お金

新幹線、eチケットなら最大50%割引!?賢い新幹線の使い方

ためる

新幹線、eチケットなら最大50%割引!?賢い新幹線の使い方

【画像出典元】「 beeboys- stock.adobe.com」

新幹線は速くて便利ですが、その分料金が高くなるのが難点。片道だけで何万円もかかることもあります。そんな時は「新幹線eチケットサービス」というサービスで料金を安く抑えられたり、席をアップグレードしたりできるんです。

今回は、新幹線を利用する前に知っておきたい「新幹線eチケットサービス」の仕組みや利点について紹介します。

知っておきたい新幹線の料金の仕組み

新幹線の席(一般車両)
【画像出典元】「oka- stock.adobe.com」

まずは、普通列車とは少し異なる、新幹線の料金体制を解説します。

新幹線の料金

新幹線の料金は、運賃+特急料金(新幹線特急料金)の2つの合計金額となります。運賃も特急料金も、乗車距離の長さに応じて、金額が高くなります。

運賃や特急料金は、新幹線のタイプ問わず同額です。ただし例外として、「のぞみ号」「みずほ号」「はやぶさ号」「こまち号」の4車両については、やや割高に設定されています。

自由席、指定席、グリーン席

新幹線は、座る席によっても料金が異なります。

【自由席】
追加料金なし。普通列車のように空いている席に自由に座る形となる。
【指定席】
自由席の料金に330~1370円上乗せされる。窓際など自分の好きな席を指定して座れる。
【グリーン席】
指定席よりもさらに数千円高くなる(詳細は「JR東日本 グリーン券」)。席が広くゆったりしている。おしぼり提供、フットレスト完備、コンセント完備、ミニテーブル完備など、サービスや設備がより充実している(ただし車両によっても異なる)。

季節による変動

新幹線は、利用する時期によっても料金が変動します。

通常期・・・料金変更なし。
繁忙期・・・通常期よりも200円高くなる。正月、夏休み、ゴールデンウィークなどが該当。
閑散期・・・通常期よりも200円安くなる。2月、6月、11月などオフシーズンが該当。

新幹線eチケットサービスとは?

駅のホームとITネットワークテクノロジーが合わさったイメージ
【画像出典元】「 metamorworks- stock.adobe.com」

ここでは、「新幹線eチケットサービス」の仕組み、利用方法、特典などを紹介します。

どんなサービス?

「新幹線eチケットサービス」とは、きっぷを受け取ることなく、交通系ICカード・モバイルSuicaなどを自動改札機にタッチするだけで、新幹線が利用できるサービスです。

JR東日本が提供するWeb上での指定券予約サービス「えきねっと」内のサービスの一つとなります。

どうやって利用する?

ICカード用の駅の自動改札口
【画像出典元】「 beeboys- stock.adobe.com」

えきねっとのWeb画面から、日時、経路、人数等を指定して、購入手続きを行います(えきねっとの会員登録が必要になります)。購入手続きが完了すると、指定した交通系ICカード・モバイルSuicaに購入情報が反映されます。

あとは、そのICカードもしくはモバイルSuicaの入ったスマホを、改札口の自動改札機にかざすと、紙のきっぷなしで新幹線が利用できるようになります。

さまざまな特典がある

新幹線eチケットサービスは新幹線の利用がスムーズになるだけでなく、運賃が割安になる特典が豊富に用意されています。

【新幹線eチケットサービス利用時の特典】
・最大50%割引もある「えきねっとトクだ値」(詳細後述)
・JRE POINT特典チケット(詳細後述)
・大人の休日倶楽部割引
・往復割引
・株主優待割引
・指定席が一律200円割引
など

早く予約すると、どれくらい割引されてお得なの?

新幹線で出張にでかけるビジネスマン(顔なし)
【画像出典元】「 naka- stock.adobe.com」

新幹線eチケットサービスでは、早く予約すると運賃や特急料金が割安になる特典商品「えきねっとトクだ値」が用意されています。

えきねっとトクだ値の割引率は以下の通りとなります。

【えきねっとトクだ値の割引率】
当日までの申込み:5~40%割引
13日前までの申込み:25~40%割引
20日前までの申込み:50%割引

例として、東京→新函館北斗を「はやぶさ」で移動した場合、通常価格は2万3230円となりますが、20日前までに申込むと、50%割引が適用され、1万1610円となります。

JR東日本以外の新幹線を利用する場合は?

えきねっとトクだ値の割引対象となるのは、JR東日本+JR北海道の新幹線のみです。

東海道、山陽新幹線を利用する場合は、JR東海、JR西日本が運営する「スマートEX」を使うことで、東海道、山陽新幹線のネット上からの新幹線予約、料金割引などが受けられるようになります。またスマートEXの上位版サービスとして「エキスプレス予約」があり、こちらは年会費が1100円(税込)発生しますが、スマートEXより割引金額が大きくなるなどの特典が用意されています。

「えきねっと」から予約して、JRE POINTを貯めよう!

ポイントを手でつかむイラスト
【画像出典元】「 Spica- stock.adobe.com」

続いて、えきねっとで予約すると貯まるポイントサービス「JRE POINT」の仕組みや利点を紹介します。

JRE POINTの貯め方

「JRE POINT」はJRのさまざなサービスや施設で利用できるポイントです。JRE POINTは、えきねっと内で以下のようなサービスを予約すると、支払った金額に応じて付与されます。

【JRE POINTが貯まるサービス】
・JRきっぷ
・JRツアー
・JRレンタカー

前述したような、えきねっと内の新幹線eチケットサービスから新幹線きっぷを予約した場合にも、JRE POINTは付与されます。

JRE POINTは新幹線eチケットサービスで再利用できる

貯まったJRE POINTは、新幹線eチケットサービス内の特典「JRE POINT特典チケット」、もしくは「JRE POINTアップグレード」として利用できます。

JRE POINT特典チケット・・・ポイントを使って、新幹線の乗車料金を安くできる
JRE POINTアップグレード・・・ポイントを使って、新幹線の席をグリーン席やその上のグランクラス席にアップグレードできる

その他の使い道

貯まったJRE POINTは、えきねっと以外にも以下のようなサービスや施設で利用できます。

・駅ビル内のお店(JRE POINT対応の店舗)
・JRE MALL(JRが運営するオンラインショッピングサイト)
・Suicaにチャージ(1ポイント1円相当)
・商品券・Suicaのペンギングッズなどに交換
など



以上のようにえきねっとや新幹線eチケットサービスを活用することで、高額になりがちな新幹線の料金を抑えることが可能です。特に普段から旅行や出張で新幹線によく乗る人であればその恩恵も大きくなります。ぜひこれらを活用して賢く新幹線を利用してみてはいかがでしょう。