MONEY

女子らしく賢くお得に暮らすために、今知っておきたいこと

横川 楓のスマート女子のススメ 横川 楓

女子らしく賢くお得に暮らすために、今知っておきたいこと

目次

季節ごとのかわいい洋服、デパコスの新商品など、欲しいものはたくさんありますよね。ほしいもの全部を買うことはないにせよ、日々の洋服や化粧品の出費も少なくはなく、それに加えて、一人暮らしで家を選ぶときは防犯のためオートロック、5階以上、自炊をするために台所も広い方がいいし、お風呂とトイレも別がいいなど、こだわりを追及すると、その分支出が増えてしまいます。

全部に全力でお金を使っていると、いつまでたっても貯金や投資に回したり、将来のためのお金を残すことができません。そんなお金のない状況を少しでも防いでいくために、女子ならではのお得な暮らし方のポイントをお話していきます。

収納を家の外にして家賃を減らす

実家暮らしなら家賃の金額をそのまま貯金に回したり、趣味に使うことができますが、一人暮らしだと、収入から家賃を引いた残りで日々の生活と貯金などのやりくりをしていかなければなりません。家賃の負担は一人暮らしの人にとっては、毎月の収入のうち一番大きな割合を占める出費なのではないでしょうか。そして、なかなか削るのが難しいのが家賃でもあります。女子はセキュリティや洋服などの収納など、気にする部分がたくさんあり、そういった細かい条件を追加すればするほど、家賃は高くなってしまうのです。セキュリティの面はなかなか妥協することが難しいですが、ここでぜひ考えてほしいのが、収納です。収納を家の外に作るのです。

収納サービスというと、「サマリーポケット」や「CARAETO」があります。段ボールに預かってほしい荷物を詰めて送り、月額の保管料を支払うというもの。両方とも預けたもの1点1点写真撮影をしてくれて、オンラインで確認することができます。「サマリーポケット」は、なんと一番安い品物の写真撮影なしで箱ごとの保管となるプランで月額250円(税抜)から。また、追加料金を支払うことでクリーニングや靴のメンテナンス、ハンガーでの保管などをすることもできます。一方、「CARAETO」は一律で月額500円(税抜)となっており、サービス内で預けている物の売買ができるのがポイント。また、両方とも取り出しの際に取り出し送料がかかります。

収納がたっぷりの広い部屋にすればするほどもちろん家賃も高くなりますが、収納スペースを削り、その分部屋の広さを狭いものにできたら、その分家賃も安く済ませることができます。収納サービスの料金は安いプランなら月/1,000円未満。場合によっては、家賃を万単位で減らせることもできるかもしれません。また、収納を家の外に作ることで、狭い部屋を少しでも広く使うことだってできます。セキュリティ面やきれいさなど、女子だからこそ気にしてしまう部分にお金をかけるためにも、削れるところを削るためにぜひ活用してほしいサービスです。

サブスクを活用して出費を減らす

①家具・家電のサブスク

おしゃれな家具や便利な家電ほどお値段がかわいくないこともしばしば。それに加えて、買った家具の組み立てや運搬など、女手一つではなかなかつらかったりもします。でもやっぱりかわいい家具をそろえて模様替えもしたい…そんなときにぴったりなのが、家具のサブスクです。

「subsclife」や「CLAS」、「airRoom」は、それぞれの商品ごとの決められた月額を支払うことにより、家具・家電を借りることができるサブスクサービスです。「subsclife」や「CLAS」は家具だけでなく家電も借りることができますが、最低利用期間が3か月となっていたり、配送料や返却手数料がかかるという点に注意しなければなりません。

一方で「airRoom」は家具だけのレンタルとなりますが、ソファーやテーブル、チェストなどテイストが統一されているものをセットで借りることができたり、送料や返品が無料、1か月からの利用が可能だったりと、とても使い勝手が良いのがポイントです。

運んで組み立てまでしてもらえますし、レンタルなので不要になったら返却。引っ越しの際に粗大ごみとして処分するという手間もかかりません。また、基本的には荷物の量によって変わる引っ越し代金も、持ち込みの家具が少ない分節約することができます。もちろんずっと使いたい気に入った家具や、長く続くことを前提とした家具なら、借り続けるより購入した方がお得です。うまく使いわけていきましょう。

②コスメのサブスク

デパコスについてはこのあとお話ししていきますが、新しい商品や今まで使ったことない商品をとりあえずいろいろ試したくて、ドラッグストアでつい買ってしまう…といった人におすすめなのは、コスメのサブスク。

中でもおすすめは「RAXY」と「BLOOMBOX」、「MylittleBox」です。「RAXY」は月額1,980円(税込)、「BLOOMBOX」は月額1,650円(税込)と安く、それぞれ自分の好みや悩みに合わせた商品がカスタマイズされ、「RAXY」は楽天ポイント、「BLOOMBOX」は@cosmeのポイントが貯まります。「MylittleBox」は月額3,350円(税込)と少しお値段がお高めですが、コスメだけでなくポーチやヘアアクセサリーなどの雑貨、オリジナル商品が入っていたりと、おしゃれで盛りだくさんな内容になっています。

コスメのサブスクは、レンタルと違い毎月月額で詰め合わせ商品を購入するというイメージで、基本的に合わないものがあっても返品はできません。しかし、どれもサンプルだけでなく現品がまるまる入っていたり、月によってはデパコスの商品が入っていることもあり、自分で買わないようなものを試せるというところと、月額以上の商品がお得な値段で手に入るというところで、中身はランダムではありますが、楽しみながら日々のコスメの出費を抑える手助けになるはず。

デパコス好きにはデパートの「友の会」もおすすめ

高いけど、やっぱりほしいデパコス。友達へのプレゼントにもデパコスのリップなどを選んだりもしますし、なんだかんだ買う機会が多いのではないでしょうか。そんなデパコスをよく買うという人におすすめなのが、デパートの「友の会」に入会して行う積み立てです。

簡単に言えば、銀行の定期預金をデパートでするイメージ。毎月一定額を満期まで積み立てていくことにより、満期に積み立てた金額+ボーナスを受け取ることができます。どのくらいのボーナスとなるかは、デパートによって変わりますが、例えば毎月5,000円を12か月積み立てると、満期には60,000円とボーナスで1か月分の5,000円が上乗せされた65,000円を受け取ることができます。三越、伊勢丹、大丸、松坂屋、阪急百貨店など大手のデパートにはたいてい友の会があり、友の会に入っていることにより特別なセールに参加できたり、買い物の際やレストランで割引を受けられるというメリットも。

注意しなければいけないのが、満期になった際には現金ではなく商品券や友の会に入会したデパートでしか使えないカードの形で受け取ることになるということ。とはいえ、基本的には同じデパートで買い物することがほとんどだと思うので、来年以降のデパコス出費のために貯金をするイメージで、ボーナスがある友の会の積み立てをしてみるのもいいかもしれません。

欲しいものを我慢しすぎてもストレスがたまりますし、こだわりを妥協すると危ない目にあってしまうことも。とはいえ、そういったものにお金をかけすぎてカツカツな暮らしをしていると、それもストレスになるし、お金も貯まっていかないという悪循環に陥ってしまいます。少しでもお金に余裕がうまれるよう、こういったサービスをうまく活用して、日々の暮らしをお得にすることを心がけていきましょう!

App store
Google play