LIFE

仕事サクサク!マウスいらずの時短キーボードショートカット

0円でかなうコト

仕事サクサク!マウスいらずの時短キーボードショートカット

Ingram Publishing/Thinkstock

目次

マウスを使わずキーボードで操作する「ショートカットキー」。マウスに手を伸ばす動作も、何度も繰り返すと大きなロスになっています。「ちりつも時短」を効率アップの合言葉に、Windowsユーザーが今日からすぐに使えるショートカットキーをご紹介します。

PC画面上でのタブ移動が指2本!ネットサーフィンもサクサク

仕事でパソコンを使わないという人も、毎日のネットサーフィンを快適にできます。ネット通販で商品を見比べたいときなど、複数のタブを行き来することもありますよね。

「Ctrl」と「Tab」を同時に押すと、左から右へタブを移動できます。タブを移動しているうちにもう必要のないタブを発見したら、「Ctrl + W」でいま表示しているタブを閉じられます。開きすぎたタブを効率よく整理できますね。反対に、新しいタブを開くときは「Ctrl + T」を使います。

ネットサーフィンもスイスイ、ちりつも時短!

「Ctrl」と「Shift」でエクセルとワードを使いこなす!

Ingram Publishing/iStock/Thinkstock

仕事でパソコンに向かう人は、エクセルやワードを使う機会が多いのではないでしょうか。

文字やセルの選択は「Shift」と矢印のカーソルキーを使います。「Shift」を押しながらカーソルを動かした分だけ、グレースケールになって選択されていきます。選択した部分のコピーは「Ctrl + C」、カットは「Ctrl + X」です。コピーの「C」、バツの「X」などと覚えると定着しやすいですね。そしてコピーやカットしたものを貼り付けるには「Ctrl + V」です。よく使うコピー・カット・貼り付けはキーボード上3つ並んでいるので覚えやすいですね。

作業をしていて、ひとつ前の操作を取り消したいときがありますよね。「戻る」は「Ctrl + Z」、また、「進む」は「Ctrl + Y」です。そして必ず使う機能、「保存」は「Ctrl + S」。ファイルの編集中は上書き、新規ファイルは「名前を付けて保存」になります。

これらはショートカットキーのほんの一部ですが、これだけでもかなりのちりつも時短!効率アップを実感できるはずです。

できる人は指2本でパソコン内を駆け回る!

調べものをしながら文書作成をするときには、インターネットとエクセル、ワードなどアプリ間を移動する必要が出てきますよね。「Alt + Tab」で表示するアプリを瞬時に切り替えられます。

エクスプローラを開く「Windows + E」は複数のファイルを同時に処理する場合に便利。すでに紹介した「Ctrl」と「Shift」を使った操作が、エクスプローラ内でのファイルやフォルダの整理にも応用できます。

ここまでくると本当にマウスいらずです。移動中の膝の上やカフェの狭いテーブルでもノートパソコンを使って快適に仕事ができますね。ちょっとしたすきま時間も効率よく、ちりつも時短を取り入れていきましょう。

Windowsマニアに朗報!消えたスタートボタンを出す方法

Windows 8から「スタート」がなくなり、不便さを感じていませんか?

「スタート」に似た、いろいろな機能に飛ぶことができる便利なショートカットキーがあります。「Windows +M」で、開いている全ての画面の最小化が可能。一つずつタブを消す手間が省けるので、たくさんのタブを開いて作業する人にはオススメです。また、「Windows + X」で、画面の左下に、コントロールパネルやエクスプローラなどよく使う機能が一覧で表示されます。サインアウトもここからすぐできるので、仕事でパソコンを共有する環境ではとても便利ですね。デスクトップユーザーの切り替えを効率よく行えるので、オフィス全体でちりつも時短できてしまいます。


キーボードひとつでパソコンをあやつる姿には、デキる雰囲気を感じますね。マウスを見ない分、集中力も保てます。少しずつショートカットキーを覚えて、ちりつも時短に励みましょう!

App store
Google play