くらし

“焼く”だけの簡単料理がプロの味に! 噂のフライパンを使ってみた…!!

僕らの愛用品 mymo編集部 mori

“焼く”だけの簡単料理がプロの味に! 噂のフライパンを使ってみた…!!

監修・ライター

ルックスの良さにグッときて、使い心地もバツグン! 使うたびに誰かにオススメしたくなる「僕らの愛用品」。今回ご紹介するのは、キッチンに立つのが楽しみになるおしゃれで高性能のフライパン! “焼くだけ”の簡単料理がたちまちレストランの味わいになる、使ってビックリの逸品です。

「片手にサッと」がかっこいい、今秋マストな2WAYレザーポーチ。

スゥーーーッと爽快!! 「サ道」の次はこれ! やみつきバスソルト。

ふだんの料理を劇的に変える、〈VERMICULAR〉の鋳物ホーローフライパン

早いもので、今年も残すところあと2ヶ月余りとなりましたね。2020年を振り返ると、おうち時間が増えて自炊に目覚めたことが僕のハイライトかも。もしも「買ってよかった台所用品ランキング」を発表するとしたら・・・、個人的にぶっちぎりNo.1のアイテムを紹介したいと思います。

No.1に輝いたのはコレ、〈VERMICULAR(バーミキュラ)〉の鋳物ホーローフライパン!

人気のあまり2~3ヶ月待ちとなっている話題のフライパン。僕の手元に届いたのは3ヶ月前のこと。今か今かと到着を待ちわびた日々がなつかしい(笑)。結論から言うと「待った甲斐があった…!!」と思うほど、感動の使い心地です。

心惹かれるポイントの一つがデザイン美。持ち手が削り出しのウッドハンドルなんです。オーク材とウォールナット材の2種類展開で、僕は温かみのあるオーク材をチョイス。

メイド・イン・ジャパンとあって性能面も秀逸! 新開発のホーローコーティングを施し、鋳物ホーロー製フライパンとしては珍しく、厚さ約1.5ミリ(最薄部)を実現。熱伝導率がよく保温性に優れ、焦げ付きにくく、耐久性が高いうえ、重たい鉄製フライパンと比べて軽いというメリットも。ガス・IHともに対応し、洗剤も使用OK! サビにくいのでメンテナンスが楽チン。とにかく使い勝手がいいんです!

フライパン本体とウッドハンドルの溶接部分は十字形締結構造になっているので緩みにくく、長く安心して使えるそうです。無垢材の手触りも最高!

フタの取っ手部分も鋳物ホーロー製で熱くなりにくい構造。自立するので置き場にも困りません。この機能、地味にうれしい。

そして調理の仕上がりは感動レベル。新開発のホーロー×鋳鉄の組み合わせにより、食材の水分を瞬間的に蒸発させて、旨味を凝縮します。野菜炒めがベチャッとならず、シャキシャキの食感! 弱火でも均一に火が通り、余分な水分を飛ばせるので、目玉焼きはカリッと味濃く、チャーハンはパラリとした本格派の味を再現できますよ。

ハンバーグもレベルアップしました! 表面はカリッと香ばしく、箸を通すと肉汁がジュワ~ッ。旨味たっぷり、ふっくらジューシーな仕上がりに! 初めて自分の料理に感動した瞬間でした…。

炒め物からロースト、パスタやパンケーキのおいしさもグッと引き上げてくれる優れもの。これからどんどん自炊のレパートリーが増えそうだし、そろそろ友人を招いてホームパーティーでも開きたいな! 〈VERMICULAR〉のフライパンを使って手料理でもてなすのが、今の楽しみですね。


【アイテム詳細】
〈VERMICULAR〉
フライパン 26cmタイプ
16,830円(税込)
サイズ:φ26cm(W46×H10×深さ4cm)
重量:約1.1kg
材質:本体 鋳鉄ホーロー、ハンドル オーク材

専用フタ 26cmタイプ
4,070円(税込)
サイズ:φ26cm(高さ8cm)
重量:約0.7kg

オンラインショップ