MONEY

高いバッグをプレゼントする男は要注意!?結婚してはいけない男性の3つの特徴

ためる 白浜 仁子

高いバッグをプレゼントする男は要注意!?結婚してはいけない男性の3つの特徴

【画像出典元】「iStock.com/fizkes」

目次

こんにちは。FP(ファイナンシャルプランナー)の白浜仁子です。
今回は「お金の使い方」で見えてくる、結婚して家計を共にすると大変かもしれない男性の特徴について考えてみましょう。

「お金が貯まる夫婦」と「貯まらない夫婦」の違い、特徴を実例で紹介

えっ!結婚してから夫の手取りが16万円だと知りました

恋愛中に確認したい男性のお金に関する特徴3つ

「恋愛と結婚は違う」なんてよくいいますが、私はそうは思いません。 なぜなら、“好き→付き合いたい→結婚したい”をたどるのは自然な感情だからです。ただ「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざがあるように、お金のことが原因となり、好きだった気持ちが急に失せてしまうことはあるでしょう。

結婚後、お金の問題が浮上してけんかが絶えなかったり、信頼を失ったまま結婚生活を続けたり、離婚に繋がることだってあります。世の中にはそういう経験をする人が多いので「恋愛と結婚は違う」といわれるのでしょう。でも、付き合っているときに、突っ込んだお金の話をすることはあまりないでしょうから、これは仕方ないことかもしれません。

ただ、意識をすると恋愛中に気付けることもあります。今回は、「恋愛と結婚は違う」とならないためにも、お金の面から、恋愛中に確認したい3つのポイントを紹介します。

①お金を「ちょこちょこ使う」タイプか

デートをするときに、ちょこちょこお金を使う人だと感じることはありませんか?例えば、すぐコンビニでジュースやアイスを買う、通りがかりのお店でちょっとした雑貨、洋服、靴・・・などちょこちょこ買い物をするなど。いわゆる衝動買いです。”衝動買い”という言葉の意味を調べると、「よく考えもせず、その場の欲しいという気持ちだけで買ってしまうこと(Weblio辞書より)」とあります。目的外の買い物が多い人は、お金の管理がルーズになる傾向があるので注意が必要です。

②サプライズやご褒美が好きなタイプか

浪費家
【画像出典元】「iStock.com/SIphotography」

サプライズでのお祝いや、プレゼントをもらえるのはうれしいものです。ただ、何かと記念日が多く、豪華な食事やアクセサリー、バッグなどを頻繁にもらっているなら危険信号です。彼自身が理由をつけて自分にご褒美の買い物をしているという場合も同じです。だんだん出費が増え、たとえ貯金をしていても、「貯まってもすぐ使ってしまう」のサイクルにハマってしまう可能性があります。

③エコ意識はあるか

ペットボトルはリサイクルに出す、本は束ねて古本屋へ持っていく、などのエコ意識もチェックしましょう。「節約」とか「もったいない」をどのくらい感じている人なのかが分かります。一人暮らしをしているのなら、冷蔵庫の中もヒントになります。肉や野菜や調味料があるなど少しは自炊をしている雰囲気を感じられるのか、食材は賞味期限切れがたまってないかなどです。エコ意識が高ければ、買いっ放しが少なくものを大切にする人なので、お金も無駄に出ていかない傾向にあります。

以上が、お付き合いをしているときに気付きたい3つのポイントです。
その他にも、お金に対する価値観を共有できるのかなども大切です。これらの特徴で全てを判断できるわけではありませんが、何かしら見えてくるものはあるでしょう。

高収入の男性なら大丈夫とは限らない

貯金がない男性
【画像出典元】「iStock.com/michellegibson」

彼が高収入であれば、多少浪費しても大丈夫では? いえいえそうでもありません。「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)平成30年」金融広報中央委員会の調べによると、金融資産がゼロの世帯は全体の約23%であるというデータとともに、高年収といわれる1000万円前後の世帯のうち金融資産ゼロの割合は約7%~10%であることも示されています。浪費グセのある男性は、収入の高低にかかわらず、あるだけ使ってしまうのかもしれません。

「お金が貯まる夫婦」と「貯まらない夫婦」の違い、特徴を実例で紹介

えっ!結婚してから夫の手取りが16万円だと知りました

結婚を考えるならお金のことも話し合える関係がいい

筆者はFPの仕事を通じて、人の性格は2つあると思うようになりました。ひとつは俗にいう性格で、もうひとつはお金を使うときの性格(金格!?)です。

冒頭で「恋愛と結婚は違う」について「好きであれば結婚したいという感情は自然だ」という思いを根拠に否定しましたが、実際はそんなに単純ではなく、さまざまな理由で分けて考えなければならないこともあります。

でも、もしお金のことがその要素になるのなら、相手の金格を知って、早い段階から一緒に改善していくという方法がとれます。もちろん、あなた自身についても客観的にチェックする必要があります。ついつい無駄遣いをしてしまって貯金がなかなか増えない、など心当たりがある人は、マネーセミナーに参加するなどして2人でお金のことを話し合う機会を設けると、少しずつ意識が変わり、素敵な未来が近づいてくるのではないでしょうか。

 

App store
Google play