LIFE

音楽を奏でるテーブル「SOUND TABLE」がすごい!

10万円でかなうコト

目次

KAMARQ(カマルク)から発表されたスピーカー内蔵型テーブル「SOUND TABLE」。音を奏でるテーブルが、あなたの世界を広くする! お家でのくつろぎの時間や、友達とのパーティーなど、さまざまなシーンで活躍しそうです。 

”スピーカー内蔵型テーブル”という新しい発想

KAMARQ(カマルク)は、家具とITを融合させた新しいプロダクトを提案するIoT家具ベンチャーです。そのKAMARQが発表したのが”スピーカー内蔵型テーブル”である「SOUND TABLE」です。今までは別々にそろえていた、テーブルとスピーカーを融合させるという新しい発想で、生活居住空間を広く、そして快適にします。

「SOUND TABLE」はただ音が鳴るだけではありません

SOUND TABLE

「SOUND TABLE」はただ単に音が鳴るテーブル…というわけではありません。”スピーカー付きテーブル”ではなく”テーブルそのものがスピーカー”なのです。振動で音を出すという新しい技術で、テーブルの天板全体から音が響き渡ります。テーブル自体にはスピーカー開口部がないため、見た目はスタイリッシュでシンプルなインテリアそのもの。限られた空間を広く見せることができる「SOUND TABLE」のデザインは、数々の代表作を手掛ける建築・インテリアデザイン事務所「intentionallies」代表の鄭秀和氏がプロデュースしています。

テーブル側面には電源とUSBを完備

テーブル側面にUSBと電源が完備

 テーブルの側面にはUSB端子と電源が完備されています。調理器具の電源に、スマートフォンの充電に。使いたいときにすぐに使えて、コードも目立たず気にならない場所にセッティングされています。「SOUND TABLE」の上でPCのデスクワーク作業をしたいときにも重宝しそうです。夜の時間帯に読書灯を照らすのもいいかもしれません。

スマートフォンからワンタッチで音楽を流せる

スマートフォンから音楽を流せる

「SOUND TABLE」で音楽を流すにはスマートフォンから専用アプリで操作するだけ。ワンタッチで好きな曲を、好きなタイミングで自由にかけることができます。もちろんBluetooth再生も可能なので、遠隔操作で音楽のセレクトができます。また、専用アプリには自分の住んでいる地域を設定できるようになっており、その日の天気に合わせたサウンドを自動で流せるシステムになっています。雨の日に聴きたい音楽と、晴れの日に聴きたい音楽って違いますよね。そんな転換ができるのも「SOUND TABLE」だからこそ。

「SOUND TABLE」で暮らしを豊かに

SOUND TABLEでパーティ

 「SOUND TABLE」があれば、日常のあらゆるシーンが豊かになります。友人の集まるパーティで、食卓の主役であるテーブルが楽しい音楽を奏でて場を盛り上げます。1人でゆっくりしたい日には、ベッドからスマートフォンでリラクゼーションミュージックをかけることも可能ですし、明け方にセットして目覚ましとして好きな音楽をかけることもできます。

テーブルの種類には、ベッドサイドテーブル、ローテーブル、ダイニングテーブルがあり、価格は4万4800円(税別)~。用途に合わせて購入したいですね。


テーブルから音楽が響くなんて、まるで夢のようですよね! デザイン自体はシンプルだからこそ、リビングや仕事部屋など、どんな部屋にでも合うのも魅力です。あなたもKAMARQの新発想「SOUND TABLE」で、いつもの暮らしをもっと豊かにしてみませんか?

「SOUND TABLE」

App store
Google play