LIFE

進化する有田焼と、贈り物の心得

暮らしをコンシェる? 山口 玲香

進化する有田焼と、贈り物の心得

目次

こんにちは!「暮らしをコンシェる?」の山口玲香です。

毎年、有田陶器市は楽しみに出かけている!という方も多いのでは??

福岡県民にも馴染み深い有田焼。なんと、2016年に創業400年を迎えるってご存知でしたか??

それに伴い、世界で活躍する8か国16組のデザイナーが有田焼の窯元・商社と組んで、新しいプロダクトの開発を行う「2016/project」が行われているのです。


えー!!このモダンな器は有田焼なの??と初めて目にした方は驚くかもしれません。

1616 / Arita Japanは、有田焼の新しい器のシリーズです。



気にはなっていたのですが、先日、結婚祝いにとプレゼントしていただきました!!

ね?素敵でしょう??!

欲しいものだったので、めちゃくちゃ嬉しくて、ブログにもアップ♪

デザイン性と使いやすさを兼ね備えています。

先日、また別の方からお祝いをいただいたのですが…

「ブログに載せていたものと同じシリーズの器です」と言われ、ワクワクしながら包装を開けると…

キター!!!!

1616シリーズ!!

嬉しい!!!ありがたい!!

 

毎日の食事作りが楽しくなります。

大切に使います。

 

贈り物選びって難しいけれど、贈る相手の事を思って、どんなもの好みなのか?必要なのか?とリサーチしてくださったからこその、どストライクなチョイス。こんな素敵な贈り物選びが出来る人になりたいものです。

ちなみに、1616 / Arita Japan シリーズは、柳原照弘氏がクリエイティブディレクターを務め、陶磁器の可能性を試みた新しい素材を用いながらも、多様な食生活に対応する「スタンダード」のデザインを担当。

オランダ人デザイナー、ショルテン&バーイングス氏が「カラーポーセリン」と呼ばれる日本の伝統色を再解釈して2人のデザイナーで新たなシリーズを生み出したそうですよ。

これから、益々の進化が楽しみな有田焼からも目が離せませんね!



 

App store
Google play