LIFE

スマホを紛失!その時慌てないために覚えておきたいことは?

0円でかなうコト

スマホを紛失!その時慌てないために覚えておきたいことは?

BernardaSv/iStock/Thinkstock

目次

ますます便利になるスマホ。と同時に、スマホの中の大切なデータもどんどん増えていきます。もしスマホを落としたら・・・!?アドレス帳や写真など個人情報の記録だけでなく、ネット銀行や通販のID・パスワード・カード情報が記憶されていたり、おサイフケータイ機能が使えたりなど、金銭的にも多大なリスクを背負う危険があります。万一スマホをなくしてしまっても慌てないために、事前に対処方法を確認しておきましょう!

ゲームや音楽に夢中でスマホを起動しっぱなしの方は要注意!

djedzura/iStock/Thinkstock

もしもスマホを落としたら。まずは思いあたる場所、交通機関や警察に確認しますよね。同時に、加入している携帯会社に停止などの連絡。運がよければ届けられて警察→携帯会社を通じて手元に戻ってくることもあります。その間も、安易にわからないパスコードや指紋認証で画面ロックがかかるようにしていれば、とりあえずデータは安心です。

でも、例えば人気の「ポケモンGO」。卵を孵化させるために距離を稼ぎたくて、ゲームを起動したまま歩いていませんか?同じように、バックグラウンドでは作動しない音楽などのアプリを利用しながら歩いている方もいるのではないでしょうか?もしそんな時にひったくりにあったとしたら・・・。ちょっとゾッとしてしまいます。

緊急のときには、すぐに遠隔操作を!ぜひ覚えておきたいポイント☆

phototechno/iStock/Thinkstock

実はスマホには、遠隔操作できる機能が備わっています。例えばiPhoneの場合は、PCや別の端末からiCloudにログインして「iPhoneを探す」をクリックすれば、位置が表示されます。そこから3段階の作業が可能なのです。

1:サウンド再生(音を鳴らす)・・・家の中での紛失などには有効です。2:紛失モード(ロックをかける)・・・安全なところにあり、確保するまでの設定として有効です。電話をかけてもらうこともできます。3:iPhoneの消去(すべての記録を消去)・・・最悪の場合は、残念ですがこの作業が安心ですね。

Android端末の場合は、Googleが開設している「Androidデバイスマネージャー」というアプリを使えば、同じく音を出したりロックをかけたりすることが可能です。いずれも事前に簡単なスマホの設定が必要ですので、ちゃんと確認しておきましょう。また、最悪の場合に備えて、データをクラウド保存しておくことも重要です!

iCloud

Android デバイス マネージャー


「スマホ=小さくても莫大な価値」を持ち歩いていることを認識して、少しでも危険を回避できるように日頃から準備をしておきたいもの。なるべくブラウザやアプリにパスワードを記憶させないなど、リスクを減らしておくことも大切です。まさに備えあれば憂いなし、ですね!

 

App store
Google play