高いものには理由がある~Corno bluのオーダーシューズ8万1000円
PICK UP

高いものには理由がある~Corno bluのオーダーシューズ8万1000円

高いものには理由がある

目次

プチプラアイテムやファストファッションが定着した昨今ですが、それとは逆に丁寧に作られたハイエンドブランドの逸品を愛用する人も多くいます。高級品を選ぶ理由はさまざまで、大人になった証に「ちゃんとした本物を」と奮発したり、高価なものに息づく上質さや生産背景、精巧な技術に惚れ込んで購入する人も。

そんな「高いけれど手に入れたい逸品」が、福岡市桜坂のとある工房で作られています。

ひと縫いひと縫い、小さな工房で丁寧に作られているビスポークシューズ

ひと縫いひと縫い、小さな工房で丁寧に作られているビスポークシューズ

ハンドメイドのビスポークシューズを作る「Corno blu(コルノ ブルゥ)」。オーナーの清角(せいがく)豊さんがイタリア・フィレンツェで修得した伝統技法とデザイン、独自の感性を組み込みながら、手縫いによるフルオーダー靴を作り上げています。

清角さんが靴作りに採用するのは、「グッドイヤーウェルト製法」。
だいたい市場に出回っている靴の大半が、アッパー(靴の表面)とアウトソール(靴底)を糊で貼り合わせた「セメント製法」。低価格で買えますが使っていくうちに糊が剥がれたり、劣化で破れたりして、短期間で処分せざるを得なくなるケースも……。

一方「グッドイヤーウェルト製法」は、細かく縫合して作られるので頑丈で、丁寧にケアすれば半永久的に使い続けられます。高級ブランドの靴でも多く用いられている究極の伝統技法です。

グッドイヤーウェルト製法、実はコストパフォーマンス優秀!

グッドイヤーウェルト製法、実はコストパフォーマンス優秀!

オーダーシューズは安くても10万円前後、フルオーダーなら平均価格は20〜30万円からと決して気軽に買える金額ではありません。

ただし前述の通り、グッドイヤーウェルト製法であれば耐久性・耐水性が良く、またインソールの中に敷き詰められたコルクが履き続けるたびに足の形に沿って沈み、足裏に馴染んで快適な履き心地を生み出します。

そして、ソール交換のしやすさもメリット。複式縫いによって作られた革靴のため、ソールの取り外しが比較的容易で、アウトソールが磨り減ったら新しい靴底に交換可能なのです。

このように、本体価格だけでみると高価ですが、必要に応じてメンテナンスを行うことで何十年も愛用できて、長期的にみるとコストパフォーマンスが優秀だということがわかります。

「グッドイヤーウェルト製法」のパターンオーダー

「グッドイヤーウェルト製法」のパターンオーダー

Corno bluのオーダースタイルの一つに、通称「パターンオーダー」と呼ばれるものがあります。 既成のサンプル品の中から好みのデザインをセレクトし、グッドイヤーウェルト製法で工場製造するオーダーシューズです。

「1〜3万円の靴を履いていた人がいきなり10倍高い靴を……というはハードルが高いですよね。そこで、入り口としてグッドイヤーウェルト製法のファクトリーシューズをおすすめしています」

さらに清角さんは細かくサイズ調整し、装飾のデザインアレンジも施すなど、ディテールまで融通を利かせています。
さらに、他社と違うのがサイジング。通常は5mm区切りで設定するところを、清角さんは2.5mm区切りで調整していくので、靴と足のフィット感と、快適な履き心地が実現できるのです。

・グッドイヤーウェルト製法(工場製造) 8万1000円
・納期:約3ヵ月

型紙から引くフリーデザインの「SULLA FORMA(スッラフォルマ)」

型紙から引くフリーデザインの「SULLA FORMA(スッラフォルマ)」

細かくサイジングされた綿密な既成の木型を用い、デザインはゼロベースで型紙から作ってオーダーするのが「SULLA FORMA(スッラフォルマ)」。自分が思い描くデザインシューズをオリジナルで作り上げてもらえます。

・グッドイヤーウェルト製法(工場製造) 10万8000円
・手縫い&機械ステッチ 17万8200円
・フルハンドメイド 23万7600円 
・納期:約4ヵ月

フルオーダーメイドの「Su Misura(ス・ミズーラ)」

最高峰のオーダースタイル「Su Misura(ス・ミズーラ)」は、足の採寸から始まり、その人仕様の木型をオリジナルで作成し、樹脂製チェックシューズ(①)とレザーのトライアルシューズ(②)での状態確認を経て、完全フルオーダーで手縫いで仕上げられます。伝統的なビスポークスタイルによって作り上げられる、至高のオーダーシューズなのです。

フィッティングで使うのはこの2足(①と②)。ペット樹脂製でスケルトンの「チェックシューズ」では、靴の中の状態を確認をします。また写真手前の仮靴では、歩いた時やつま先を曲げた時に革のシワがどう出るかなどを確認します。

仮靴まで自分仕様に作ってもらい、細かいチェックを重ねながら精巧に作り上げられる……。しかもメンテナンスをすることで一生愛用できることを考えると、20万円の買い物もきっと納得できるはず。

・手縫い&機械ステッチ 19万4400円〜
・フルハンドメイド 26万4600円〜
・初回木型代 3万7800円
・納期:約6ヵ月〜

左奥がチェックシューズ(①)、 手前の靴がレザーのトライアルシューズ(②)

Corno bluでこだわっているのは極上の革

滑らかでハリとコシがあるカーフレザー(生後6ヵ月内の子牛の皮をなめしたもの)を、清角さんはイタリアから直輸入。最高級レザーとあって、靴として仕上がったときのクオリティも格別です。

ちなみに、靴下のかかとや小指が破れること、ありませんか? それは、靴のサイズが合っていなくて摩擦で起きるもの。Corno bluの靴は、フィッティングを経て1/4ピッチ(2.5mm)単位でサイジングしてくれるのでかかとがピタッとフィットし、靴下が破れません。

自分のためだけに誂えられた靴

自分のためだけに誂えられた靴

Corno bluで最近人気なのが、ゴムを取り入れたウイングチップシューズ 。昔からあるデザインですが他店ではあまり作られておらず、履きやすさも相まってオーダーが続出! この他の靴も、オン・オフで使えるデザインで汎用性高し。

「超絶技巧で究極の靴を作っても、高価すぎたら購入しづらいでしょう。あと、履き心地が優れていてもルックスが悪かったらちょっと残念。だから価格、履き心地、デザインのバランスを大事にしています」

生産背景、クオリティ、履き心地、重厚かつ美しいデザイン。さらに「自分のためだけに誂えられた」という特別さが、手にしたときの高揚感を高めます。 その喜びは永遠に続き、使い込むほどに愛着が増していくのです。

Corno blu
福岡市中央区桜坂1-8-12 カサブランカ桜坂1F
営業時間 9:30〜19:00(土曜、祝日11:00〜)
日曜定休
092-725-6740
Instagram

※本文中の価格はすべて税込み表示です。

App store
Google play