Large cdd5b2bb5d

photo-AC

国債よりも魅力的?『地方債』のメリット・デメリットとは

ふやす お金を知る

この記事のポイントは・・・

  • 「地方債」とは、県や市などの地方公共団体が財政収入不足を補うために発行する債券
  • 地方債は、安全性も利率も比較的高い
  • 地方債の償還日前の換金は市場価格での売却となるため、使う予定がないお金の運用に向いている

比較的安全性の高い債券といえば、公共債である「国債」。なかでも個人向け国債は、元本保証される手堅い資産運用方法として、安定した人気を誇っています。

実は公共債には他に「地方債」という債券もあるのをご存じですか?地方債とはどのようなものでしょう。またそのメリット・デメリットは?サクッと説明します!

国債はよく聞くけど・・・地方債とは?

手のひらの日本地図
photo-AC

「地方債」とは、都道府県や市区町村などの地方公共団体が財政収入不足を補うために発行する債券のことです。国の事業のために国が発行する「国債」と同じような仕組みですが、地方債は、発行した自治体内の公共施設の建設事業や、電気・ガス・水道など公営企業の経費など、国債よりもっと身近な目的のために利用されます。また、社会保障費や災害復旧事業のためなどにも使われます。

地方債は、固定金利制で半年ごとに利払いがあり、1万円から購入できます。証券会社や金融機関を通して購入し、償還期間(債券の発行日から満期日まで)は2~10年です。

地方債には、公募地方債と銀行等引受地方債がありますが、個人で購入できるのは、主に公募地方債です。

公募地方債には、「全国型市場公募地方債(個別債)」「住民参加型市場公募地方債(ミニ公募債)」「共同発行市場公募地方債(共同債)」の3種類があります。
この中で個人が利用できるのは「全国型市場公募地方債(個別債)」「住民参加型市場公募地方債(ミニ公募債)」の2つです。

全国型市場公募地方債(個別債)は、都道府県や政令指定都市が単独で発行し、広く債券の購入者を募るもの。

住民参加型市場公募地方債(ミニ公募債)は、発行する自治体に住んでいる人や法人を購入対象にしています。より行政への参加意識が高まる投資方法といえますね。

また、共同発行市場公募地方債(共同債)は、複数の都道府県や市区町村がタッグを組んで発行することで、コストダウンや安定的な資金調達を目指しているものです。

地方債のメリットは、ズバリ利率です!

虹のかかる空と街並み、家のミニチュア
photo-AC

では、地方債にはどのようなメリットがあるのでしょう。

まずいちばんに注目したいのは、利率が高いことです。しかも、発行している地方公共団体ごとに利率が違います。例えば、2017年10月23日に発行された神奈川県の全国型市場公募地方債(個別債)の10年債利回りは、0.230%となっています。国債や、銀行の10年定期預金などと比べてみれば、その高さは一目瞭然です。

また、安全性も国債と同じように高いものとなっています。なぜなら地方債は、財政赤字などの場合は新規発行が制限されるからです。しかも利息や償還金の支払いのための財源が地方交付税などから確保されており、償還日(満期日)まで持ち続けるのであれば、リスクはかなり低いといえるでしょう。

地方債のデメリットも・・・実は利率なのです。

3つのプランの立て看板
photo-AC

地方債は、発行されると日々取引されます。そのため地方債の市場価格は、市場の金利水準の変化の影響を受けます。

地方債を償還日より前に換金する場合には市場価格での売却となるため、その時点で買値を下回っていると売却損が生じる場合があります。

また、市場環境の変化により流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができない可能性があります。

しかし、全体的に償還期間は長め・・・。よって、途中売却の必要がない、使う予定がないお金の運用に向いている債券といえるでしょう。

もしそのような余剰資金があるのであれば、その高い利率と安全性から、検討の余地は大いにありそうです。

一般財団法人 地方債協会


各市町村のウェブサイトを見れば、発行日や取り扱い金融機関などの詳しい情報が載っています。また、銀行や証券会社の「特定口座(年間取引報告書を作成してもらえる、源泉徴収ありの口座)」を利用すれば、確定申告も不要です。

地方債は、自分の地元や応援したい地域に対してお金を託すという、より身近で魅力的な投資方法です。ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました