MONEY

30代なら注目したい、目的別おすすめの投資制度とは?

ためる

30代なら注目したい、目的別おすすめの投資制度とは?

【画像出典元】「milatas- stock.adobe.com」

目次

30代といえば仕事の責任や裁量が増え、収入も増えて安定してくる時期。一方では、家族構成が変わるなど環境の変化も多いのではないでしょうか。結婚して家族を持つ、住宅を購入する、子供を育てる、親の介護がそろそろ心配になってくるなど支出要件が増えてくる年代でもあります。

使えるお金が限られた中で投資するなら、目的を決めてから投資方法を決めることが大切。投資の目的とそれに合った投資方法を紹介します。

30代が投資する目的のTOP3は?

投資している人
【画像出典元】「starmix- stock.adobe.com」

30代の人たちは、どんな目的で投資をするのでしょうか。ロードスターキャピタル社のデータによると、

「長期の資産形成のため」
「短期的な利益を得るため」
「老後の生活資金のため」

が30代が投資する目的のTOP3でした。

これらの目的には、どんな投資方法が合うのでしょうか。以下で解説します。

参照:ロードスターキャピタル社 投資に関する実態調査

「長期資産形成」におすすめの投資方法

30代は定年まで30年程度の時間が残っています。だからこそ時間を味方につけた投資が可能です。「投資信託」を積立投資で行うことが、おすすめの投資方法です。

投資信託には、まとまったお金を運用するものと、毎月金額を決めてその金額で投資信託を購入しながら投資資金を運用していくものがあります。

後者の投資信託は、投資する投資信託メニュー(ファンド)の価格が上下に動くリスクを抑えて、効果的に購入し続けることができます。また、10年、20年、30年と投資・運用できる期間が長いほど、より高い成果が期待できます。

投資信託を積立投資で行うならば、「つみたてNISA」という制度を利用するといっそうお得です。つみたてNISAを利用することで、本来、利益から徴収される税金(約20%)が課税されないという特別ルールが適用されます。

「短期的な利益を得るため」におすすめの投資方法

短期で利益を得る投資方法のひとつに「株式投資」があります。株式投資で受ける利益は、購入した株価が値上がりしたときに売却することで、売値と買値の差額を受け取るものです。比較的短期で利益を得るという目的に向いている投資方法です。

株式投資をNISA口座を利用すると、税金の面でお得になるのでおすすめです。

NISA(少額投資非課税制度)とは、個人が投資によって資産形成することを推奨するために、2014年に出来た制度です。NISA口座を作り、その口座で行った投資で利益が出ても税金が掛からない(通常は利益に対して20.315%の税金を払う)という特典があります。ただし、NISAは年間の株式購入上限金額が120万円までと設定されています。また、つみたてNISAとNISAは併用できないルールです。つみたてNISAかNISA、どちらかを選ぶ必要があります。

「老後の生活資金のため」におすすめの投資方法

老後資金をつくるのにおすすめの投資方法は、iDeCo(イデコ)口座で積立投資信託を行うことです。なんといっても、iDeCoの制度を利用すると、投資して得られた利益には、税金がかからないのがポイントです。また、毎月の掛け金は全額、所得控除の対象になるので、節税にもなります。

iDeCoは年金の補足になるもの、つまり「老後の生活を支える資金を、自分で作る人に税制優遇しよう」と作られた制度です。このため60歳までは資金を引き出すことができないので、この点は注意しつつ、有効に利用していきましょう。

いかがでしょうか。30代は支出も多い時期なので、無理のない範囲の金額で、目的に合わせて計画的に投資をしていきましょう。

App store
Google play