LIFE

東南アジアで人気!! 1台で蚊取り+空気清浄機

5万円でかなうコト

東南アジアで人気!! 1台で蚊取り+空気清浄機

Tharakorn/iStock/Thinkstock

目次

暑くなるにつれて蚊の活動も活発に。ブーンという羽音や刺されたときのかゆみといったら、夏の夜をいっそう寝苦しくさせますね。世界初、蚊取り機能がある空気清浄機がシャープから発売されました。先行発売された東南アジアでは大人気という空気清浄機の仕組みをご紹介します。

蚊媒介の伝染病、世界で拡大!今こそ必要な画期的空気清浄機

danishkhan/iStock/Thinkstock

地球温暖化の影響で蚊の活動区域や活動時期が拡大中の今、マラリヤ、デング熱、ジカ熱など蚊が媒介して感染する病気が増加傾向にあります。
日本で蚊が媒介する病気といえば日本脳炎が知られていますが、国内でデング熱に感染した症例も出て、これまで以上に蚊の対策は切実な問題になっています。
蚊取りグッズといえば蚊取りスプレーや蚊取り線香など、薬剤の殺虫成分を使うものでした。
薬剤の人体への被害はとても少ないとはいいますが、乳幼児やペットへの影響を心配する人、においが苦手という人は多いのではないでしょうか。
そこでお勧めなのが、今春から、シャープが発売している薬剤を使わずに蚊を捕獲する画期的な空気清浄機。
昨年10月に先行発売を始めた東南アジア6カ国では、すでに予想の2倍近く売り上げるほどの人気を集めています。

蚊の習性を徹底研究!薬剤なしの蚊対策が可能に!

蚊が媒介する伝染病が多い東南アジアでは、夏のみがシーズンの日本とは異なり、日常的に蚊への対策が必要で、薬剤の使用量も多くなります。それだけに薬剤を用いない蚊対策グッズが切望されています。
その期待を受けて開発に携わったのがシャープ・エレクトロニクス・マレーシア。マレーシア保険省医療研究所の協力で、1万匹以上の蚊を使い、蚊を捕獲する研究を重ねました。
その結果、蚊は360nmの紫外線に近寄ること、目立たない色・黒を好むこと、暗がりや物陰に隠れる習性があることを発見。
UVライトを搭載し、本体の色はブラックを採用。誘い込む小窓は蚊が集まりやすいサイズにしてあります。
ライトに魅かれて空気清浄機に近寄ってきた蚊を空気清浄機の風で吸い込み、蚊取りシートの粘着面で捕獲する仕組みです。
シートの交換時期はランプがお知らせ。使用後の蚊取りシートは、2つに折りたたんで捨てられます。
実験によると、日本に多く存在する「アカイエカ」は約95%、「チカイエカ」は約98%、「ヒトスジシマカ」は約88%の捕獲率でした。薬剤を使わずに蚊をしっかり捕獲できるのはうれしいですね。

プラズマクラスターで空気の汚れもすばやく浄化

カメラのキタムラ 楽天市場店 プラズマクラスター空気清浄機「蚊取空清」

世界初の蚊取り機能が注目されているプラズマクラスター空気清浄機「蚊取空清 (FU-GK50)」ですが、空気清浄機としても高機能を備えています。
プラズマクラスターが働いて静電気を除去し、微小な粒子が壁などに付着するのを防ぎます。浮遊しているカビ菌の除菌やウイルスの作用を抑える効果も期待できますよ。
スピード循環気流はホコリを引き寄せ、部屋全体の空気の汚れをすばやく浄化します。3枚のフィルターはしっかり集じん・脱臭し、静電気の発生を抑制し肌の水分量を増やす効果もあります。
春や秋の花粉の季節に役立つ「花粉運転」があるのもうれしいですね。オープン価格ですが、市場参考価格は5万円前後です。
プラズマクラスター空気清浄機「蚊取空清 (FU-GK50)」


蚊取り機能のある空気清浄機だったら、薬剤の散布で室内の空気を汚す心配がありませんね。ホコリを吸じんし、カビ菌を除菌するなど、赤ちゃんやペットにもうれしい機能がいっぱいです。この夏の蚊対策グッズに考えてみませんか?

App store
Google play