パリ仕込みのセンスで“お弁当”に新たな価値を!「park」寺元力さんに聞く10の質問
PICK UP

パリ仕込みのセンスで“お弁当”に新たな価値を!「park」寺元力さんに聞く10の質問

お金にまつわる10の質問

目次

「お金」についての毎回決まった質問に、人気店のオーナーやデザイナーなどさまざまな分野で活躍する方々に答えていただくmymo人気企画「お金にまつわる10の質問」。

▼関連記事
お金は“気持ちを伝えるツール”のひとつ。「チコパン」諸岡稚子さんに聞く10の質問 -

幸せを感じるモノたちと一緒に。「81」松尾 芙美さんに聞く10の質問 -

第8回は、味はもちろん、カラフルで目にも美味しいお弁当を提供している「park」代表の寺元力さん。オープン2ヵ月目にして、早くもリピーター続出、多数のメディア取材を受ける大注目のお弁当屋さんです。

それでは「10の質問」スタート!

①	いま一番欲しいものと、その価格、理由を教えてください

① いま一番欲しいものと、その価格、理由を教えてください

車の運転免許です。教習所の費用はたぶん30万円くらいじゃないでしょうか。今月末(取材時4月)に子どもが生まれる予定なので、免許があるといいかも…と思っています。

【写真:彩りの美しい「park bento」1380円】

②	いまどんなお財布を使っていますか?

② いまどんなお財布を使っていますか?

<cocomeister(ココマイスター)>というブランドの長財布です。色はグリーン。3年くらい前に自分で購入しました。物にあまり執着しないほうなので、どこでこの財布を知ったのかも覚えていないんですが、日本の職人さんが手仕事で作ったもので、確か3万円くらいだったと思います。

③ いま1万円渡されたら、何に使いますか?

子どものための何かを買います。おむつとか服とか…初めてのことなので、まだどんなものが必要なのかあまり分からなくて。これから揃えていくところです。

④	これまでに一番有意義だったと思うお金の使い方はなんですか?

④ これまでに一番有意義だったと思うお金の使い方はなんですか?

基本的には、全部「有意義なお金」です。お金を使うとき、それに対して意味をつけるのは自分自身だと思うので、そこから何か学ぶことができれば有意義なことになるんじゃないかと思います。

しいて言えば、学生時代に本を買うために使ったお金でしょうか。自分でもよく分かっていないのに、小学生の頃からなぜか夢は「社長さん」だったんです。

ずっと起業したいという思いがあり、20代のうちに必ずお店を出そうと思って、大学2年生の時に自己啓発やビジネス系の書籍を年間250冊くらいは読みました。

バイト代や奨学金などもほぼ全部つぎ込んでいたので、月平均3~4万円くらいは使っていたかも。その頃読んだ本の内容が今の自分の思考ベースになっています。

⑤	反対に、一番失敗したと思うお金の使い方はなんですか?

⑤ 反対に、一番失敗したと思うお金の使い方はなんですか?

うーん…そもそも「失敗」という概念がないんですよ。お金に限らず、何でも自分が無駄だと思ったら無駄になると思うんですよね。

例えば、さっきの「欲しいもの」にも繋がるんですが、大学生の頃、車の運転免許を取るために一度自動車教習所に通ったことがあるんです。でも、その当時は面白くなくて、途中で辞めてしまって。お金は半分くらい払った後だったので15万円くらいは使ってしまったことになるのかな。

でも、自動車学校に通うはずの時間を使って他のことを楽しめたし、今こうしてひとつネタになってますしね(笑)。

⑥	これまでにした一番高い買い物を教えてください(家・車以外で)

⑥ これまでにした一番高い買い物を教えてください(家・車以外で)

このお店の開業資金です。店舗取得から内装設備や備品、保険など全部あわせて300万円弱くらいで、かなり抑えられたと思います。通常、飲食店の開業には約1000万円はかかるといわれていて、自己資金を貯めるのにすごく時間がかかったり、500万円以上借入をしたりすることが多いんです。

そうなると失敗したときにリカバリーするのが大変なので、「20代のうちに開業する」「低資金で始める」と決めていました。そのためにグラフィックなどのデザイン関係は自分で行い、内装や設備も最低限のもので抑えました。

お弁当屋さんとしては珍しいオープンキッチンにしたのも、壁を作ると費用がかかってしまうから。結果的にお客さまに作業の全部をお見せできるので信頼してもらえますし、コミュニケーションもとりやすいので良かったと思います。

僕が作りたかったのは、お弁当そのものというよりも、“お気に入りのお店で美味しいお弁当を買って、お気に入りの場所で楽しむ”という、一連の流れを味わえる“場”を作る「お弁当屋さん」。

うちのようなスタイルが流行れば、真似をするところが出てくる。そうすれば、お弁当業界全体のアップデートに繋がると思うので大歓迎ですね。

⑦	これにはお金を惜しまないというのは何?

