MONEY

夫や子供もキャッシュレス!家族で現金を使わない生活にチャレンジ

私のキャッシュレス生活 伊藤 志保

夫や子供もキャッシュレス!家族で現金を使わない生活にチャレンジ

目次

監修・ライター

伊藤 志保

デジタルライフクリエイター

伊藤 志保

ファイナンシャル・プランナー

こんにちはキャッシュレスアドバイザー&ファイナンシャルプランナー 伊藤です。
政府や民間企業の働きかけによって、キャッシュレス化が少しばかり進んできているように思う今日この頃ですが、みなさんはキャッシュレス、していますか?

このコラムと世の流れに押されるように、私自身の日常生活はほぼキャッシュレス化へと移行しました。が、私自身の家庭内では現金のやりとりが求められることも多いため、夫や子供もキャッシュレス化することにしました。

▼関連記事
現金を使わない「キャッシュレス生活」で家計の管理が楽になりました

クレジットカードより「デビットカードが有利」とFPが語ったワケ

ついに子供と夫もキャッシュレスを体験することに!

買い物
【画像出典元】「iStock.com/vadimguzhva」

まずは私がスマホでQR決済をするシーンを見せるところから、家族へのレクチャーが始まります。

そこで、実際に出かけたのはコンビニ。
というのも、目的はモノを購入することではなくQR決済を使うことだから。

QR決済は、クレジットカードと違って子供でも利用することができます。それは今流通しているお金がデジタル化されたものにすぎず、現金と同じように子供でも使えるというわけです。家庭内キャッシュレス化を進めるにはうれしいポイント。

そしてキャッシュレスは子供にとって特別じゃないいつでも使えるサービスになってほしいと考え、どこにでもあるコンビニを体験場所に決めてQRコードでお支払いを体験してもらいました。

まず私がやり方を見せて、その次は子供のスマホに実際にお金を送金しました。
決済アプリにお金が送金されると、そこには送金額が表示されます。それを見て、夫も子供もふ~んといった乾いた反応(レクチャー役の私にはちょっぴり物足りない感じ)。

気を取り直して、「実際に使ってみる」ステージへ進みます。
子供には使い方とどこで使えるかを教え、これまで以上にスマホをしっかり管理するように伝えてレクチャー終了しました。

数日後、子供から「QR決済使ってみたよ~」という報告。ちょっとドキドキしたようですが、何の問題もなくお買い物ができた様子。
店員さんから何か声をかけられるということもなかったようです。

今度は夫が別の決済アプリを使って子供に送金

さて、次は別の決済アプリにチャレンジしました。今度は夫です。
夫は試しに送金をしてみたかったようで、子供のスマホに1000円送金。

わが家は、働かざるもの食うべからずではないけれど、子供にお小遣いを渡していません。ですから子供にしてみれば、棚ぼた式に手にしたお金(笑)。
うれしかったようで、早速QRコードを使ってアイスを買ったそうです。支払ったときの音が可愛かったとも話してくれました。

というわけで、QR決済の使い方は家庭内で早々に習得完了しました!

そして、私たち夫婦間でもお金のやり取りは決済アプリを利用する機会が増えてきました。
例えば、「○○でパンを買ってきて~」なんてときには決済アプリでお金を送ります。まるでメッセージを送るかのように、瞬時に相手に届くのは快適なものです。そしてそれをわざわざ現金化することなく、その決済アプリで買い物をして支払いまで済ませることができました。

結構大変なお金のやり取りが、随分軽やかにスマートになりました。

キャッシュレスは子供の教育上良くないのか?

スマホで決済
【画像出典元】「iStock.com/marchmeena29」

ところで、キャッシュレスは子供の教育には良くないとしばしばいわれます。
例えば、お釣りの計算ができないとか、お金の価値が身につかないというものです。

でも恥ずかしながら、私自身、計算は大の苦手。暗算なんてまずすることはありません。ファイナンシャルプランナーは数字に強いのでは?と思われがちですが、計算に強いことと数字に強いこととは意味がまるで違うのです。

計算が早く正確にできることは素晴らしいことですが、電卓でできること、AIがとって代われることでもあります。それ以上にその数字が意味するもの、数字から読み取れるものに気づけることを私は重視しています。

そしてお金の価値はお金そのものの価値ではなくその先にある商品やサービス、そこにある経験や感情にこそ価値があると考えています。お金は万能で、増やすことも貸したり借りたりすることもできます。お金は価値があると思われがちですが、ツールにすぎないからこそ形や大きさの違いで感じ方の変わる現金よりも、ただの数字としてお金を見るくらいでちょうど良いのではないかと個人的には感じています。

宝くじの高額当選者に自己破産者が多いという話があります。
お金ではなく、その先にあるものに目を向けることができれば、きっと当選金も生きた使い方ができるのだと思います。

もちろん、キャッシュレス化の弊害やデメリットはあります。今はまだ、現金でもキャッシュレスでも好きに選べる時代です。無理強いするつもりもありません。ご自身の考え、ご家庭の方針に合った方法でご利用ください。くれぐれもただ流される、ということだけはありませんように。 

▼関連記事
現金を使わない「キャッシュレス生活」で家計の管理が楽になりました

クレジットカードより「デビットカードが有利」とFPが語ったワケ

App store
Google play