LIFE

麹甘酒って意外と簡単!レシピと効能教えます!

1000円でかなうコト

麹甘酒って意外と簡単!レシピと効能教えます!

目次

寒い時の飲み物としてのイメージが強い麹甘酒。でも実は夏バテ予防にも非常に効果的なんです。また、加熱せずに飲むことで生きた栄養を体内に取り込めるから、美容と健康に大きな効果をもたらします。作り方はとっても簡単。1時間ほど手をかければ、あとはほったらかしで炊飯器におまかせです!さあ、一緒に滋養たっぷり甘酒の世界をのぞいてみましょう。

つきっきりなのは最初の1時間!意外と簡単甘酒レシピ

麹から作る甘酒ってなんだか難しそうだし時間もかかりそう。そんなイメージのある甘酒ですが、実はとっても簡単にできちゃうんです。所用時間は12時間。「ちっとも簡単じゃない!」って思いますか?
いえいえ、おかゆを作って60度までに冷めるまで約1時間。そのあとは炊飯器保温で放置だから仕事をしていても、もちろん眠っちゃっても問題ありません。
まずは分量から。

・米・・・一合
・水・・・三合
・乾燥麹・・・250g

最初に米と水を火にかけおかゆにします。
60℃まで冷ましたら乾燥麹を手でほぐしいれて、55℃の状態で炊飯器に入れ保温。
時間は10時間~最大12時間。夜仕込んだら朝まですることは何もなし。翌朝には生きた麹菌の美味しい甘酒が出来上がっています。
保存は冷蔵庫で10日ほど大丈夫です。

甘酒の美味しいアレンジレシピ

morinaga

甘酒は加熱することで酵素が死んでしまいます。だから一番いいのは加熱せずに冷たいデザートと合わせること。そのまま冷やし甘酒として食べてもいいですが、毎日同じじゃ飽きますよね。
そこでこんな食べ方がおすすめ。まずはヨーグルトにかけて。甘酒の優しい甘みがヨーグルトをまろやかにします。甘酒の味が苦手な人はアイスクリームと混ぜると気になりません。
さらにおすすめなのは牛乳や豆乳で割って飲むこと。コクのあるすっきりした甘さのデザートドリンクになります。昔懐かしいおやつ牛乳かんに加えると甘みと栄養価がアップ。
パインの缶詰と甘酒をミキサーで混ぜてレモン汁を絞ると、美容と健康にいいトロピカルドリンクの出来上がり!自由な発想で、あなただけの甘酒レシピを見つけてください。

飲む点滴甘酒の知られざる美容健康効果!

甘酒が「飲む点滴」といわれるほど栄養価が高いのはよく知られていますが、ではその栄養は美容と健康にどんな効果をもたらすのでしょうか。
まず、甘酒にはパントテン酸という物質が含まれており、その物質はビタミンC の働きを助ける性質があります。ビタミンCは、美肌には欠かせません。さらにビオチンという成分がコラーゲンや頭皮の生成を助けるので、美髪にも効果があります。
「飲む点滴」とまで言われる甘酒ですから夏バテ、滋養強壮にはとても効果を発揮してくれますし、プチ断食などの栄養補給にもうってつけ。整腸作用もあり、腸内環境を正常に整えてくれる効果も。こんなに多くの効果があるなんて驚きですね!

夕食後の1時間、ちょっとだけ手間をかけて炊飯器で保温しておけば、翌朝美容と健康にいいあなたなりのスーパーフードの出来上がり。
こんなにたくさんの効果がある甘酒なら、今すぐにでも飲みたくなっちゃいますよね。10日に一度の1時間、美しさのために甘酒を仕込んでみませんか?

App store
Google play