LIFE

4人以上の年末ハワイは、コンドミニアムステイで決まり!

2万円でかなうコト

4人以上の年末ハワイは、コンドミニアムステイで決まり!

bennymarty/iStock/Thinkstock

目次

ハワイ旅行で注目のコンドミニアム。ホテル宿泊と比べ、部屋の広さと充実の設備、そしてコストパフォーマンスの良さも魅力です。今回は、コンドミニアム初心者向けに「コンドステイ」のメリットを解説。定番のハワイコンドミニアム事情もご紹介します。

人気のコンドミニアムステイとは?

ハワイのコンドミニアム

人気のリゾート、ハワイ。年末年始に旅行を計画している人もいるかもしれませんね。近年、ハワイ旅行ではコンドミニアムステイが大人気!暮らすように滞在できることが魅力で、特にファミリーで利用する人が増えています。

そもそもコンドミニアムとは、オーナーが所有するホテルやマンションの部屋をレンタルするシステム。一般的なレイアウトはベッドルームにリビングとキッチンがついているスタイルで、ゆとりの空間での滞在を楽しむことができ、ファミリーや長期ステイのツーリストにベストマッチします。

スーパーで調達した食材でロコな料理にチャレンジしたり、共有施設のプールやBBQエリアを利用してアクティブに過ごしたり、オーシャンビューのラナイ(ベランダ)でリラックスタイムを満喫したり、と様々な過ごし方が可能。また、多くのコンドミニアムには乾燥機付きの洗濯機も併設されているので、着替えの衣類が荷物になりやすい子連れファミリーの旅も快適にサポートしてくれそうです。

ホテルとはどこが違う?コストパフォーマンスの高さも魅力

ハワイコンドミニアム

 コンドミニアムステイは、4名以上のファミリーやグループ旅行におすすめ。ホテルと比較して、部屋の面積が広く、キッチンなど付帯設備も充実しているため、コストパフォーマンスはとても良いといえるでしょう。

そもそもホテルステイの場合、ツインを超えるベッドルーム自体が少なく、人数が多くなると複数の部屋の確保が必要となります。一方、コンドミニアムステイの場合、2ベッドルーム2バスルームの設定もスタンダードなため、6名くらいまでであれば1グループにつき1予約も可能です。子ども2名の家族におじいちゃん、おばあちゃんを加えた三世代旅行などにもおすすめできそうです。

実際の宿泊料金も、6人での宿泊を4つ星ランクで比較した場合、ホテルでは1泊2万円前後×2部屋で約4万円~。コンドミニアム(2ベッドルーム2バスルーム)では1泊3万円前後~。実質1人当たりの宿泊料金は安くなりますし、広々と過ごせ、キッチンや洗濯機が使用できるコンドミニアムはそれだけでお得に感じられるのではないでしょうか?

ハワイの定番、人気コンドミニアムは?

アストン・ワイキキ・ビーチタワー

日本人ツーリストに人気のコンドミニアムのひとつ「アストン・ワイキキ・ビーチタワー」は、ハワイ旅行を少し贅沢に過ごしたい人におすすめ。ワイキキビーチが目の前にあるカラカウア通り沿いの高級コンドミニアムです。

ワイキキの中心地の便利な立地ながら、静かなエントランスはラグジュアリー感も満載で、広いラナイやリビングからゆっくりと海を眺めて過ごすことができます。エレガントなインテリアも魅力で世界中のツーリストからも高い評価を得ているコンドミニアムです。

アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー

ワイキキショア

オーシャンフロントに建つコンドミニアムとして知られる「ワイキキ・ショア」も人気。潮風を感じる部屋からは太平洋の絶景はもちろん、週末には花火を眺めることもできます。広々としたアイランド型キッチンも嬉しいポイントです。

すぐそばのビーチではシュノーケリングも楽しめ、話題のショップが並ぶワイキキ・ビーチ・ウォークにも徒歩5分とほど近いため、ショッピングとビーチリゾート、どちらも満喫できる好立地も大きな魅力です。

ワイキキ・ショア by アウトリガー


長期滞在したくなってしまいそうなコンドミニアムが大充実のハワイ。年末年始のバカンスとしてハワイでバカンスを検討中の方、コンドミニアムステイにぜひ注目してみてくださいね。

App store
Google play