MONEY

3つの壁?パートを始める前に!知らなきゃ損するお金の話

そなえる

3つの壁?パートを始める前に!知らなきゃ損するお金の話

sureeporn/iStock/Thinkstock

目次

サラリーマンの収入が伸び悩むなか、パートで家計を支える女性の数も増えています。でも、パートを始める前に税金や保険料についても少し考えてみてください。パート収入の金額によっては、家計全体の収入が下がってしまう場合もあるのです。せっかく働くのなら、働く時間についても賢く節約したいもの。今回はどのくらい働けば、家計にとって一番お得になるのか、解説していきます。

「103万円の壁」「130万円の壁」などの収入の壁って何?

Suwanmanee99/iStock/Thinkstock

夫がサラリーマンで定期的な収入がある場合、妻が一定の収入を得ていても、さまざまな税金の優遇を受けることができます。その一例が「103万円の壁」。なんとなく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

「103万円の壁」とは、妻の年間収入が103万円以下の場合は夫の扶養範囲内となり、妻は所得税を払わずに済むというもの。一方「130万円の壁」とは年金や健康保険料等の社会保険料の壁。妻の年間収入が130万円を超えると、こうした社会保険料の負担額が大きく変わってくるのです。

「103万円の壁」は税金面で一番のメリットがある

DGM007/iStock/Thinkstock

パートで働く際には「103万円の壁」に気をつけましょう。ココでのポイントは「税金を自分で払うかどうか」です。給与の年収が103万円以下であれば、給与所得控除65万円+基礎控除38万円の方が高くなるため、所得税は課されません。さらに、103万円以下の場合は夫の扶養下ですから、夫の所得からさらに「配偶者控除」38万円を差し引くことができます。

このように家計にとって2重に有利なのが「103万円の壁」です。パート収入が103万円を超えないようにパート時間を調整するのが、賢い働き方といえます。

では、妻の収入が103万円を超えてしまったらどうなるのでしょうか。この場合、妻の収入に所得税が課されるようになります。夫の所得から差し引かれる「配偶者控除」は妻の収入が141万円未満までは「配偶者特別控除」が適用され、夫の収入から特別控除額を差し引くことはできますが、その額は妻の収入が増えるにつれて減っていってしまいます(下表参照)。

◆配偶者特別控除の控除額
妻の収入が
103万円超~105万円未満→38万円
105万円以上~110万円未満→36万円
110万円以上~115万円未満→31万円
115万円以上~120万円未満→26万円
120万円以上~125万円未満→21万円
125万円以上~130万円未満→16万円
130万円以上~135万円未満→11万円
135万円以上~140万円未満→6万円
140万円以上~141万円未満→3万円

実は「103万円の壁」の前にもう一つ「100万円の壁」も存在します。これは、年収100万円超になると一律10%の住民税が課されるため。税金ゼロで収入を得るためにベストな収入は年収100万円以下なのです。

新たに加わる「106万円の壁」は厚生年金の加入条件

さらに、2016年の10月からは以下のような条件で厚生年金への加入が必要となります。
・週20時間以上労働
・年収106万円以上
・勤務期間1年以上
・501人以上の従業員のいる企業

当面は従業員数501人以上の大きな企業に1年以上勤務の方に限られますが、国は対象を広げる予定だそうです。今後の動向に注意が必要ですね。

「130万円の壁」は社会保険の壁

Liderina/iStock/Thinkstock

最後に、妻に130万円以上の所得がある場合、夫の扶養から離れ、妻は社会保険に加入せねばなりません。つまり、「130万円の壁」を越えてしまうと、年収は増えても社会保険料の負担が大きくなってしまうのです。こうした負担が一番大きいのが妻の年収が130万円~154万円のレッドゾーン。収入が増えたはずなのに、世帯収入としては逆に下がってしまいます。こうなると、働き損ですね。また、141万円を超えると夫の配偶者特別控除も適用されなくなります。

パートで働く場合は、130万円以下で調整するか、頑張って155万円以上を目指すか、どちらかを選択するのが賢い働き方です。


2017年1月に廃止されることが検討されている「配偶者控除」。まだ検討段階ですから、これからパートを始める方は、それぞれの壁をきちんと理解しておきましょう。そして、働く時間と税金と収入を考え、賢い働き方を選びましょう。

App store
Google play