MONEY

FXは上級者向け?いえ、初心者でも少額から大丈夫!その魅力とは?

ふやす 内山 貴博

FXは上級者向け?いえ、初心者でも少額から大丈夫!その魅力とは?

【画像出典元】「iStock.com/Deagreez」

目次

買い物でたまるポイントで株式投資ができるなど、今や私たちと投資の距離感はどんどん縮まっています。今回紹介するFXは、一瞬で大きな利益や損失が生じる特徴があることから、以前は投資経験が長く、リスク管理ができる「玄人向け」の取引という印象がありました。しかし現在は多くの人が利用しやすいように規制がかけられたり、サービスが向上したりと体制が整えられているため、初心者の投資対象としても向き合ってよいと思います。今回はFX取引の仕組みを分かりやすく解説し、投資初心者が持つ漠然とした不安をなくし、少額でも始めやすいFX会社についても具体的にお伝えしていきます。

FX投資初心者が知るべき「FX投資の失敗原因」FPがわかりやすく解説

痛い実話、一攫千金を夢見るも投資に失敗、やってはいけない投資4事例

4円から投資できる?!FXとは

スマホとPCでFX取引
【画像出典元】「iStock.com/manusapon kasosod」

FXはForeign Exchangeの略でそもそも外国為替という意味ですが、外国為替証拠金取引の普及により、FX=外国為替証拠金取引のことを指すようになりました。

FX取引の例を挙げましょう。もしあなたが外貨預金(米ドル)に興味があり、1ドル100円のときに1万ドルの外貨預金を行う場合、1万ドル×100円=100万円を預ける必要があります。

これがFXの場合、証拠金(※)取引なので、例えば倍率が25倍であれば1万ドル(100万円)分の米ドルへの投資をわずか4万円の証拠金で行うことが可能なのです。倍率が25倍ということは、25分の1の証拠金で取引できることを意味します。(4万円×25倍=100万円)
(※証拠金/取引の際、契約の成立や履行に伴う損益を確実にするために当事者が相手方に担保として預ける金銭のこと)

これでもし1ドルが101円に円安となれば、外貨預金の場合は円換算で預けた100万円が101万円となり、1%の利益となりますが、上記FXの場合は4万円に対して1万円の利益、つまり25%も利益が出ていることになります。

100万円を外貨預金ではなくFXの証拠金として預け、倍率25倍で取引した場合は、2500万円相当のドル(25万ドル)を買うことになるため、1ドル1円動けば25万円もの利益または損失が生じることになります。

このように、FXは少額で大きな取引をすることができ、これを「てこの原理」を意味する「レバレッジ取引」ともいいます。また、上記の場合、金利の低い日本円を売ってドル円を購入しているため、米ドルと日本円の金利差をスワップポイントとして日々受け取ることができるのも魅力の1つです。

スワップポイントは高い金利の通貨を買い・低い金利の通貨を売った際に、その金利差を日々受け取ることができます。スワップポイント自体は少額ですが、日々少しずつ貯めることができるのはうれしいですね。なお1万ドル(1万通貨)ではなく1ドル(1通貨)単位から取引できる業者もあり、この場合、1ドルをわずか4円の証拠金で取引を行うことができます。

投資初心者がFXを始める理由は?

FXがハイリスクであり、投資経験者向けの取引であると一般的にいわれる最大の要因は上記の「レバレッジ」にあります。実際に投じたお金よりも最大25倍の取引を行うことになるため、短時間に大きな損失が出る可能性もあります。

ただし、今ではFX会社によってはレバレッジ1倍や2倍という低倍率で取引することも可能です。レバレッジ1倍の場合は、「レバレッジ効果がない」と同じ意味なので、税金等細かい違いはありますが、ほぼ外貨預金と同じ感覚で取り組むことができます。そして一般的に外貨預金よりもコストが低く、利便性が高いため、「レバレッジを抑える」という前提で初心者の方がFXを始めることに私は賛成です。

しかもFXの場合は外貨預金よりも多種多様な通貨ペアに投資することができるため、世界経済や国際情勢、各通貨の特徴など、幅広く興味・関心を高めることにつながり、本格的な資産運用を行う上でもFX投資で得られる知識や経験は役に立つと思います。

またFX会社によっては「積立FX」というサービスもあり、外貨預金のように日々コツコツと低倍率、少額でドルなどの通貨を積み立てることができます。何よりFXは外貨に交換する際のコストが低いため、こういった積立サービスを活用できるのも投資初心者がFXを始めた方がよい理由の1つです。

なお、コストについて補足しますと、株式投資の場合、取引する度に販売手数料がかかる場合が多いのですが、FXの場合は取引にかかる手数料をゼロ円としている業者が多いのも魅力です。よって実質各通貨のレート(スプレッド)が投資家の負担するコストということになります。

例えば1ドル100円の時に、1ドル100円10銭と提示されてあれば、この10銭がコストということです。このコストも各社競争が激しく、どんどん実際のレートとの差が小さくなってきているのも投資家にとってはうれしいところです。

少額でFXを始めるならこのFX会社

長年、金融商品や金融取引と向き合っている筆者は、FX取引といえば「外為どっとコム」がすぐに浮かびます。FXの老舗、大手といえるでしょう。セミナーやレポートなどを通しての情報収集にも力を入れており、初心者にはうれしいサポートが満載です。

