PR

子どもの成長に合わせて車を乗り換えたい!おトクな方法は?

子どもの成長に合わせて車を乗り換えたい!おトクな方法は?

目次

4年前に東京から福岡市西区~糸島エリアへ移住し、デザイン制作・マーケティング会社「株式会社スマートデザインアソシエーション」の代表を務める須賀大介さん。7歳と3歳の子どもを持つお父さんでもあり、休日には子どもたちと一緒に糸島の海や山を堪能しているのだとか。

「移住してきてから、家族であちこちに出かけるようになりました。海辺でバーベキューをしたり、山の中の河原でキャンプをしたり。自然が豊かなので、子どもたちを連れての行動範囲が広がりましたね」(須賀さん)

子育てを機に移住するも、車の使い方が想定外の方向へ!

都市部からの移住者の中にはやはり、子どもを自然の中で育てたい、という理由で移住を決める人も多いそう。

「僕は上の子が3歳になる頃に移住してきたのですが、他の移住者の方々を見ていても、保育園・幼稚園児のうちに移住し、新しい土地で数年慣れてから、小学校に入学させる流れが一般的ですね」(須賀さん)

子どもの成長を考え、子育て環境を見直すことは誰しも経験すること。しかし、成長してみなければ分からないこともあります。そのひとつが、車の使い方。須賀さんも、移住前には現在のような車の使い方は想定していなかったといいます。

「『移住して、自分の理想のライフステージを手にいれるぞ!』と意気込んでやってくるのですが、色や形だけで車を選んでしまうと、その後の暮らしの変化に対応できず、お金が出て行く一方になってしまうんです」(須賀さん)

子どもが大きくなれば行動範囲も広がり、車内も手狭になっていきます。独身時代はスポーツカーがいいと思っても、結婚して子どもができれば、乗り換え・買い足しの必要がでてくるもの。移住者の中心的な年齢層である20代後半から30代前半にかけては、ライフステージの変化に合わせた車選びが求められる時期なのです。

須賀さんは現在、自分用に1台、奥さん用に1台を所有していますが、今後はどちらかの車をファミリーカーに換えることを検討しているのだとか。

子どもの成長に合わせて、おトクに乗り換えする方法は?

ただ、あっという間に成長していく子どもの変化に合わせて、その都度売ったり買ったりするのは大変。そんなときに賢く使えるのが、"カーリース"です。

個人向けのカーリースサービス「リース De マイカー」を取り扱う日本カーソリューションズの村山義人さんは、カーリースのメリットとして、必要な年数だけ使用でき、乗り換えしやすい点をあげています。

「日本では、ローンやキャッシュで購入すると10年は買い換えないという人が多いのですが、カーリースなら、リース契約期間満了後、残価を清算して新車に乗り換えることも可能ですし、もう少し必要ならば再リースで継続利用することも可能です」(村山さん)

「日本カーソリューションズ株式会社」

「ファミリーカーでは今、ノアやヴォクシーが人気。たとえばこれらの車を5年契約でご利用いただき、5年後、お子さんが大きくなれば、アルファードやヴェルファイアなど、より大きな車に乗り換えるようなイメージですね」と、村山さん。手狭な車に乗り続けることなく、家族の変化にも柔軟に対応できるのです。

車選びの権限は妻にあり? 好きな車を自由に乗りたいけれど……

自身は趣味の車に乗っているという須賀さん。「ランドクルーザー70」(写真下)を愛用し、こまめなメンテナンスも楽しんでいるのだとか。しかし、須賀さんのように車にこだわりがあっても、結婚・移住後は妻が家計を管理する家庭が多く、好きな車を自由に購入することは難しくなってしまうようです。

「車の購入を最終的に判断するのは、やっぱり妻。生活環境の変化や子どもの成長もあって、早く乗り換えてほしいと言われていまして(笑)」と須賀さん。しかし、村山さんによれば、カーリースならこだわりの車種や人気車種でも比較的容易に乗れるといいます。

「リース De マイカー」の月額リース料をWeb上で簡単にシミュレーションできる「リース De マイカーオンライン」の人気車種ランキングでは、国内市場では必ずしも販売(登録)台数の多くない高級車が上位に入っています。

その理由は、人気のある車種の場合、残価(=5年リースなら5年後に中古車として予想される売却額)の高さ。400万円の車でも残価が200万円あれば、リース料対象は200万円。「400万円だからダメ!」だと言われている車でも、頭金なしでその差額の200万円で乗れるのだったら……と選ぶ人が多いというわけなのです。

さらにカーリースは、新車購入後の車検費用・諸費用を含めたトータル金額で考えてみると、おトク感を実感できるとか。

「日本カーソリューションズ株式会社」

たとえば、ローンやキャッシュで車を購入し、車自体の支払いは終わったとします。しかし維持費として、車検費用などで20万円、自動車税で6万円の計26万円かかっていれば、24ヶ月で割ると毎月1万円以上は支払っている計算に。

「その点、カーリースなら、2~3万円程度の月額で新車に乗れて、車検費用や諸費用も含まれています。移住後は、車に乗る機会がぐんと増えるはず。燃費が良い車を選べば、家計にも良いと思いますよ」(村山さん)

これなら、家計を握る妻を説得できるかも? 同社の「リース De マイカーオンライン」では、月額リース料を計算できるほか、国産車だけではなく、輸入車も含んだ豊富なラインナップの中から、車種や色、オプションに至るまで、自由にシミュレーションすることも可能です。WEB上で月々の金額を見ながら、奥様と一緒に検討してみてはいかがでしょう。

自身は趣味の車に乗りながら、2台目の車をカーリースにするという方法もオススメです。

カーリースで、理想の移住生活も子育ても両方叶える!

「これはいいですね!」とカーリースに興味津々の須賀さん。都市部からの移住者が福岡市の西区や糸島エリアに注目する最大の理由は、やはり豊かな自然環境。好きな車でドライブやアウトドアを堪能できれば、理想の移住生活になるはずです。

また、子どもの成長に合わせて柔軟に乗り換えることで、子育ての時間も充実するでしょう。カーリースは、新しい車の楽しみ方としてますます注目を浴びそうです。

子育て家庭の移住者注目!カーリースのメリットは?

・リース契約期間満了時は、新車に乗り換えもOK。子どもの成長に合わせて賢く車を換えられる!
・車好きのパパも嬉しい!こだわり車種や人気車種がグッとおトクに乗れるケースも。
・車検費用や諸経費込みの定額支払いで、移住後の家計管理もラクラク!

”ネットでカンタン!お見積もり!お申込み!”「リースDeマイカーオンライン」はコチラ

【あわせて読みたい】頭金なしで新車を!身軽な移住が叶う「カーリース」に注目

App store
Google play