⑦ これにはお金を惜しまないというのは何?

やりたいことをやるためにはお金は惜しみません。留学もそうだし、お店をやるのもそう。何かをするときに、楽しいか楽しくないかというのはすごく大事なことだと思います。

実は、大学を卒業するときに一度会社員を経験してみたほうがいいとすすめられて企業に就職したんです。でも、ストレスで体を壊して4ヵ月で退職しました。自分の中でそこまで無理をしているという感覚はなかったんですが、人間本当にやりたくないことはできないんだと気がつきました。

だから「失敗したらどうしよう」ではなく、やりたいことはまずやってみる。例えば、もしこのお店が失敗したとしてもまだ30歳ですし、借入は350万円程度でちょっと高い車を買ったくらいの金額なので、頑張れば返せます。

店舗運営にチャレンジした経験はプラスになるはずだし、今までなんとかならなかったことはないからなんとでもなる!と思っています。

⑧ 自分なりの独自のお金ルールはありますか?

特にありません…「借入をするならきちんとしたところから」ということと、「お札の向きは揃える」ですかね(笑)。

⑨	お金は貯める派? 使う派?それはなぜ?

⑨ お金は貯める派? 使う派?それはなぜ?

20代まではやりたいことをやると決めていたので「使う派」でした。これからは家族が増えるので、「貯める派」に変わりたいと思います。

⑩	お金はあなたにとってどんな存在ですか?

⑩ お金はあなたにとってどんな存在ですか?

「いろいろな世界を見せてくれるもの」です。僕はお金がそんなになくても幸せに生きていける自信はあります。今までもお金は貯まらなかったけど、やりたいことをやってめちゃくちゃ楽しく生きてきたので。

でも、お金がないと体験できないこともあると思うんです。例えば三ツ星レストランで食事をするとか、留学するとか。僕自身、学生時代にパリに留学できたのは貴重な体験でした。

その後、ワーキングホリデーで再びパリに行ったときには、日本人がやっている「BENTO&GO!」というお弁当屋さんと出会いました。「オシャレで美味しくて、お客さんとのコミュニケーションがしっかりとれている」。今まで自分が持っていたお弁当屋さんのイメージが覆されて、こんなお弁当屋さんがご近所にあったらうれしいな…と思い、自分も挑戦することにしたんです。

【写真:若鶏の照り焼き弁当 M720円】

「お弁当」は世界で通用するのに、日本では今、その価値が低すぎる。僕は500円以下のお弁当は作らないと決めています。その価格では納得のいくものは作れないし、たくさん作っても利幅が少なくて疲弊するだけ。

【写真:mini bento box 600円】

そんな日本のお弁当業界を変えていきたいし、働いている人たちにも幸せだと思ってほしい。店舗も増やしたいし、海外進出や料理教室、プロデュース事業などやりたいことは山ほどあります!

美味しくて見た目も楽しくて、800円以上出しても買いたくなるお弁当が買える、「新しい街のお弁当やさん」として、ここから発信を続けていきたいです。

BENTO MENU
・mini bento box(日替わり)600円
・弁当4種 S640円 M720円 L780円
・park bento 1380円
※文中の価格はすべて税別

park代表 寺元 力

park代表 寺元 力

“My favorite Time”をコンセプトにした街の新しいお弁当屋さん、「park」代表。平成元年大阪生まれ。九州大学で建築デザインを学んだ後、料理の世界へ。2度の渡仏経験を持ち、ミシュラン掲載店のフレンチレストラン”le petit vingtième”やパリ3区の人気弁当店“BENTO&GO!”などで腕を磨く。2019年2月に開業し、味はもちろん目にも美味しいお弁当を作り、お弁当業界全体のアップデートをかなえるべく挑戦中。

park
福岡市早良区祖原14-20
TEL 092-407-3321
営業時間(月・水~日11:00~15:00/16:00~20:00) 火・第3月曜休

HP
Instagram
note

App store
Google play