MONEY

「お金がない」が口癖の人に共通する7つの特徴をFPが解説

ためる 中村 賢司

「お金がない」が口癖の人に共通する7つの特徴をFPが解説

【画像出典元】「iStock.com/DjelicS」

目次

こんにちはファイナンシャルプランナーの中村賢司です。

「お金がない」と口癖のように言っている人いませんか?お金が貯まらない人には、共通する特徴や習慣がたくさんあります。

今回は、「お金がない」が口癖の人に共通する7つの特徴を紹介します。もし、どれかひとつでも当てはまることがあれば、自分の行動や考えを改めるようにしてください。

▼関連記事
【FPが語る!】お金が貯まらない人必見!1年で100万円貯める具体的な方法とは
【FP直伝!】 お金が「貯まる人」と「貯まらない人」の違いとは?

「お金がない」が口癖の人に共通する7つの特徴とは?

① 毎月の赤字をボーナスで補てんしている
「お金がない」と言っている人には、毎月の家計収支が赤字になっている人が多いようです。毎月赤字でもボーナスで補てんできるからと安心していては、後々大変なことになってしまいます。

② 余ったお金を貯金している
毎月の収入と支出の流れを把握せず、月末に残ったお金を貯金するという方も少なくないでしょう。しかしこれではお金は貯まりません。「お金がない」と口癖のように言う前に、まずは家計の流れを把握して、先取り貯金をするようにしましょう。

③ 欲しいものは何でも買っている
欲しいと感じたその買物、本当に必要なものですか?あれば便利とか可愛いからという理由で衝動買いをする人は要注意。そういう無駄な買い物が多いから、お金がなくなるのです。

④ お付き合いが多い
誘われたら断れないという人は要注意!1ヵ月の支出の中で皆さんは交際費をいくら使っていますか?ちょっと使いすぎているなと感じたら、次から誘われても断る勇気を持ってください。

⑤ 面倒くさがり
住宅ローンの借り換えや生命保険の見直し、スマホの料金プランの見直しなどは、いろいろ情報収集をしなければいけないので結構手間がかかります。見直したほうが明らかにお得なのに、面倒くさがりな人は、着手していない場合が多いように思います。

⑥ 家計簿はつけているだけ
家計簿を毎月きっちりつけているにもかかわらず、「お金がない」と言っている人をよく見かけます。家計簿は収支を合わせるものではありません。支出を大まかに把握し、無駄がどこかにないか発見するのが家計簿の役割です。

⑦ 計画を立てない
皆さんはライフプランを立てたことがありますか?自分の人生にいったいいくらのお金がかかるのか、定年退職までいくら収入があるのか、これらを把握するだけでもお金に対しての考え方が変わります。

「お金がない」から脱却するには、お金がない人の7つの特徴を見直してライフプランを立てよう

お金を貯める
【画像出典元】「iStock.com/Rawpixel」

この答えは簡単です。今まで見てきた7つの特徴と真逆のことをするよう心がけていけばいいだけです。

① 毎月の生活費を給料の範囲内で収める
② 毎月の家計収支を把握して先取り貯蓄
③ 無駄な買い物は減らす
④ お付き合いはほどほどにする
⑤ 大きな金額が節約できることには貪欲になる
⑥ 家計簿をつけ無駄を把握し来月の予算を立てる
⑦ そして最後に毎月の収支予測から年単位(20~30年先まで)の計画を立てる

すなわち、ライフプランを作り目標を決めてしまえばいいのです!お金がない状態からお金がある状態になるためには、真剣にお金と向き合う必要があります。
お金が貯まらない7つの特徴を止め、お金が貯まる新しい7つの特徴を身につけとき、あなたは「お金がない」という口癖から脱却できるでしょう。

お金がなかった人がお金持ちになった…その方法は?

私のお客さまで、お金がなかった方がお金持ちになった事例をひとつ紹介します。
文字通り「お金がない」が口癖だったその方は上記の7つの悪い習慣(特徴)を見直し、お金がない状態からたった5年間で脱却し、お金に困らなくなりました。

当時は派遣社員で働いていたのですが、自分のライフプランを作り常に目標に向かって努力した結果、夢だった飲食店をオープン。さらに繁盛店へと成長させ、自身の貯金もたくさん増やしました。

あなたは、お金がない理由を人のせいにしたりしていませんか?「景気が悪いから」「給料が上がらないから」「子供にお金がかかるから」など、外部環境のせいにしていては「お金がない」状況からなかなか脱却できません。

まずは悪い特徴を減らすことからスタートを!
7つの悪い特徴を全て見直すこと望ましいですが、難しければどれか1つでも見直してみて、慣れてきたら1つずつ増やしていきましょう。

幸せな家族

【画像出典元】「iStock.com/nd3000」

まとめ

お金がないからといって、毎月爪に火をともすような生活をする必要はありません。節約や倹約を考える前に、まずは家計の流れを把握して、面倒でも見直し効果が高い「固定費」を見直すことから始めましょう。

また、投資はお金が貯まってからという人も多いですが、毎月5000円でも1万円でもコツコツと積み立て投資を始めてはいかがでしょうか。リスクを取っていくことで、その分リターンも期待できます。

今回紹介した7つの習慣を見直すことで、「お金がない」という口癖はいつの間にか消えてなくなることでしょう。

▼関連記事
【FPが語る!】お金が貯まらない人必見!1年で100万円貯める具体的な方法とは
【FP直伝!】 お金が「貯まる人」と「貯まらない人」の違いとは?

App store
Google play