MONEY

夢はハワイ!飛行機に乗らずにマイルを貯めるには?

ためる

夢はハワイ!飛行機に乗らずにマイルを貯めるには?

yuruphoto/iStock/Thinkstock

目次

マイルを貯めて無料航空券をもらうには、飛行機に何回も乗って、たくさんお買い物して・・・と思っている方は多いのではないでしょうか。実はちょっとした工夫でより多く貯める方法があるのです。上手に貯めれば福岡に居ながらにして、ハワイも夢じゃない?!

ハワイに行くのにどれくらいのマイルが必要?

飛行機とハワイ夕景

出典元:「leekris/iStock/Thinkstock」


いろんな航空会社がありますが、今回はJAL(日本航空)とANA(全日空)を見てみましょう。理由はこの2社は、それぞれ国内でクレジットカードを発行しているから。お買い物などのポイントも活かせます。

JALはシーズンに関係なく、エコノミーなら4万マイル、ビジネスなら6万マイル。

ANAは、ローシーズンにはエコノミー3万5000マイル、ビジネスなら6万マイル。レギュラーシーズンはエコノミー4万マイル、ビジネスなら6万5000マイル。ハイシーズンはエコノミー4万5000マイル、ビジネスなら7万マイルです。

どうすれば貯められるでしょうか?

方法その1 JALカードやANAカードを作ってショッピングすべし!

カードでショッピング

出典元:「evgenyatamanenko/iStock/Thinkstock」


まずは、クレジット機能付きのJALかANAのカードを作りましょう。入会すると、それだけで500マイルもらえますし、シーズンによっては入会キャンペーンなどで、通常より多くマイルがもらえることもあります。カードができたら、いろいろなお店でショッピングや食事を楽しみましょう。

JALカードでクレジット決済すれば、200円ごとに1マイル貯まります。なかでも全国で5万店を超すJAL特約店を利用すれば200円で2マイル貯まり、さらにお得に!

ちなみに、福岡県のJAL特約店は福岡三越や岩田屋、大丸福岡天神店をはじめとする約470店あります(2016年10月現在)。コンビニエンスストアではファミリーマート、ガソリンスタンドではENEOS、ファミリーレストランではロイヤルホストも特約店になっています。

ANAカードの場合も、同じくクレジット決済で200円ごとに1マイル貯まります。さらにANAマイルプラス加盟店なら、JAL特約店と同様に200円で2マイル貯まりますよ。

福岡の百貨店でANAの加盟店になっているのは、JALカードでも登場した大丸福岡天神店。また、ENEOSのガソリンスタンドも同様です。コンビニエンスストアではセブン-イレブン、ドラッグストアではマツモトキヨシが挙げられます。

ほかにも大小さまざまな店がJAL特約店やANAマイルプラス加盟店になっていますので、お気に入りの店ではぜひ確認してみましょう。

方法その2 ショッピングカードのポイントでマイルを貯めるべし!

日用品買い物

出典元:出典元:Antonio_Diaz/iStock/Thinkstock


航空会社のカードでなくても、現在お持ちのデパートやショッピングセンターのカードのなかには、ポイントをマイルに交換できるものもあります。

福岡市内の百貨店では、岩田屋・福岡三越のエムアイカード。こちらのエムアイポイントはJALにもANAにも交換可能です。JALなら3000ポイント以上から1000ポイント単位で交換でき、3000ポイントの場合は1500マイルとなります。ANAなら2000ポイント→500マイルに交換できます。こちらのカードは、ソラリアプラザやイムズ、天神コア、天神地下街といった天神界隈の主要な商業施設でも使えるので、天神でショッピングをすることの多い方には便利ですね!

また、イオンもJALの特約店ですので、日用雑貨から食料品の買い出しまで、さまざまな機会にマイルを貯めていけそうですね。

一方、ANAのマイルに交換可能なのは大丸福岡天神店の博多大丸カードで、1200ポイント→ANA500マイルとなります。このカードは、同じく天神の福岡パルコやイムズでのショッピングにも使用できます。

方法その3 ネットショッピングをフルに利用すべし!キャンペーンの活用も!

オンラインショッピング

出典元:StockRocket/iStock/Thinkstock


さらに、ネットショッピングでもマイルを貯められます。通販サイトでは、5倍マイル、100マイルプレゼントキャンペーンなど、さまざまな店舗がお得なキャンペーンを常時展開していますので、上手く利用すると、ど~んと貯められそうです。

JALでは「JALマイレージモール」では、各百貨店の通販サイトをはじめ、アマゾン、ユニクロ、ベルメゾンなど。ANAでも百貨店の通販サイトに、楽天市場、ヤフオク!、ユニクロなど。いずれもさまざまなサイトと提携しています。ただし、必ず下記のように、JALカードやANAカードの「マイレージモール」を経由して提携通販サイトへ行く必要があります。こちらを経由しない場合は、マイルは貯まりませんので注意が必要です。

JALマイレージモール

ANAマイレージモール

方法その4 有効期限は3年。期間内に貯めるにはさらに奥の手を使うべし!

ここで、注意が必要なのは有効期限です。貯まったマイルの有効期限は基本的に3年間!3年以内に貯めなければ、せっかくのマイルが無駄になってしまうのです。

それでは実際に1か月で試算してみましょう。公共料金等の支払いから通販でのショッピング、外食代、ガソリン代からサービスなどをすべてマイルに換算すると次のようになります。

・光熱費で月3万円、通信・インターネット費で2万円、食材や日用雑貨等の買い物で4万円、洋服代や外食代で月2万円、趣味に1万円、ガソリン代1万円、保険1万円、その他1万円で約15万円→月に約700マイル×12カ月=約9000マイル。有効期限3年で約2万7000マイル。残念ながら、このままではハワイに行けません。

ここで、さらなる奥の手を。

1)JALカードの場合はショッピングマイルプレミアム(年会費3240円)に入会すれば、マイルが全て2倍になります。さらに特約店では4倍に。

2)家族カードを活用。本人だけでなく、家族の分まで合わせてマイルに使えます。

3)ショッピングをできるだけ、「マイレージモール」を使ったネットショッピングに代替します。

1)だけでマイルは倍になりますので1年間で約1万8000マイル。3年あれば約5万4000マイルで、4万マイルに楽々到達します。ここに2)と3)の工夫も加えれば、2人分の8万マイルにまで到達できそうですね。

ショッピングマイル・プレミアムの試算表


マイルを意識して暮らすだけで、飛行機に乗らなくてもマイルは思ったより貯められそうです。3年間で目指せ、ハワイ!

App store
Google play