PR

貯金50万でもドレスはこだわれる?今20代に人気の結婚プランとは

貯金50万でもドレスはこだわれる?今20代に人気の結婚プランとは

【画像出典元】「iStock.com/ArtMarie」

目次

周りが次々に結婚・出産のステップを踏むなか、だんだん「結婚」の二文字を意識しはじめている“お年頃”のみなさん! 結婚式のためにしっかり貯金していますか? ギクッとした人にはぜひ読んでもらいたい、28歳・田中さんのプレ花嫁事情。貯金額50万円というシビアな状況ですが、理想の結婚式を挙げられるのでしょうか!?

貯金50万円からのスタート。結婚式の準備はこうして始まる!

JUNO天神本店前の田中さん

最近、交際中の彼氏と結婚について話をしはじめた28歳の田中さん。スマホの検索履歴は「結婚式 費用」「花嫁 トレンド」が占めるほど、結婚式についての情報収集にいそしんでいます。
そしてInstagramでは憧れのウェディングドレスを毎日チェック! ふわっと優しい雰囲気の純白ドレスや、アンティーク風のレーシーなドレス、デザインがおしゃれな海外ブランドのドレスなど、眺めるだけで夢がむくむくと膨らみます。

JUNO天神本店インスタグラム
JUNOインスタグラム

JUNO天神本店を外から眺める

「でも、今の貯金額で本当に結婚式を挙げられるの…!?」と不安がよぎる田中さん。
予算や会場選びを慎重に検討しながらも、ずっとインスタでチェックしていた「JUNO天神本店」へ、お気に入りのドレスを覗きに行ってみました。

ドレスショップにいた、フリープランナー・橋本さんとのラッキーな出会い!

フリーのウエディングプランナー・橋本さん

そこにたまたま居合わせたのは、ウェディングプランナー・橋本さん。ちょうどドレスの試着会が行われたばかりで、JUNO天神本店に訪れていたのだとか。

「私はフリーランスのプランナーなので普段お店には常駐していませんが、ここに並ぶドレスを選ばれた新郎新婦さまとのお打ち合わせや、店内でのフェアや模擬挙式などのときにだけ在店しているんです」と橋本さん。

仕事中のフリーウエディングプランナー・橋本さん

フリープランナーって何ですか? 式場のプランナーとどう違うの?

フリープランナーと式場の専属プランナーとの違いは、「提案の幅の広さ」。式場選びから進めると、自動的にその式場の会社の専属プランナーがつくことになります。そうなった場合、カメラマン、花屋、ヘアメイク、ギフトショップなどの専門業者が指定されていることが多く、どうしてもプランニングの自由度が限られます。

一方で、フリープランナーには提携先などの制限がないので、新郎新婦の予算や好みにマッチする式場、ドレス、装飾の提案をそれぞれ柔軟にできるのが武器。東京ではフリーランスのウェディングプランナーに依頼して、式場やドレス、披露宴の内容を決めるケースが多いとか。

田中さんが橋本さんに出会った

お客目線に立った親身なプランニングが評判の橋本さん。「今ちょうど空き時間なので、気になることがあればお話しされていかれませんか?」とのことで、田中さんは結婚式について相談してみることに!

率直な質問! 50万円しか貯金がないのですが、結婚式の予算ってどれくらい?

田中さんの不安要素はお金の面。今の貯金額約50万円で結婚式が挙げられるのか。もし挙げられても、どのくらいの規模かも気になるところ。

田中さんがウエディングプランナーに相談

「ちゃんとした形式で結婚式から披露宴まで行うなら、100名規模で300万円後半~400万円台がだいたいの相場です。ここにかかる費用は、会場費やドレス代が大きいですね」

ガーン! 300万円後半だなんて、貯金に何年かかるんだろう。

「でも、こういう考え方もありますよ。一般的な費用のやりくりを例に挙げると、100名規模のお式の場合、お一人さま3万円のご祝儀と親御さまからのいくらかの援助をいただけるなら、新郎新婦さまの手出しは50万円ほどでもかなうことも! ただし、節約ありきのシンプルな内容にしないといけないかもしれません。お二人の理想に近づけたいなら、少なくとも手出し100万円は見積もっていた方がいいかと思います」

費用のやりくりを頑張れば、挙げられる可能性大! さらに式に参加するゲストが増えると、新郎新婦の手出しが少額になっていく傾向もあります。ここでパートナーの貯金や、結婚までにいくら貯められるかを考え始めた田中さん。 目がだんだん輝いてきました。 

ウエディング関係の資料や見積もり

ちなみに、結婚式の内容を詰めるにつれて最初の見積額からどんどん金額が跳ね上がる、とよく耳にします。そうなってしまうのは、最初の見積額に何のサービスが入っているか、設定ランクはどうなっているかを把握せずに、値段だけを見ているから。式の装飾やサービスの一つひとつに松竹梅のランクがあり、最初は最安値=一番下のランクで見積もられていることがほとんど。途中で「最低ランクじゃ物足りない」とグレードアップさせると、「最初の見積額と違う!!」と戸惑うことになるのです。

「そうならないようにお客さまによくアドバイスするのは、最初の段階から『平均ランクの内容で見積もってください』『装飾や食事の参考写真と一緒に見積書を見せてください』とプランナーに伝えることです。初めは多めの見積額を把握して、会場選びすることをおすすめします」

お金をかけるべき部分と、節約すべき部分を徹底分析!

卓上の飾り
【画像出典元】「iStock.com/Onfokus」

式場が提案するウェディングプランだと、節約できる部分が限られてくるのが実情。すでにドレスや装花、カメラマンなどの各業者が固定化されているので、自分たちに合った業者に頼めないとか、持ち込み費が別途かかることも。

費用を節約できるとしたら、ペーパーアイテムを自分たちで手作りする、衣装・装飾・食事のランクを落とす。また、ムービーを手配しない、前撮りをしない、など「しない」手段をとるか……。でもそうすると、思い描いた理想から遠ざかりそう!

JUNO店内

「よく新郎さまから“結婚式は新婦さまのためのもの”と聞きます。女性目線に立つと、ドレス選びは最重要事項! 節約のためにドレス選びを妥協すると心残りで後悔するかも。理想的なドレスを選べば、あとから写真で見直したときも、一生の思い出として輝き続けると思います」と橋本さん。

ドレスならドレスと、自分たちにとって譲れないところを最初に決めること。その上で、他で節約する部分を決めていくとスムーズ。そうした際に、橋本さんのようなフリープランナーに頼めば、中立の立場から、お値打ちのカメラマンさんを紹介してくれたり、引き出物や装花、ペーパーアイテムなどを持ち込める会場を探したり、費用と理想のバランスを測りながらプランニングしてくれます!

お気に入りのドレスをスマホで撮る田中さん

気になるドレスを、橋本さんにお願いしてスマホで撮影させてもらった田中さん。憧れのドレス選びの参考にするつもりです!

「ドレス選びから始める結婚式」が、これからの主流になる予感!!!

JUNOウエディングドレス
JUNO

「総合的な見解として、結婚の準備は会場選びから始めない方が節約のアレンジが利きやすいと思います」

そう言って橋本さんが紹介してくれたのが、Dressesの「ドレス選びから始める結婚式」。
「好きなドレスを着て結婚式を挙げたい!」という新婦の願いをかなえるために、ドレス選びのコツを提案してくれたり、専任のドレスコーディネーターがぴったりの一着を紹介してくれるwebサービスです。

ドレスが気になる人は、Dressesの公式サイトをチェック!

和装


こうして結婚式のリアルな費用と、理想の進め方を学んだ田中さん。最初は不安でいっぱいだったけれど、橋本さんの話を聞いて目標が明確になり「なんとかやれそう!」と前向きな気持ちになったようです。


さて次回は、フリープランナー・橋本さんが提案する、魅力的なウェディングプランをご紹介します! プレ花嫁の田中さんが目を輝かせて見入った、橋本さんプロデュースの素敵な式の様子、憧れのドレスのバリエーション、そして今の結婚式の事情に迫ります。プレ花嫁&プレ・プレ花嫁は必見ですよ♪

頼りになるフリーのウエディングプランナー・橋本さん

フリーランス ウェディングプランナー 橋本 麻美
1985年鹿児島市生まれ。ウェディングプロデュース会社、ハウスウェディングの会社に勤務。ホテル、レストラン、専門式場とさまざまなスタイルの現場経験を積んだのちに、フリーランスウェディングプランナーに転向。福岡を拠点に九州各県・沖縄で伝統的な和婚からアウトドアスタイルのブライダルまで幅広くサポートする。

ウエディングドレス選びから始めるブライダルカウンター
orbウエディング
https://orb-wedding.com/

JUNO天神本店を外から眺める

JUNO天神本店
〒810-0001 福岡市中央区天神2-3-25 天神ZEROビル1F
Tel.0120-79-1259 
JUNO天神本店インスタグラム
JUNOインスタグラム

App store
Google play