また金融取引全般において魅力的なサービスを提供している「SBI証券」も魅力的な1社です。初心者にも最適なFX積立も提供していますし、最低4円~と取引も少額から可能です。コスト(スプレッド)については多くの業者でそれほど変わらない印象があります。FX会社を分析し、比較しているサイトもたくさんありますので参考にしてください。「GMOクリック証券」や「みんなのFX」などもおすすめFX会社として紹介されています。

FXの注意点

お金を持つ女性
【画像出典元】「iStock.com/PRImageFactory」

FX取引の最大の注意点は24時間取引ができるということです。寝ている間に急激に円高となり、思わぬ損失を被ったという経験をしている人は少なくありません。夜寝る前に1ドル100円で、朝起きても1ドル100円程度だったとします。それでも夜中の間に、1つのニュースや要人発言などで一時99円や98円台を付けているかもしれません。

FX取引には一定の証拠金が必要となるため、損失が膨らむと「証拠金不足」となりその時点で強制的に取引終了となることがあります。ロスカット(強制決済)といい、いうなれば「ゲームオーバー」です。

そうならないためには、ある程度証拠金は余裕を持って預けておく方がよいでしょう。また、利益確定や損切りラインをあらかじめ設定できるため、「〇円以上円高が進んだら、自動的に損切りする」といった利益や損失の管理をていねいに行ってください。

FXの具体的な始め方

FXは以下の手順で始めてください。
●取引業者を選定する
●口座開設をする
●証拠金を預ける(入金する)
●投資対象の通貨ペアを選ぶ
●ロスカットなどを設定する

まずは前出のFX会社などのホームページを見ながら、取引業者を選んでください。ここでのポイントは1社でなくてもよいということです。手間を惜しまず複数業者の口座を開設することで、魅力的な各社の口座開設キャンペーンをそれぞれもらうこともできますし、取引開始後も「今はA社が手数料がお得」、「B社がドル円のコストを下げた」など、その時々に応じて有利な業者を使うこともできます。
ただ、管理が煩雑になりますので慣れるまでは1社に絞っておくのがよいかもしれません。

口座開設後は業者指定の口座に入金(振込)をすることで、振り込んだ金額が証拠金として活用できます。前出の事例でいうと1万ドル(100万円相当)を倍率25倍で取引する場合は4万円の証拠金が必要なので4万円を入金します。ただし、証拠金ちょうどの金額だとすぐにロスカットに該当する可能性もあるため、多少余裕を持たせた金額を入金してください。

証拠金に充当できるお金を振り込めば、すぐに取引が開始できます。ここからいよいよ本格的にFX取引に参加するわけですが、初心者の方はまずはドル円やユーロ円などメジャー通貨での取引をおすすめします。その理由は情報量も取引量も多く、ある程度為替レートの動きなど分析しやすいためです。

例として「運動会の綱引き」をイメージしてください。50人対50人で引っ張り合う綱引きと3人対4人で引っ張り合う綱引き。どちらが早く決着がつきそうですか?おそらく人数が少ない方ですよね。3人対4人の場合、人数も釣り合っていませんし、誰か1人力持ちがいれば、あっという間に勝負がつきそうですが、それが50人対50人になれば、力持ち1人の影響も限定的で、ずっと拮抗し、ビックリするような展開にはなりそうにありません。

外国為替も同様です。ドル円の通貨ペアの場合、ドルと円の綱引きです。どちらもメジャー通貨で、取引参加者も多く、日米経済動向など情報も豊富です。「どちらが勝つか」情報が多い方が予想しやすいですよね。

今は20通貨を超える取り扱いをしているFX業者もありますが、マイナー通貨は少しずつFX取引に慣れてから挑戦してください。

FX投資初心者が知るべき「FX投資の失敗原因」FPがわかりやすく解説

痛い実話、一攫千金を夢見るも投資に失敗、やってはいけない投資4事例

「FX取引はギャンブルではない」という意識を強く持って

初心者向けにFX取引についてまとめました。取引の仕方によっては十分初心者にとって有効な資産運用手段になりそうです。何より私たち日本人が資産をすべて「日本円」だけで保有しているのもリスクがあるからです。「日本に住み、日本語で会話をし、日本の土地に住宅を建て、そして金融資産は日本円のみ」。これは投資の基本、分散投資という考えから見ても、「日本」に偏っているわけなので、FX取引を通した外貨に投資する意義について考える機会にもしてもらいたいです。

ただし、紹介したようにFX投資は「レバレッジ取引」が原則となります。高倍率の方が、すぐに大きな利益につながりやすいため、自分で決めたルールをつい破ってハイリスクな取引をしてしまいそうですが、そんなときに限って外国為替市場が大きく変動し、大損失を被るという展開も十分に想定されます。

「どういう通貨かよくわからない、とにかく大きく変動する通貨が魅力的、少しでも倍率を高くしていきたい」。こういう気持ちが生じたら、一度原点に立ち返ってみてください。ギャンブル感覚ではなく、資産運用の一環としてリスクを上手にコントロールするということを忘れないでくださいね。

App store
Google play