Large cea1a9e315

スゴ技!小枝でおしゃれな照明を作ってみた。

700円でかなうコト 賢く使う

この記事のポイントは・・・

  • 100円のLEDキャンドルが人気DIYerゆぴのこさんの手で大変身
  • 工具はグルーガンのみ!ペタペタ貼り付けるだけで簡単に作れます
  • ガラスのコップを使えば、本物のロウソクが立てられるキャンドルホルダーにも!

冷たい冬の風にコートの襟を立てる冬。駆け込んだおうちに温かい照明があったら、ホッとしそう。

今回は、吹雪の先に見つけた山小屋の灯りのような照明が、100円ショップのLEDキャンドルライトで簡単に作れてしまうワザを、人気絶大のDIYer、ゆぴのこさんに聞きました。

作り方はいたってシンプル!

小枝の照明の作り方

市販のLEDキャンドル

◎材料
LEDキャンドルライト
小枝
麻ひも

市販の小枝

小枝はホームセンターなどで手に入ります。

お庭がある方は、庭木をポキポキ折れば材料費削減になります。衛生面が気になる方は、洗って乾かしてから使うと安心です。

キャンドルに接着した小枝

《作り方》

1)小枝をLEDキャンドルライトに接着する
LEDキャンドルライトより少し長めの小枝を選んで、グルーガンで接着していきます。

キャンドル全面に接着した小枝

写真のように、LEDキャンドルライトの周りをぐるりと小枝で囲ってしまいます。

「均一の長さの小枝を取り付けるより、多少不揃いなほうが味が出ますよ」と、ゆぴのこさん。

麻紐を巻きつける様子

2)麻ひもを巻きつける
麻ひもを下のほうに巻きつけていきます。最初と最後をグルーガンで接着します。

「麻紐はアクセントなので、なくてもいいし、お好みでリボンとか他の素材を使ってもいいですよ」

2つ並べた完成品

あっという間に完成です!

灯りを灯すとどうなるのか、ワクワクします。

灯りをともした並べた完成品

点灯!

なんてほのぼのした灯りでしょう! 焚き木のそばにいるみたいです。

小枝をつけるとき、隙間ができるのが気になっていたんですが、この光が漏れる感じがいいんですね!

さっそく、部屋にディスプレイします。

木製の過去の作品と並べた様子

クリスマスに活躍したリースとトナカイのそばに置けば、ムード抜群。

「小枝から漏れる優しい光が空間をふぁ~っと温かくするでしょう?」とゆぴのこさん。

なんだか癒されます。

リースや松ぼっくりなどと並べて

松ぼっくりをサイドに置いてもマッチします。出窓のあるお家なら、このレイアウトのまま窓辺に置いても合いそうですね!

自分だけ楽しむのはもったいないので、プレゼント用も作りたくなってきました。

これってLEDじゃなくって、本物のろうそくではできないのかしら?

「ガラスのコップで作ると、ろうそくが置けるキャンドルホルダーができます。周りの木が燃えないように、ろうそくのサイズより高めに取り付けるといいですよ」

わあ、すてきですね!

「小枝はキャンドルだけじゃなくて、鉛筆立てを飾ったり、花びんに巻きつけてもいいと思います」

ナチュラルな雑貨好きさんには、なんとも心そそられるゆぴのこさんの提案です! ぜひトライしてみませんか?

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました