お金

10万円分も控除されてお得!スマホで簡単に確定申告できるe-Taxのやり方

ためる

10万円分も控除されてお得!スマホで簡単に確定申告できるe-Taxのやり方

【画像出典元】「Thepanyo/Shutterstock」

パソコンやスマホを使って手間をかけずに確定申告が行えるとして、利用者が増えている「e-Tax」。2020年(令和2年)以降は、e-Taxで申告すると青色申告者は10万円分の控除額が上乗せされる大きなメリットもあります。

本記事では、e-Taxの仕組みやメリット、申告方法など、e-Taxにまつわるあれこれを分かりやすく解説していきます。

e-Taxとは

パソコンで申請
【画像出典元】「DC Studio- stock.adobe.com」

e-Taxの正式名称は、「国税電子申告・納税システム」です。

国税に関する各種手続きをインターネットを利用して電子的に行うシステムであり、国税庁が運営しています。2004年より導入されています。

最大の特徴は、年度末の確定申告をインターネット上から行えることです。

わざわざ手書きで現物の確定申告用紙を作成する必要もなくなり、税務署に提出しにいく手間もかかりません。

パソコンやスマートフォンを使って、インターネット上でデータとして作成が可能となり、提出もネット上から行えます。

e-Taxでできること

確定申告
【画像出典元】「promolink- stock.adobe.com」

e-Taxを使うことで、以下3つのことができるようになります。

<e-Taxでできること>
・年度末の確定申告
・税金の納税
・税務署への申請・届出等
 

1.年度末の確定申告

従来の確定申告は、手書きで確定申告用紙を作成し、完成した用紙を管轄の税務署に提出・郵送するというやり方でした。e-Taxではこの一連の作業をパソコンやスマートフォンを使ってインターネット上で行えます。

2.税金の納税

e-Taxを使うことで、源泉所得税、法人税、地方法人税、消費税及地方消費税、申告所得税、相続税といった各種税金の納税がインターネット上で行えるようになります。

「ダイレクト納付」と「インターネットバンキング」の2つの納税方法が用意されています。


3.税務署への申請・届出等

税関連の各種書類の申請、手続きなどがインターネット上で行えるようになります。

たとえば「個人事業の開業届出」や、「青色申告承認申請書」などの申請も、従来のように税務署に出向いて行う必要がなくなり、e-Taxでオンラインの手続きが可能となります。

確定申告でe-Taxを利用するメリット

パソコン処理
【画像出典元】「Andrey Popov- stock.adobe.com」

確定申告をe-Taxで行うと、次のようなメリットが生じます。

<e-Taxを使うメリット>
・作成や提出が簡単・スムーズに
・早めの申告が可能
・還付もスピーディー
・青色申告での控除額が10万円分増える など

1.作成や提出が簡単・スムーズに

e-Taxを使うとデータ入力で確定申告書を作成できるため、誤字や脱字があってもすぐに訂正できて便利です。

画面の指示に従って入力していくだけなので、複雑さもほとんどありません。

医療費控除の領収書や源泉徴収票などは、原本書類の提出・提示を省略することもできます(ただし原本は一定期間保管しておく必要あり)。

確定申告書が完成したらオンラインで提出可能なため、税務署に提出しにいく手間が省けるのもメリットです。

2.早めの申告が可能

確定申告は、毎年2月16日~3月5日が受付期間となります。

ただしe-Taxを利用することでこれよりも早めの申告が可能となり、1月上旬頃から確定申告ができるようになります。

早めに確定申告を始めたい人にとってはメリットとなります。

3.還付がスピーディー

e-Taxで確定申告することで、早く税の還付を受けることができます。

目安として、1~2月に申告すると2~3週間、3月に申告すると3~4週間程度で還付の処理が行われるようです。

4.青色申告での控除額が10万円分増える

e-Taxで確定申告を行うことで、「青色申告特別控除額」が55万円(通常申告)→65万円(e-Taxでの申告)に増額されます。

e-Taxを使うだけで単純に控除額が10万円増えるため、青色申告*者にとっては明確なメリットとなります。なおこのルールは、令和2年分以後の確定申告から適用されます(2020年分の確定申告から)。

*青色申告とは、確定申告の際に複式簿記の方法により記帳する申告制度のこと。不動産所得や事業所得、山林所得のある人が対象となる

e-Taxを使った確定申告の方法【スマホ版】

スマホを操作する男性の手のアップ
【画像出典元】「Natee Meepian- stock.adobe.com」

事前準備

e-Taxの利用方法には「マイナンバーカード方式」、「ID・パスワード方式」の大きく2つがあり、それぞれ事前準備が異なります。

1)マイナンバーカード方式・・・事前にマイナンバーカードの取得が必要(通知カードでは不可)、ICカードリーダライタが読み込みに必要
2)ID・パスワード方式・・・税務署に「電子申告等開始届出書」を提出し、「利用者識別番号(ID)」と「暗証番号」を入手

マイナンバーカードを持っている人であれば、特に手続き等は必要なく、すぐにe-Taxの利用を始められます。

「ID・パスワード方式」はマイナンバーカードを持っていない・使いたくないといった人向けであり、マイナンバーカードは不要ですが、税務署に出向いて届出手続きを行う必要があります。

スマホでの確定申告方法

e-Taxでの確定申告は、「国税庁 確定申告書作成コーナー」から行います。

リンク先のページの「作成開始」をクリックすると、確定申告書の作成が始まります。

マイナンバーカード方式、ID・パスワード方式のいずれかを選択し、画面の指示に従いながら、所得額や控除額など、各種項目を入力していきます。

ID・パスワード方式で行う場合には、事前に税務署から受け取った「利用者識別番号(ID)」と「暗証番号」の入力を求められるため、準備しておく必要があります。

全ての項目の入力が完成したら、「出力・提出」をクリックすることで、その場でデータが送信され、提出となります。

マズい!確定申告を忘れたときのペナルティとその回避策とは

税金が戻ってくる?サラリーマンも要チェック!確定申告のための対策とは


e-Taxは従来の紙面での確定申告よりも便利な点が多く、さらに今回から青色申告特別控除額が10万円増額するという金銭的なメリットまで追加されました。

取っつきにくくなかなか始められない人も多いと思いますが、慣れてしまえば簡単であり、メリットも多いので、ぜひ今年からe-Taxの確定申告にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。