今話題のAIスピーカー、何ができる?どんな機種を選ぶ?

2万円でかなうコト 賢く使う

この記事のポイントは・・・

  • AIスピーカーは、対話形式で操作できるAIアシスタントを搭載したスピーカー
  • 話しかけるだけで、音楽の再生やニュースの読み上げ、家電の操作などができる
  • 代表的な機種は、「Amzon Echo」「Google Home」「LINE Clova」

最近よく話題になるけど、何ができるのかよくわからないAIスピーカー。持っているとできることや便利なことをご紹介します。また、日本で発売されている代表的な機種についても併せてご紹介します。

最近よく聞く「AIスピーカー」って何?

AIスピーカーとは、対話形式の音声操作でウェブ検索や音楽の再生などを実行してくれる「AIアシスタント」を搭載したスピーカーのことです。別名「スマートスピーカー」とも呼ばれています。

AIスピーカーは、主に以下のようなことができます。

・音楽の再生
・ウェブ検索で調べ物
・スケジュールの確認
・スマート家電の操作

それでは、Amazon、Google、LINEの各社が発売している代表的なAIスピーカー3機種をご紹介します。

買い物もお願いできる?!「Amzon Echo」

Amazon Echo
Amazon

「Amzon Echo」は、AIアシスタント「Alexa」を搭載したAIスピーカーです。

Amazon製品ならではと言えるのは、Echoを使ってAmazonで買い物ができる点。また、Amazonプライム会員であれば、新たな音楽配信サービスを契約することなく定額聴き放題のサービスを利用するなど、Amazonとの連携が強みです。

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

1万1980円

      

家族みんなで使える!「Google Home」

Google Home
Google

Andoroidにも搭載されているAIアシスタント「Google アシスタント」の入ったAIスピーカーが「Google Home」です。「OK,Google」と話しかけるテレビCMで、名前は知っているという方も多いのではないでしょうか。

6人まで声を登録できるGoogle Homeは、呼びかけた声を聞き分けてアカウントを切り替えてくれるので、ファミリーで利用するのにも適しています。

Google Home

1万5120円(税込)

      

かわいくてポータブル!「LINE Clova Friends」

Clova Friends
Clova公式ブログ

LINEキャラクターのデザインで見た目もかわいいAIスピーカー「Clova Friends」は、LINEが開発したAIアシスタント「Clova」を搭載しています。

LINEでメッセージを送れるほか、無料音声通話にも対応。バッテリー内蔵なので、家の中の好きな場所やアウトドアでも使えるのも大きなポイント。赤外線リモコン機能を利用したリモコン操作も可能です。

LINE Clova Friends

8640円(税込)

      

2018年、急激に普及するとも言われているAIスピーカー。リビングに置いてあるAIスピーカーに向かって話しかけるだけで、いろんなことができるなんて便利ですね!

Wallet+アプリをダウンロード

銀行口座の残高や収支や明細をいつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行公式お金管理アプリ

Wallet+ダウンロード

Wallet+体験記

イチから分かる「お金管理アプリ Wallet+(ウォレットプラス)」

ウェブマガジン「mymo」では
毎日お金とポジティブにつきあうための
情報を提供しています。
夢や目標を実現するために
お金ともっと仲良くなりませんか?

ふるさとチョイス+

LifeisFlower

ちょっと賢いmymoのfacebook始めました