くらし

お湯を飲むだけ!簡単なのに効果抜群の「白湯美容」とは?

0円でかなうコト

お湯を飲むだけ!簡単なのに効果抜群の「白湯美容」とは?

Anna Omelchenko/iStock/Thinkstock

セレブが実践していることでも話題の「白湯」を飲む美容法が人気を集めています。とっても簡単で効果はバツグン!未体験の方は、ぜひすぐにトライしてみてください☆

白湯が美容に効く理由とは?目からウロコのハッピーサイクル

lelik/iStock/Thinkstock

温めた白湯を飲むとどのような効果があるのでしょう。まず重要なのは「内臓を温める」こと。内臓が温まれば、

1:血流がよくなる→体温があがる(冷え性改善)→代謝があがる→燃焼しやすくなる(ダイエット効果)

2:内臓の機能が活発に→消化促進→便秘解消・おだやかな利尿作用→老廃物一掃→肝臓・腎臓の機能回復→デトックス

このように、わかりやすいサイクルで体内環境を整えてくれるというわけです。それにもちろん、血流がよくなることや便秘が解消されることは、美肌にも絶大な効果がありますね!うれしいことだらけなのです。

でもなぜ水やお茶などではなく「白湯」なのでしょう。確かに朝の冷たい水も便秘解消に効果的ですが、それはすぐに身体が慣れてしまうもの。飲み過ぎると身体が冷え、代謝が悪くなり逆に便秘になったりします。

また、お茶やコーヒーなど利尿作用の強いものを多くとると、身体が水分不足になり水分代謝が悪くなるため、反対に水をため込み、むくみやすくなるといわれています。

なおかつ、有効成分が多い健康茶を飲み過ぎるのも、腎臓などに負担がかかってしまい疲れやすくなることも。過剰な利尿作用がなく身体を温めてくれる、誰にでも合う優しい飲みもの・・・それが「白湯」なのです。

より効果的な「白湯」の作り方・飲み方をチェック!

お水を沸かすだけ・・・と簡単な「白湯」ですが、注意したい点があります。まず水道水を使う場合は15分くらい沸騰させ、塩素やトリハロメタンを除去すること。それを40~50度まで冷まして飲みます。

浄水器やミネラルウォーターを使うのであれば、電子レンジや電気ポットでもOK。手軽なので長く続けられそうですね。

飲む量は1日に700~800mlを目安に。飲み過ぎはいけません。1回150~200mlを10分くらいかけてゆっくり飲むのがポイントです。そしてぜひ、朝起きぬけに飲んでみてください。いちばん効果が感じられますよ!

継続は力なり!続けるためのアレンジレシピ☆

robertsre/iStock/Thinkstock

白湯にちょっとしたアレンジを加えるのも続けるためのポイントです。

オススメは「ショウガ白湯」。皮ごと2mmくらいにスライスしたショウガ5~6枚に沸騰したお湯を注ぎ5~10分蒸らせばOK。ショウガに含まれるショウガオールとジンゲロールは、身体の芯から末端までしっかりと温めてくれます。

冷えのひどい方はハチミツを入れて熱量を加えたり、より美肌効果を得たい方はレモン汁を入れるのもオススメです!


白湯は、インドの伝統医学・アーユルヴェーダでも「最もバランスのとれた飲み物」といわれています。お金がかからず簡単に続けられるのでリバウンドもなし、いいことずくめの「白湯美容」。さっそく今日から始めてみませんか?

App store
Google play