お金にまつわる10の質問 - NIYOL COFFEE 越智 大輔さん -
PICK UP

お金にまつわる10の質問 - NIYOL COFFEE 越智 大輔さん -

お金にまつわる10の質問

目次

「お金」について、毎回決まった質問に有名店のオーナーやデザイナーなどさまざまに活躍する方々に答えていただくmymo新企画「お金にまつわる10の質問」。

▼関連記事
お金にまつわる10の質問 - NO COFFEE 佐藤 慎介さん -

お金にまつわる10の質問 - REGARO PAPIRO(紙専門店) 江藤 明日香さん -

第3回は、自家焙煎のこだわりのコーヒーと一緒に、心地よい時間を提供してくれるコーヒー専門店「NIYOL COFFEE(ニヨルコーヒー)」オーナーの越智大輔さん。学生時代から絵を描いているアーティストでもあり、その感性と人柄で、さまざまな人やアートを引き寄せています。

それでは「10の質問」スタートです!

①	いま一番欲しいものと、その価格、理由を教えてください

① いま一番欲しいものと、その価格、理由を教えてください

大きな焙煎器です。新品だと400~500万円くらい、中古でも200万円くらいするので、今すぐには買えませんが…。

今使っている焙煎器は、カウンターに置いてある小型のもので、一度に焙煎できる豆が1キロほど。他のお店では、焙煎器を見る機会もなかなかないし、コーヒーに興味を持ってもらったり、焙煎のお話なんかもできたりするといいな、と思ってカウンターに置けるサイズにしたんです。

自分のお店で出す分だけの量なら大丈夫…と思っていたんですが、ありがたいことに「コーヒー豆を売ってほしい」という卸のオーダーも増えてきて。閉店後から焙煎を始めると、いつも朝3時くらいまでかかるんです。大型のものだと5キロ、10キロなどの豆を一度に焙煎できるので、時間も今の半分くらいでできるようになります。

② いまどんなお財布を使っていますか?

7年くらい前に、誕生日プレゼントに妻からもらった「イルビゾンテ」の折り財布です。最初はキャメルのような色だったものが、かなり使いこんで今は黒に近い色になってますね。プレゼントしてもらったものなので大事にしていたんですが、古くなってきたし、そろそろ買い替えたいな…と思っています。

③	いま1万円渡されたら、何に使いますか?

③ いま1万円渡されたら、何に使いますか?

新しいお財布を買い替える資金の一部にします(笑)。領収書などをもらうようになってかさばってしまうので、今度はたくさん入る長財布にしたいですね。

④	これまでに一番有意義だったと思うお金の使い方はなんですか?

④ これまでに一番有意義だったと思うお金の使い方はなんですか?

結婚式と新婚旅行でハワイに行ったときの旅費です。何にも他のことを気にせず、のんびり2週間くらい過ごしました。とにかく風がすごく気持ちのいい場所で、雨が降ってもすぐに乾くし、空気が常に循環していて、澄み切っている感じが好きでした。

結婚式の費用とは別ですが、旅費は2人で40万円くらいだったと思います。妻がウェディング関係の仕事をしているので、いろいろ工夫をして手配してくれたんです。結婚式は2人きりで、地域で一番古い教会で挙げました。アンティークな雰囲気の木造のシンプルな教会で、普段から教会に通っている地元の方たちがお祝いしてくれて。

ホテルのベランダで、気持ちのいい風に吹かれてぼーっとしているときが一番幸せでした。また機会をつくって行きたいですね。

⑤ 反対に、一番失敗したと思うお金の使い方はなんですか?

友達とノリで旅行の予約を入れてしまったときのキャンセル料です(笑)。もともと予定が入っていたのに、それを忘れて予約を入れてしまって。航空券や宿泊費など、5~6万円が無駄になりました…。

⑥ これまでの人生で一番高い買い物を教えてください(家・車以外で)

このお店の開店資金です。4年間、朝から夜中までこつこつ働いて、月20万円ずつ貯金をして、貯まったら備品を買って…ということを繰り返して、合計で800万円くらいかけました。その間は友達と遊びに行ったり、飲んだりするのも控えて、とにかく無駄遣いをしないように気を付けました。

