MONEY

知ってた? 年間12,000円以上の医薬品購入で医療費がオトクに!

子育てタウン編集室

知ってた? 年間12,000円以上の医薬品購入で医療費がオトクに!

目次

医療費控除特例の「セルフメディケーション税制」って?

これまで確定申告での医療費控除といえば、総額10万円以上の場合にしか対象になりませんでした。医療機関の領収書はきちんと保管しているけれど、1年間で10万円はなかなか超えない…というご家庭も多かったのではないでしょうか?

そんな中、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの期間限定ではありますが、対象の医薬品を年間1万2,000円以上購入すると所得税控除の対象になるという有り難い特例「セルフメディケーション税制」が導入されました。

自分の健康維持や病気予防に取り組める人が対象

セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義されています。

この税制の対象となるのは、市販薬の活用や健康診断の受診など、自分の体の健康維持や病気予防にきちんと取り組める人。つまり、定期健康診断や がん検診、予防接種などをきちんと受けていることが条件となります。

親子

対象となる医薬品があらかじめ決められています

対象となる医薬品とは、厚生労働省で定められた「スイッチOTC医薬品」といわれる、もともとは医療用だったものが薬局でも販売されるようになった医薬品のことで、その種類は、風邪薬、頭痛薬、抗アレルギー薬、胃腸薬、咳止め、目薬など広範囲にわたります。

しかも普段よく耳にするおなじみの商品がほとんどです。対象の医薬品は、パッケージに控除対象のマークが表示されており、現在、約1,600品目が対象となっています。厚生労働省のサイトからも対象商品の確認ができるようになっていますので、確認してみましょう。

どんな風にお得なの?

対象者と家族が1年間に購入したスイッチOTC医薬品の合計が1万2,000円以上、上限8万8,000円までが控除対象となります。例えば、医薬品の購入金額の合計が3万円だった場合は、1万2,000円を差し引いた1万8,000円が所得控除の対象となり、その分の税金が少なくなるということです。

ただし、従来の医療費控除との併用はできないようですので、ご注意ください。


##参考資料・サイト
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(厚生労働省サイト)

セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(全体版)(厚生労働省サイト)

■あわせて読みたい
意外と高い子どものインフル予防接種費用。助成金の活用で最大3,000円もオトクに

App store
Google play