックペイプラス)加盟店での決済が可能になります。

● 設定できるデビットカード(取り扱い銀行)
Debit+(熊本銀行、十八親和銀行、福岡銀行)
Debit+nimoca(福岡銀行)
Debit+SUGOCA(福岡銀行)
さぎんJCBデビット(佐賀銀行)

● 使えるお店
コンビニやドラッグストアなどのQUICPay+加盟店(レジにこのマークが掲示されているお店)で使えます。

● ポイントについて
Apple Pay(QUICPay+)のご利用はmyCoinの還元対象です。(一部対象外取引あり) ポイントの還元率はApple Payに設定したカードごとに異なります。
Debit+カード(一般) : 0.5%
Debit+カード(ゴールド) : 1%
さぎんJCBデビット:0.5%

Apple Payの始め方

以下の方法でApple Payにデビットカードを設定してください。

● Walletアプリから設定する
Walletアプリを起動し、右上の+ボタンから、デビットカードを設定する

Apple Payの使い方

QUICPay+加盟店でのお支払い時は、店頭で「QUICPay+で」と伝えてから、決済端末にiPhoneまたはApple Watchをかざしてください。

Apple Payの使い方については、以下Appleのページも参照ください。
Apple Payの使い方

※Apple PayはiPhone7以降、Apple Watch Series 2以降、iOS10.1以上において利用できます。