LIFE

アジアで1番ロマンティックな街は?

世界いいね!トラベル 白いザクロ夫婦

 アジアで1番ロマンティックな街は?

目次

こんにちは。「白いザクロ夫婦」です。 

ベトナムのホイアンという街をご存知でしょうか。首都のハノイと大都市ホーチミンの間にある小さな街ホイアン。

数年前までは観光客もスルーしていたこの街も、ここ最近インスタ映えする!ということで欧米からたくさんの観光客が来るようになりました。今回はベトナムの小さな街ホイアンの魅力についてお伝えします。

ホイアンの場所

ホイアン市街

 

日本同様、細長い国として有名なベトナム。北は首都ハノイ、南は大都市ホーチミンがあり、ホイアンはその中間の場所にある街です。ベトナムの中間に位置する商業都市ダナンから車で30分の場所にあります。

行き方について

夜の市街

 

数年前まではホーチミンやハノイ経由でダナンに行き、ダナンからタクシーでホイアンに行くという少々長めの移動時間でしたが、最近、日本~ダナンの直行便が就航しホイアンまでのアクセスが楽になりました。

ホイアンの魅力

ランタン

 

ホイアンの魅力は何といってもランタンです。現在はランタンで栄えた街と言っても過言ではありません。レストランやメイン通りなど街中のいたるところにランタンが飾ってあり、夜になるのが待ち遠しくなるほど。

また、毎月満月の夜には街中の電気が消え、ランタンの灯だけが街を照らす「ランタン祭り」も開催されます。大きなビルや商業施設もないので、ランタンだけで照らされた街を歩くと、ひと昔前にタイムスリップしたみたいです。

一緒に旅行していたイタリア人の友人が「アジアには魅力的な街がたくさんあるが、ホイアンはアジアで1番ロマンティックな街だ」と言うくらい、幻想的な夜のお散歩でした。ランタンは露天で販売しており、小さなもので3ドル程度、大きなもので6ドル程度でした。(2014年情報)

夜の土産物店

 

レストランや雑貨屋を経営されてる方は、リニューアルする際にホイアンのランタンを検討されてみてはいかがでしょうか。インスタで話題のお店になるかもですね。

ホイアンのお土産について

オーダーメイドの店

 

ホイアンの魅力はなんと言ってもオーダーメイド天国。街の至るところにお土産屋があり、オーダーメイドで何でも作ってくれます。ワンピースやドレス、シャツやスーツ、サンダルから革靴まで何でもオーダーメイドすることが可能です。

今回は私が頼んだ方法(オーダーメイドシューズ)をご紹介します。

1. お気に入りのお店を見つける

オーダーメイドの靴店

 

街を歩いているといろんなお店があるので、どこが良いのかわからなくなります。もちろんお店によって価格や質なども違います。

そこで私は世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」を使い、3つほど候補を絞りました。

まずは当時ランキングの1位のお店に行って見ましたが、値段も高かったこと、また日数も1週間以上待ちの状態だったので断念。

そこでランキングは低いのですが、レビューの内容がよかったお店に行きました。交渉した結果、一足35ドル、期間も2日間と短時間。人気のあるお店は依頼が多いので時間もかかりますが、ランキングの低いお店は依頼も少ないので、時間がかからないのがポイントでした。

2. オーダー方法

店に並ぶサンダル

 

オーダー方法は3種類あります。

 ・事前にオーダーしたい商品をネットで探し、画像保存したのち店員さんに交渉
 ・お店のカタログからオーダーしたい商品を選ぶ
 ・お店に陳列されている商品から選ぶ

私の場合はお店のスタッフから渡されたカタログから形を選び、色見本から好みの色を選択しました。陳列されている商品から選ぶほうが安心ではありますが、私の依頼したものはカタログ通りに出来上がってきました!

3. 採寸

オーダーメイドシューズのため、まず白紙の上に足をのせ、スタッフが鉛筆で足をなぞったのち、足の指と甲の高さを測ります。

4. 日数

お店の評判や値段も重要ですが、一番のポイントは日数です。仮にオーダーして帰国日に取りに行って出来上がってなかったら本末転倒ですよね。

なので、ホイアンに着いたらまずは先にお店選びをすることです。仮に3日間滞在されるのでしたら前日までに出来上がるよう依頼して下さい。もしも出来上がりに不具合があったり、サイズが合わなかった場合は1日調整できるように余裕を持っておくと良いです。

私が買った商品

オーダーメイドの靴

 

型はカタログから選び、皮の色と紐は色見本から選びました。私の足は左右が若干サイズが違うため、オーダーメイドにしたところサイズ感がぴったりで大満足。

これで35ドルならお買い得です。

イタリア人がスーツをオーダー

余談ですが、イタリア人の友人がスーツやジャケットを大量に作ってました。

イタリアといえばスーツだろ!!とツッコミましたが、彼が言うにイタリアのスーツは高すぎるということ、ですがホイアンは生地も良いし、カタログも全て欧米のファッションサイトを使っているため問題なしとのこと。試着日に同行しましたが、満面の笑みで鏡に映る自分を見ていた表情が忘れられません。

スーツ

 

○まとめ

・日本人が多くないエリア
・ほどほど田舎だけどインフラが整ってる
・オーダーメイドにトライしてみたい
・インスタで「いいね!」がたくさんほしい
・日本から片道7時間以内

上記の中で1つでも当てはまる方は、ぜひこの夏はベトナムのホイアンに行かれてみてはいかがでしょうか。

ランタン

 

【移動情報】

■主な行き方
東京 → ダナン(ベトナム) → ホイアン(ベトナム)

●移動時間
東京 → ダナン(ベトナム) 片道約5.5時間
ダナン(ベトナム)→ ホイアン(ベトナム) 片道約30分

●移動料金
東京 → ダナン(ベトナム) 往復7万円~
ダナン(ベトナム)→ ホイアン(ベトナム) 片道2000円~

※参考サイト
https://www.skyscanner.jp

ホイアン(ベトナム)

http://www.conranshop.jp/brand/stores?c=5

想定予算:25万円~30万円~(2人)/4泊5日間 ※1日目と5日目は移動のため、実質滞在期間は3日間です

App store
Google play