MONEY

2000万どころじゃない!Wallet+で老後資金を診断するとヤバい結果に・・

Wallet+のある暮らし あんず

2000万どころじゃない!Wallet+で老後資金を診断するとヤバい結果に・・

目次

こんにちは。

Wallet+のある暮らしのあんずです。

 

先日、金融庁が

『夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では (中略)、まだ 20~30 年の人生があるとすれ ば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円になる。』

との試算を発表し、世間を賑わせましたねー。

老後生活だけで2000万も足りないのー?

と驚いた私ですが…

共働き夫婦+子ども3人の我が家。

正直、老後資金よりも教育資金の方が心配。
 

という事でこれを機に、

[2019年にやりたい事]の1つに掲げていた

【ライフプラン表の見直し・キャッシュフロー表の作成】に取り掛かることにしました。

ライフプラン表の見直し

ライフプラン表は家計管理を始めた頃に自分で作っていたのですが、家族も増えたので作り変え。
 

ざっくりとですがライフプランを立てる事で、

いつどれ位のお金が必要になるのか、

また保険等がいつ満期になってどれ位のお金を受け取れるのかが分かります。

キャッシュフロー表を作る

ライフプラン表を基に、更に細かくお金の流れ(収支)を明確化していくのがキャッシュフロー表。

これを自分で作るとなると大変ですが…

ありました!Wallet+のアプリに《ライフプランコーチ》なるものが!!

右下の【その他】を押すとここに。

この《ライフプランコーチ》は、簡単な質問に答えていくだけで、

その回答や統計値に基づいて将来の収支や今後の予想貯蓄額をシミュレーションしてくれるのだそう!

うん!これは良さそう!

《ライフプランコーチ》をやってみた!

自分(配偶者)の年齢、職業、年収、

子どもの有無や年齢、将来なりそうな職業、

金融資産や生活スタイルなどの質問に答えていくとあっという間に診断結果がでました!

えぇー…

2000万どころか2500万ほど足りないみたい*…。

もっと詳しく見たいと思っていたら、それも出来ました!

※ライフプランコーチでは、100歳まで生きると仮定した場合の収支結果を診断しています。

自分に合わせたシミュレーションを


画面横にある【より詳しく診断する】をタップし、

収入や子ども、住まい、生活のジャンル毎により正確な情報を入力していきます。

例えば、生活のジャンルでいくと、日常生活のくくり1つにしても生活費を食費、水道光熱費、通信費、保険料、その他の生活費と分けて詳しく編集することができます。

我が家では以下のように入力しました。

保険料には生命保険や学資保険も含め、

その他の生活費には夫婦のお小遣いや保育料を含めました。

こうして全てを入力すると…

ぎゃーーーー!

達成率も大幅に下がり、7300万程不足するという結果に…。

更にここから衝撃の数値ばかり…

 

【貯蓄】の項目を見てみると、

今現在の貯蓄額から更に追加で20万/月が必要とのこと…。

年間100万貯まればいいかなー?と思っていたら400万必要だって~。

もう笑いしか出ません…

 

次に【必要保障額】の項目では…

なんと5000万近く必要との事!

しかしここに関しては住宅ローンの団体信用生命保険に加入していたり、

夫婦どちらかの身に何かがあれば遺族年金などの公的保障もあるし、

学資保険に関しても払い込み免除になるのでここまで必要ではないのかな?

と感じました。

 

そして今回の一番の目的!【キャッシュフロー表】の項目では…

2029年に大幅な赤字となる様子。

10年後?

何か大きなライフイベントがあるっけ?

と先程の自作のライフプラン表を見てみると…

一番上の子が高校に入学する時期でした。

 

また2032年からは毎年大幅な赤字となる予想…。

子ども達がそれぞれ大学、高校、中学に在籍する時期です。

 

ただこちらも児童手当と学資保険を教育資金として貯めているので、この結果よりは多少赤字額は減るのかな?と感じました。

 

ちなみに資産残高グラフはこんな感じです!

45歳辺りから完全な右肩下がりになっています。
 

そしてもっともっと詳しく知りたい!相談したい!と思ったら、なんと相談窓口もあるそうです!

この際、近くの銀行の支店かファイナンシャルプランナーの相談のどちらかをやってみようかなーと思います。

診断結果は即保存!

衝撃の診断結果となった《ライフプランコーチ》。

診断結果をメールで送り、端末に保存することも出来ます。

こうすることで、いつでも見返せるし、見直しが必要な所をいつでも確認できます。

漠然と不安を感じているだけだは何も進みませんし、もちろん改善もしませんよね。

でも実際にライフプランを立て将来の収支の予測をするだけで、見えてくるものはたくさんあります。

達成率が100%を超えていればとりあえずは安心。

しかし私のように大幅に下回っている場合は、収支の見直しはもちろん、まずはライフプランの見直しも大事だな…と感じました。

まずは身の丈を知ること!

ですね…。

そして見直したライフプランに向けて、早期に対応・改善していくことで、達成率も上がってくるでしょうし、何よりお金の不安が少しずつでも解消されていけばいいなーと思います!

 

ライフプラン表やキャッシュフロー表を作ったことのない方は

ぜひこの【ライフプランコーチ】をやってみましょう!

App store
Google play