僕はもともと大学で美術系を専攻していて、卒業後は絵を描きながら西新のスターバックスなどで約7年働いていました。そこでコーヒーの美味しさと、それを味わうときのリラックスした空気や、お客さまとの何気ない会話に魅力を感じるようになりました。その後、バーで働いたり、飲食の会社で料理の勉強などをしたりするうちに、自分の責任で自分のやりたいことをやりたくなって、「独立」を考え始めました。

妻に相談したら、「自己資金でやるならいいよ」と言ってくれて。それからはアルバイトをしながら、お金が少し貯まったら焙煎器を買って、貯まったらエスプレッソマシンを買って、を繰り返して。自宅で焙煎の練習をして、イベント出店してトレーニングを積んで…と、少しずつ準備を進めてきたんです。

人や街の雰囲気が好きで、お店を出すなら西新界隈と決めていました。この物件を見つけて、内装もいろいろ自分で考えてスケッチを描いて、その後はデザイナーさんと相談しながら作りました。ずっと温めてきたことなので、「こういう風にしたい」というイメージはかなりはっきりありましたね。

⑦ これにはお金を惜しまないというのは何?

自分の感性にぴったりフィットしたもの、自分の中で価値のあるものだと思ったら、少々高くても買います。この時を逃したら二度と出会えない、と思うので。絵なんかはまさにそうですね。今このお店にあるものはほとんどそうやって買ったものです。

このひょうたんランプの作家さんとの出会いは音楽イベント。僕が職人さんに頼んで木の球体を作ってもらい、それに絵を描いてイベントに持っていったときに知り合いました。こうした出会いを重ねて、いろいろな人やモノが店に集まってきています。

⑧ 自分なりの独自のお金ルールはありますか?

まずは「借金はしない」ということ。奥さんが絶対ダメ、と言うから…という理由もありますが(笑)。自分の中では「誰かに借りる」という概念がもともとないんです。

次に「クレジットカードは記憶のなかで把握できる範囲で使う」こと。仕入れなどにカードを使用することもあるので、先月はこれくらい使ったから、今月は控えよう、とか。自分で「コレ何に使ったんだっけ?」と思うような使い方はしないようにしています。

⑨	お金は貯める派? 使う派?それはなぜ?

⑨ お金は貯める派? 使う派?それはなぜ?

断然「貯める派」です。お店を始めるときもそうでしたし。目的のためにコツコツ貯金をして、貯まったら欲しいものを買う、という感じですね。

⑩ お金はあなたにとってどんな存在ですか?

「一番大切なもの」です。何かやりたいことをするにも、自分の夢をかなえるためにも無くてはならないものなので。

自分はお店をやりたい、と思ったときに開店資金がなくて、それを作るために4年かかりました。貯金があれば、もっと早くオープンできていたかもしれません。夢をつかむタイミングを逃さないためにも、やりたいと思ったときにすぐに始められる資金を貯めておくのは、とても大事なことだと思います。

周りの人からも、よく「お店をやりたい」といった相談を受けることがありますが、そんな時は、無駄遣いをせずに今からお金を貯めるようにアドバイスします。

僕は小さな幸せ、目の前に見える幸せを少しずつ積み重ねていくのが好きなんです。自分が出会った好きなもの、気に入ったものを少しずつ集めて作ったこの空間もそう。

実はこのお店には秘密の地下室があるので(笑)、いろいろなイベントをやったりしています。

商店街から少し入った道なので、その分ゆっくり過ごしてもらえるんじゃないかと思っています。コーヒーを飲んで、何かしら自分を見つめなおす時間だとか、ほっとする時間をお客さまにお届けしていきたいです。

▼関連記事
お金にまつわる10の質問 - NO COFFEE 佐藤 慎介さん -

お金にまつわる10の質問 - REGARO PAPIRO(紙専門店) 江藤 明日香さん -

NIYOL COFFEE
福岡市早良区祖原14-21
営業時間(火水金/10:00~20:00、月/8:00~20:00、土/11:00~20:00、日/11:00~18:00、木休)
Instagram

NIYOL COFFEE 越智大輔

NIYOL COFFEE 越智大輔

NIYOL COFFEEオーナー。アーティストとして活動しつつコーヒーショップで働き、コーヒーの味と、そこに生まれるリラックスした時間を提供する魅力に目覚める。2018年6月、NIYOL COFFEEオープン。独自の感性を活かした店には、アーティストや表現者などさまざまな人が集う。「NIYOL(ニヨル)」はネイティブアメリカン、ナバホ族の言葉で「風」の意味。

App store
Google play