LIFE

調理時間5分!知らなきゃ損する簡単おつまみ缶詰レシピ3選

1000円でかなうコト

目次

飲みたい、今すぐ飲みたい・・・!だけどおつまみが乾き物だけじゃちょっと寂しい。そんなとき、5分以内でできる缶詰レシピをご紹介します。材料も道具も少なくて簡単にできるものを厳選しました。美味しくて手間なしでクセになる缶詰レシピ、ぜひお試しください。

切って混ぜるだけ!さんま缶ときゅうりの和え物

さんまときゅうりの和え物

出典元:「PhotoAC」

まずは、日本酒や焼酎などに合う、さんまの蒲焼き缶を使ったレシピです。そのまま食べても美味しくて栄養満点のさんまの蒲焼き缶ですが、甘辛い味がちょっと濃いと感じる方も。薄切りしたきゅうりと和えればさっぱりといただくことができます。

<材料>
さんまの蒲焼き缶 1缶
きゅうり 2分の1本

<手順>
1.きゅうりを薄くスライスします
2.さんまの蒲焼き缶を開け、汁を残して身だけを器に入れます
3.きゅうりを加えます
4.缶に残った汁を加えてお好みの味にしたらできあがり

缶の汁によって味付けを調整できるところがポイントです。薄くスライスしたキュウリは、塩少々を加えて混ぜ、少し置いてから水気を絞ると、水っぽさと青臭さが抜けてより美味しくなります。

もっとさっぱりした味がお好みの方は、お酢を少々加えても美味しいですよ!

のせて焼くだけ!いわし缶のチーズ焼き

いわしのチーズ焼き

出典元:「PhotoAC

次は、いわしの油漬けの缶詰(オイルサーディン)を使ったレシピです。イタリアンのような味になるのでワインにも合います。缶詰の汁にも味と栄養があるのでそのまま使います。

<材料>
いわしの油漬けの缶詰(オイルサーディン) 1缶
ピザ用チーズ(とろけるスライスチーズでもOK) 1つかみ
プチトマト(あればでOK) 2個

<手順>
1.いわしの缶詰を開けて、汁ごと耐熱容器に入れます
2.上からチーズを乗せ、半分に切ったプチトマトをのせます
3.グリルまたはオーブントースターで焼きます
4.チーズに焦げ目がついたらできあがり

オイルサーディンだけでなく、いわしのトマト煮缶や味噌煮缶でも同じ手順で美味しく仕上がります。スライスしたタマネギを加えても美味しいです。

パセリがあれば仕上げに少しかけるとオシャレ度がアップしますよ!

開けて炒めるだけ!コンビーフ缶ポテト

コンビーフポテト

出典元:「PhotoAC

ビールをがっつり飲みたい、というときにおすすめしたいのがコンビーフ。濃い味わいでお酒がすすみます。さらに冷凍ポテトを加えて、お腹にたまるおつまみを作りましょう。

<材料>
コンビーフ缶 2分の1缶
冷凍フライドポテト(細いものがおすすめ) 100g
サラダ油 大さじ1

<手順>
1.フライパンにサラダ油を熱し、凍ったままのポテトを入れます
2.ポテトがかりっとしてきたら、コンビーフをほぐしながら入れます
3.混ぜ合わせてできあがり

コンビーフの味が濃いので調味料は不要ですが、黒こしょうを加えるとぴりっとした大人の味になります。もちろん、冷凍フライドポテトではなく、生のじゃがいもを細切りにしても同じようにできあがりますよ!

簡単でしかも美味しい!思い立ったらいつでもできる絶品缶詰レシピ、いかがだったでしょうか?缶詰にすでに味がついているので、味付けに失敗しないのがいいところ。缶詰は保存がきくのも嬉しいポイントです。安いときに買っておいて、賢く活用しちゃいましょう。ほんのひと手間加えることで、家飲みがますます充実すること間違いなし。ぜひ試してくださいね。

 

App store
Google play